ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

FXトレーダー必見のガチンコバトルは、米ドル/円を運用
するプレイヤーが約140万円の利益で優勝間違いなしか!
ほったらかし運用で4年間負けなしのプレイヤーは2位に!

2024年06月25日(火)10:30公開 (2024年06月25日(火)10:30更新)
ザイFX!編集部

ザイFX限定!口座開設&取引で最大10000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

FXの自動売買で損益を競い合うガチンコバトル、第27回が大詰め!
4人のプレイヤーが300万円を3カ月運用したら、どうなった?

 FXトレーダー必見の「トラッキングトレードガチンコバトル」は、リピート系発注機能「トラッキングトレード」を使って、4人のプレイヤーが3カ月間の累積実現損益を競い合う、FXブロードネットの大人気企画です。
【※FXのリピート系発注機能を比較したい方はこちら!】
FXの自動売買ができる口座を徹底比較!:(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】

FXブロードネット「トラッキングトレードガチンコバトル」

 「トラッキングトレード」とは、

・取引する通貨ペア
・「売り」から入るか「買い」から入るか
・取引に使う金額(対象資産)
・注文を仕掛けるレンジ幅(想定変動幅)

 という4項目をあらかじめ設定し、任意のタイミングで運用を開始すると、自動売買を繰り返してくれるというサービスです。

 運用停止や設定変更などは必要に応じて手動で行いますが、それ以外は基本的には「トラッキングトレード」任せ。

 最初の設定に迷う場合は、さまざまな設定のトラッキングトレードの売買結果をランキングにした「設定別損益ランキング」から選んだり、「トラッキングトレードガチンコバトル」参加プレイヤーの設定をそのまま利用する「マネ運用」をしたりもできるので、FX初心者でもトライしやすい自動売買ではないかと思います。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダー必見のガチンコバトル、第27回が開幕! 中東情勢などでFX相場が荒れる中、自動売買が好調。細かく利益をあげる「トラッキングトレード」に注目!

 ガチンコバトル参加プレイヤーの設定をマネする場合は、FXブロードネットの公式Xをフォロー(@tracking_trade)しておくのがおすすめ! その後の運用停止や設定変更、未決済ポジションの手動決済のタイミングなどが逐一投稿されるので、それをマネをすればOKです。

 後ほど紹介しますが、この「マネ運用」はガチンコバトル参加プレイヤーの1人がガッツリ使っていて、ガッツリ利益をあげている手法でもあるんですよ!

 現在、第27回が進行中の「トラッキングトレードガチンコバトル」は、4人のプレイヤーが300万円の証拠金を3カ月間に渡ってトラッキングトレードで運用し、最終的な確定損益を競い合うトレードバトルです。

 2024年4月1日(月)からスタートした第27回バトルに参加しているプレイヤーは、こちらの4人。

トラッキングトレードガチンコバトル・プレイヤー
トラッキングトレードガチンコバトル・プレイヤー

(出所:FXブロードネット)

・テクニカル分析重視で両建てを多用する「チャーティスト先生」
・「なるべくほったらかして運用」が信条の「怠け者の楽々投資氏」
・ファンダメンタルズをもとに戦略を練る「ファンダメンタリスト氏」
・前回のバトルの優勝者の「マネ運用」を行う「トラトレめがね氏」

 という、戦略も個性も異なるメンバーとなっています。

 先月(5月)、当コーナーで第27回バトルの途中経過をお伝えした時点では、ファンダメンタリスト氏が暫定1位となっていました。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダー必見のガチンコバトルは、米ドル/円を運用するプレイヤーがトップを独走中! 為替介入と思われる急変にも動じず、実現損益は100万円を超えてきた!

 あれから約1カ月、いよいよ大詰めを迎えたバトルの行方はどうなっているのでしょうか?

米ドル/円が荒い動きでも、利益が増えたファンダメンタリスト氏。
約140万円の利益で含み損もなし。これはもう優勝間違いなし⁉

 バトル終了まであと1週間に迫った6月20日(木)終了時点の、累計実現益ランキングはこちら!

