ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

100万円超えの利益を、2人も達成しそうなトラッキング
トレードガチンコバトル。今回も大成功した「マネ運用」
は、FXブロードネットのTwitterを見れば誰でもできる!

2023年03月29日(水)11:05公開 (2023年03月29日(水)11:05更新)
ザイFX!編集部

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

FXブロードネットの「第22回トラッキングトレードガチンコバトル」が
間もなく終了!

 FXブロードネットの大人気企画、「第22回トラッキングトレードガチンコバトル」がいよいよ大詰めです!

FXブロードネット・「第22回トラッキングトレードガチンコバトル」

 2023年1月5日(木)から3カ月間にわたって実施されるこちらのバトルは、FXブロードネットリピート系発注機能「トラッキングトレード」を使ったトレードで、4人のプレイヤーが300万円の運用資金をどれだけ増やせるか、最終累計実現損益を競い合うというもの。
【※関連記事はこちら!】
138万円の利益と69万円の含み損でバトル前半戦終了!順調に来た1位プレイヤーが「運用停止」に踏み切ったワケは!? 難しい相場こそ、「マネ運用」も本領発揮!
ユーロ/円を両建てするテクニカル重視のプレイヤーと、それをマネする初心者が、20日間で80万円弱の利益!第22回トラッキングトレードガチンコバトルスタート
【※リピート系発注機能を徹底比較!】
FXの自動売買ができる口座を徹底比較!:(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】

 熱戦を繰り広げているプレイヤーは、こちら。

第22回トラッキングトレード ガチンコバトル・プレイヤー
第22回トラッキングトレード ガチンコバトル・プレイヤー

(出所:FXブロードネット(編集部にて一部加工))
※金額は第11回~第21回バトルの累計実現利益

・テクニカル分析重視で両建てを多用するチャーティスト先生
・「なるべくほったらかして運用」が信条の怠け者の楽々投資氏
・ファンダメンタルズをもとに戦略を練るファンダメンタリスト氏
・前回のバトルの優勝者の「マネ運用」を行うトラトレめがね氏

 以上の4名です。トラトレめがね氏が行っている「マネ運用」とは、別のトレーダーのトラッキングトレード戦略を見て、そっくりそのままマネをする運用方法のこと。「トラッキングトレードガチンコバトル」では、トラッキングトレードの設定から運用停止、決済注文内容など、売買に関するすべてのことを逐一Twitterで報告するというルールがあります。

 今回のトラトレめがね氏は、前回第21回バトルの優勝者、チャーティスト先生のツイートを見て、後追いで同じ運用をしています。

 ここからは、バトル終了1週間前の3月23日(木)までの戦況をチェックしていきたいと思います!

現在1位は114万円超えの利益を上げているチャーティスト先生、
2位はそのマネ運用のトラトレめがね氏

 まず、3月23日(木)終了時点の成績は、ご覧のとおり。

「第22回トラッキングトレード ガチンコバトル」累計実現損益ランキング(3月23日終了時点)
「第22回トラッキングトレード ガチンコバトル」累計実現損益ランキング(3月23日終了時点)

(出所:FXブロードネット)

1位はチャーティスト先生で、114万7406円の累計実現損益! 2位は、そのチャーティスト先生のマネ運用をしているトラトレめがね氏で、112万1503円の累計実現損益です。2人は含み損も1万円台と、このままならほぼ確実に、バトル終了時も100万円超えの利益となっているでしょう。

 ちなみに、前回当コーナーで紹介した2月16日(木)終了時点のチャーティスト先生の成績は、138万円超えの実現損益をあげている一方、70万円弱の含み損を抱えていました。ですから、この1カ月強の間にも着実に利益を積み重ねてきたということです。いったいどのような経緯があったのか、振り返ってみましょう。
【※関連記事はこちら!】
138万円の利益と69万円の含み損でバトル前半戦終了!順調に来た1位プレイヤーが「運用停止」に踏み切ったワケは!? 難しい相場こそ、「マネ運用」も本領発揮!

 まず、ユーロ/円の売り・買い両建て設定でバトルを開始したチャーティスト先生ですが、2月16日(木)終了時点では「売り」設定のみ運用を停止し、21の売りポジションを保有している状態でした。

 その後、3月1日(水)にユーロ/円が上限の停止レートに到達したことを受けて、「買い設定」も運用を停止。残った8つの買いポジションは145.8円で決済の指値注文を入れました。

 その後、しばらく動きはなかったのですが、3月9日(木)に、先の買いポジションに144.228円の逆指値注文を追加したところ、数時間後に約定。これで、保有ポジションは再び「売り」のみとなりました。

 さらに、3月15日(水)には21の売りポジションの指値を143.73円から、141.50円を11ポジション、140.50円を10ポジションに変更しました。

 これらのポジションは当日中に相次いで約定し、保有ポジションはすべて決済、累計実現損益111万7426円という状態になりました。

 そしてトラトレめがね氏は、ここまでの一連の運用をそっくりそのまま後追いでマネしただけで、3月15日(水)終了時点で109万1253円の累計実現損益! FXブロードネットの公式サイトには、その様子がチャートとともに掲載されています。

トラトレめがね氏の米ドル/円「買い設定」・マネ運用のタイミング
トラトレめがね氏の米ドル/円「買い設定」・マネ運用のタイミング

(出所:FXブロードネット)

 マネ運用は公式Twitterを見ながらやるわけですから、もちろん我々一般のトレーダーも行うことができます。マネ運用の実績についてはFXブロードネットの公式サイトでもたびたびまとめられていますので、そちらも参考にしてみてくださいね。

終了10日前に新たにトラッキングトレードを運用開始、戦略には工夫が!

