ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

9月雇用統計が良ければドル/円上昇か。
今は逆張りで細かくトレードするべき

2012年08月30日(木)18:31公開 (2012年08月30日(木)18:31更新)
今井雅人

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■予想どおり米ドル安はあまり進まず、夏枯れ相場

 先週は、FOMC議事録に対する今後の市場の反応についてお話をしました。

【参考記事】
少し驚きのFOMC議事録公表でドル安に。9月に向けて、ドル安は進むのか?(今井雅人、8月23日)

「米ドル安があまり進まないと思う」という点と「夏枯れ相場になりそうだ」というのが大きなポイントだったと思います。

 この1週間(8月23日~30日)を見ると、ほぼイメージしていた相場展開でした。

ユーロ/米ドルに関しては、上昇してもせいぜい1.26ドル台あたりかなとイメージしていましたが、今のところ1.26ドルの手前のところで力尽き、あとはあまり動かなくなってしまっています。

ユーロ/米ドル 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 日足

 やはり、今の材料ではユーロをもっと買っていくほどの勢いはないということだと思います。

■売られすぎ、買われすぎを判断して逆張りトレード

 さて、投資家やトレーダーにとっては本当にやりにくい相場となっています。

 残念ながら、まだこうした動きは続いてしまうのではないかと危惧しています。多少動きが出てこないと、なかなかやりようがありません。

 以前のように、各国の金利が高かったうちは、高金利通貨を買って円を売るという手法で金利(スワップポイント)を稼ぐことができました。

 しかし、現在は世界中、景気低迷を受けて金利が低下しているので、そのやり方も難しくなっています。

【参考コンテンツ】
FX会社おすすめ比較:スワップ金利で比べる

各国政策金利の推移

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:各国政策金利の推移

 こういうときは、逆張り、つまりレンジトレードを細かく続けるというやり方ぐらいしかないのかなと思います。

 さらには、バイナリーオプションを活用して、レンジをうまく切り抜けるという手もあるかもしれません。

 つまり、ボリンジャーバンドのようなテクニカル手法を使いながら、売られすぎになっている、あるいは買われすぎになっているときに、逆を張っていくというやり方です。

 これは、通常の売り買いでも、バイナリーオプションでも基本的には同じだと思います。

【参考記事】
最短5分で決着、最低50円から取引可能! 人気のバイナリーオプションを徹底比較!

■注目は米雇用統計! 2カ月連続で就業者数15万人超か?

 来週(9月3日~)は、月が替わりますので、また月初の米国の重要な経済指標が発表されていきます。

 特に、ISMの製造業、非製造業とそれぞれの景況指数、そして9月7日(金)の注目の米雇用統計ということになります。

 前回、非農業部門雇用者数変化は、前月比16.3万人の増加と大幅に改善していました。今回の予想は、12万人程度の増加となっています。

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:米国主要経済指標の推移

 もし、予想に反して15万人を2カ月連続で超えるようなことになれば、かなり市場に景気回復の期待感が出てくるような気がします。

 そのときは、米ドルも、少なくとも対円では上昇するのではないかと思っています。

米ドル/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 日足

 このあたりは、また来週にでも、もう一度取り上げてみたいと思います。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
経済指標速報記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る