第27回トラッキングトレードガチンコバトル」6月20日終了時点の累計実現損益ランキング
第27回トラッキングトレードガチンコバトル」6月20日終了時点の累計実現損益ランキング

(出所:FXブロードネット)

 1位は、引き続きファンダメンタリスト氏で、139万8844円の累計実現益をあげています。ファンダメンタリスト氏としては初の、そして「トラッキングトレードガチンコバトル」としては2023年1月~3月の第22回バトル以来の、7桁利益を実現しそうです!

 前回の当コーナーでは、ファンダメンタリスト氏がトラッキングトレードで、米ドル/円の「買い設定」の「運用停止」と「運用再開」を繰り返している様子をお伝えしましたが、それ以降は特にアクションはなく、ひたすら相場の流れに乗って利益を積み上げてきました。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダー必見のガチンコバトルは、米ドル/円を運用するプレイヤーがトップを独走中! 為替介入と思われる急変にも動じず、実現損益は100万円を超えてきた!

 この1カ月の間にも、米経済指標や日銀会合(日銀金融政策決定会合)の影響で、米ドル/円が荒い値動きになる場面がありましたが、そんな時でもしっかり売買してくれるのが「トラッキングトレード」の魅力。

 たとえば、6月14日(金)などは1日で24回も決済し、5万円を超える利益を獲得しました。

  なお、残り1週間の戦い方として、「停止レートに到達しない限り運用を続けていきます。」と公式サイトでコメントしているファンダメンタリスト氏。含み損もなく、むしろ含み益が出ている状態なので、このまま優勝は間違いなさそうです!

豪ドル/円のほったらかし運用で、76万円強の利益!
2位の怠け者の楽々投資氏が、17バトル連続の利益達成へ…!

 6月20日(木)終了時点の累計実現損益第2位は怠け者の楽々投資氏で、76万6577円の累計実現益となっています。

 怠け者の楽々投資氏は「ほったらかし運用」を信条としており、いつもバトル開始時に設定したトラッキングトレードを、極力最後まで変更したり停止したりすることなく運用しています。

 今回の第27回ガチンコバトルでも、豪ドル/円の「買い設定」について、4月1日(月)のバトル開始時から6月19日(水)に上限の停止レートに到達した時点で運用停止するまでほったらかしを貫き、76万円超えの利益をあげました。その際に保有していた1ポジションも決済し、一足早くバトル終了としています。

 怠け者の楽々投資氏の「ほったらかし運用」のすごさは、なんと言っても4年間、合計16バトル損失なし!ということ。ガチンコバトルが現在の「証拠金300万円を3カ月間運用」というルールになってから一度も負けていないんです。その累計実現益は、なんと628万2533円!

第11回~第26回トラッキングトレードガチンコバトルの成績
第11回~第26回トラッキングトレードガチンコバトルの成績

(出所:FXブロードネット)

 累計実現益の大きさでは惜しくも1位のチャーティスト先生には及びませんが、安定感は抜群です。

 そもそも、自動売買を選ぶ理由が「なるべく手間をかけず、値動きに一喜一憂せずに、安定的に利益をあげるトレードがしたいから」というトレーダーも、少なくないでしょう。

 そんなトレーダーには怠け者の楽々投資氏の「ほったらかし運用」は理想的! 興味のある方は、次のバトルが始まるタイミングで怠け者の楽々投資氏の「マネ運用」を試してみてはいかがでしょうか?

FXブロードネットの公式サイトでは、怠け者の楽々投資氏のトレードについて詳しく特集もしていますので、ぜひそちらも確認してみてくださいね。

 ちなみに、記事冒頭で「『マネ運用』はガチンコバトルプレイヤーの1人がガッツリ使って、ガッツリ利益をあげている手法でもあるんですよ!」と紹介しましたが、第11回~第26回のバトル成績を見ると、それが本当であることがわかります。

 第13回から「マネ運用」をしているトラトレめがね氏は、「マネ運用」をしていなかった第11回、第12回も含めた4年間で、393万6382円の累計実現益をあげていました!