 さて、この時点でバトル終了2週間前ですから、いつもの感じですとこのまま終了を待つというパターンが多いのですが、今回のチャーティスト先生はここからさらに仕掛けてきます。3月20日(月)にユーロ/円の買い設定で運用をスタートしたのです。

 この戦略について、チャーティスト先生は公式Twitterで次のように呟いでいます。

 通常トラッキングトレードガチンコバトルでは、運用資金の満額300万円、もしくはほぼ満額をトラッキングトレードの対象資産として設定します。しかし、今回チャーティスト先生は対象資産を70万円とかなり少なめに設定

 また、通常は10pips~20pipsとなることが多いポジション間隔も、100pipsとかなり広めになるように、想定変動幅を設定しています。

 この戦略、3月23日(木)現在は功を奏しているようで、含み損を差し引いてもプラスになっているようです。このあとどうなっていくのか、目が離せません。

3位の怠け者の楽々投資氏は3年以上ぶり、4位のファンダメンタリスト氏は前回バトルに続いてのマイナスで終わりそう

 続いて、「第22回トラッキングトレードガチンコバトル」、3月23日(木)現在のランキング、第3位累計実現損益66万2559円怠け者の楽々投資氏、そして第4位35万927円のファンダメンタリスト氏です。

 2人とも、累計実現損益はプラスとなっていますが、含み損もかなり多く、現時点では差し引くと、怠け者の楽々投資氏は約21万円のマイナス、ファンダメンタリスト氏に至っては約65万円のマイナスになります。

 トラッキングトレードガチンコバトルは、バトル期間終了時にすべてのポジションを決済しなければならないというルールがありますので、このままいくと怠け者の楽々投資氏は3年以上ぶり、ファンダメンタリスト氏は前回のバトルに引き続いてのマイナスでの終了となります。

 怠け者の楽々投資氏は、前回当コーナーでお伝えした時点では、バトルスタート時と変わらず豪ドル/円の「買い設定」で運用を続けていました。
【※関連記事はこちら!】
138万円の利益と69万円の含み損でバトル前半戦終了!順調に来た1位プレイヤーが「運用停止」に踏み切ったワケは!? 難しい相場こそ、「マネ運用」も本領発揮!

 しかし、3月7日(火)ごろから豪ドル/円相場が下落傾向となり、あれよあれよという間に含み損が膨らみ始め、3月10日(金)に運用を停止。

怠け者の楽々投資氏・トラッキングトレード豪ドル/円「買い設定」運用のタイミング
3月3日~10日の豪ドル/円相場と怠け者の楽々投資氏のトラッキングトレード豪ドル/円「買い設定」運用のタイミング

(出所:FXブロードネット)

 残った22の買いポジションは3月23日(木)現在もそのまま保有中です。

 そして、前回紹介した時点ですでに米ドル/円の「買い設定」の運用を停止していたファンダメンタリスト氏は、2月21日(火)に含み益の乗った30ポジションがすべて決済となり、累計実現損益も8万円強のプラスに転じました。

 その後、2月22日(水)に再び米ドル/円の「買い設定」で運用を開始し、3月10日(金)の米雇用統計前あたりまでは順調に利益を積み上げていたのですが、その後の米ドル/円の急落で運用を停止。残った19の買いポジションは、3月23日(木)現在も保有中です。

ファンダメンタリスト氏・トラッキングトレード米ドル/円「買い設定」運用のタイミング
ファンダメンタリスト氏・トラッキングトレード米ドル/円「買い設定」運用のタイミング

(出所:FXブロードネット)

 ここから怠け者の楽々投資氏、ファンダメンタリスト氏の両者が巻き返して上位に食い込むというのはあまり考えられませんが、保有ポジションをどこで決済するのか、プラスで終われるのか、注目です。

 そして、チャーティスト先生とトラトレめがね氏の上位2名の、新たにスタートしたトラッキングトレードがどのくらい利益をあげるのかも、楽しみにしたいと思います!

(ザイFX!編集部・上岡由布子)


FXブロードネットの公式サイトはこちら!

 FXブロードネットでは、現在、新規口座開設後、1万通貨以上の取引をすると3000円がキャッシュバックされる当サイト限定タイアップキャンペーンが開催されています!

 さらに、条件を達成すると最大6万円がキャッシュバックされる通常のキャンペーンも開催されていますので、新規口座開設する際はぜひ活用してください。詳しい情報は、FXブロードネットの公式サイトで紹介されています!

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、FXブロードネットの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります) 


FXの自動売買(シストレ)ができる「トラッキングレコード」で人気!
FXブロードネット ⇛詳細データはこちら
FXブロードネットの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-28時)
0.3pips原則固定
(8-28時)
0.5銭原則固定
(8-28時)
FXブロードネットのおすすめポイント
FXブロードネットでは、最低取引単位が1000通貨の「ブロードライトコース」と、1万通貨の「ブロードコース」の2つの口座が使えます。さらに、強制決済の判定タイミングやロスカットの水準をいくつかの選択肢から設定できるのも特徴です。相場の細かい上げ下げを利用してコツコツ利益を積み上げていく、リピート型の注文方法、「トラッキングトレード」を使ったFXの自動売買ができる口座としても人気。「トラッキングトレード」の設定などに役立つコンテンツも充実しています。
FXブロードネットの関連記事
■FXトレーダー必見のガチンコバトル、第27回が開幕! 中東情勢などでFX相場が荒れる中、自動売買が好調。細かく利益をあげる「トラッキングトレード」に注目!
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■FXブロードネットのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXブロードネット▼
FXブロードネットの公式サイトはこちら
※この表は2024年5月21日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります
FXブロードネット
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
メキシコペソ比較 バイナリーオプション比較 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る