ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

日銀の「金融システムレポート」が示す
欧州経済低迷要因と中国住宅市場の暗雲

2012年04月26日(木)15:31公開 (2012年04月26日(木)15:31更新)
今井雅人

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■最悪期は脱した米国、しばらくは調整が必要

 次に米国ですが、欧州に比べると、かなり金融環境は良い状態にあります。企業の社債発行額も足元では増えていますし、銀行の企業向け貸し出しも増加しています。

 ただ、問題となるのは、家計のバランスシート調整(※3)が、まだ道なかばであるという点です。

 家計の債務残高の対可処分所得比率を示した「レバレッジ比率」を見ますと、サブプライムローンショックまでは一貫して上昇していましたが、それ以降は一転して下落傾向に入っています。

 ところが、「レバレッジ比率」の水準は依然として2006年と同じであり、まだまだ調整は進んでいないことがわかります。

 レポートでは、金融機関による差し押さえ物件の数が高止まりをしているため、こうした物件が潜在的な在庫として、今後の住宅価格の重石になる可能性があるということを指摘しています。

 また、米国系銀行の「不良債権比率」を見ると、貸し出し全体では低下していますが、住宅ローンについては依然として高いままです。

 米国も最悪期は脱しているものの、本格的な回復までには、バランスシート調整の期間が必要になってくるだろうということがわかります。

(※3 編集部注:急激な資産価格の変動の結果生じる莫大な債務を整理・縮小すること)

米ドル/円 週足
 

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 週足

■中国の住宅市場にも暗雲が…

 そのほかに注目すべき内容としては、中国の住宅市場に関する見解が挙げられます。

中国の住宅価格が2012年に入って前年比マイナスで推移し始めた点も、世界経済全体に対する懸念材料であると指摘しているのです。

 債務問題がくすぶり続ける欧州、最悪期は脱したものの本格的な回復には至らない米国、さらに住宅市場の雲行きが怪しくなってきた中国。

 残念ながら世界経済の視界不良は、しばらく続きそうです。

 冒頭に述べたとおり、為替市場は方向感に乏しく、完全にレンジ相場に入っています。

世界の通貨VS円 日足
 

リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 しばらくはこの傾向が続きそうですので、ていねいなトレードを心がけるとともに、世界経済の動向を注視しながら、方向感を見極めるタイミングを計りましょう。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る