ユーロ/円の両建て運用でスタートした2人は、どうなった?
未決済ポジションがカギを握るか…

 さて、話を第27回バトルに戻すと、累計実現損益第3位はチャーティスト先生、4位はチャーティスト先生の「マネ運用」をしているトラトレめがね氏です。

 2人とも70万円弱の累計実現益をあげていますが、今のところ含み損が70万円以上という状態。

 いつもどおりユーロ/円の「売り・買い両建て設定」でバトルを開始したチャーティスト先生ですが、4月下旬に、まず「売り設定」を停止し、その後、「買い設定」も停止。そして、5月に「買い設定」のみ運用を再開したところまで、当コーナーではお伝えしていました。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダー必見のガチンコバトルは、米ドル/円を運用するプレイヤーがトップを独走中! 為替介入と思われる急変にも動じず、実現損益は100万円を超えてきた!

 それ以降、保有ポジションの決済や「売り設定」の再開などはなかったのですが、バトル終了が迫る6月19日(水)に、停止レートへの到達を待たずに「買い設定」を運用停止。「マネ運用」のトラトレめがね氏も、もちろん後に続きました。

 今回の残りのポジションも「目先急騰する可能性が高いと考えている」ということで、まだ決済せずに保有しています。

 よって、6月20日(木)終了時点でチャーティスト先生は「買いポジション25、売りポジション15」が、トラトレめがね氏は「買いポジション23、売りポジション15」が未決済ということになります。

 これらの決済のタイミングで含み損をどれくらい減らせるかが、プラスで終われるかどうかのカギとなりそうですね。もっとも、トラトレめがね氏は、チャーティスト先生の手法をマネするだけでOKなのですが…。

 というわけで、「第27回トラッキングトレードガチンコバトル」はファンダメンタリスト氏の圧勝で幕を閉じそうですが、バトル終了後には、FXブロードネット公式サイトで各プレイヤーが振り返りを行うのが恒例です。今回も、トラッキングトレードユーザーにはもちろん、裁量トレーダーにも役立つ内容になると思うので、そちらもぜひチェックしてみてくださいね。

(ザイFX!編集部・上岡由布子)

FXブロードネット


FXブロードネットの公式サイトはこちら!

FXブロードネットでは現在、新規口座開設後、1万通貨以上の取引をすると3000円がキャッシュバックされる当サイト限定タイアップキャンペーンが開催されています!

 さらに、条件を達成すると最大6万円がキャッシュバックされる通常のキャンペーンも開催されていますので、新規口座開設する際はぜひ活用してください。詳しい情報は、FXブロードネットの公式サイトで紹介されています!

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、FXブロードネットの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

FXの自動売買(シストレ)ができる「トラッキングレコード」で人気!
FXブロードネット ⇛詳細データはこちら
FXブロードネットの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-28時)
0.3pips原則固定
(8-28時)
0.5銭原則固定
(8-28時)
FXブロードネットのおすすめポイント
FXブロードネットでは、最低取引単位が1000通貨の「ブロードライトコース」と、1万通貨の「ブロードコース」の2つの口座が使えます。さらに、強制決済の判定タイミングやロスカットの水準をいくつかの選択肢から設定できるのも特徴です。相場の細かい上げ下げを利用してコツコツ利益を積み上げていく、リピート型の注文方法、「トラッキングトレード」を使ったFXの自動売買ができる口座としても人気。「トラッキングトレード」の設定などに役立つコンテンツも充実しています。
FXブロードネットの関連記事
■FXトレーダー必見のガチンコバトル、第27回が開幕! 中東情勢などでFX相場が荒れる中、自動売買が好調。細かく利益をあげる「トラッキングトレード」に注目!
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■FXブロードネットのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXブロードネット▼
FXブロードネットの公式サイトはこちら
※この表は2024年7月1日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります
FXブロードネット
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較 キャンペーンおすすめ10
バイナリーオプション比較 CFD口座おすすめ比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る