ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円はちょっと調整気味。
イベント少ないが為替相場は要ウオッチ

2012年11月26日(月)17:15公開 (2012年11月26日(月)17:15更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 金曜日は日米ともに勤労感謝の日だった。あまり動かないかと思われたが、結構、動くこととなった。まずは安倍総裁の「単独介入は効かない」としたインタビュー記事が出て、ドル円がそれまでの高値追いをやめた。アジア時間ではドル円が82円台の前半まで軟化。私も何もやらずに一日まるごと休もうと思っていたのだが、82円台を割り込んでくるようであれば、積み上がったロングポジションの投げも出るだろう。だからいちおうは欧州時間でも構えてはいた。

 欧州時間ではユーロが堅調。話し合われているギリシャ支援の問題も決裂したなどと言われてはいるものの、どうせ時間の問題であり、ドイツが妥協して来週早々にでもまとまるのではないかとの楽観論が一般的になっていたからだ。今回はギリシャへの第3次支援だが、過去の支援でもいつもそうだった。北朝鮮の瀬戸際外交のように、着地点に向かってひたすら危ない橋をわざわざ渡っているような緊張感を持たせた振りをする。それで結果は妥結するのだ。

 そうした中、ユーロドルが1.29台を触り始めても、特に大きな利食い売りが出てくるわけでもない。下がっても15ポイントほどがマックスの押し。ユーロは全面高であり、堅調な値動きを示していた。 ドイツの景況感が良かったのも原因だ。それに加えて、24日の土曜日にもユーログループはギリシア支援に関しての電話協議をするということが伝わって、欧州の信用不安は大きく後退することとなった。

 それまで小動きで会ったグローベックスの米国株もこうしたリスクテークの動きに反応して、上値を切り上げてきた。薄いであろう米国市場のオープンを前に、ユーロドルは1.29台のミドルまで上昇。ユーロ円の上昇に支えられて、ドル円の下げは一服して、なんとか82円ちょうどは割れていない。

 ブラックフライデーの出だしは好調だという報道もあって、米国株は大幅に上昇。それにつられてユ-ロはいっそうの買いを呼び込んで、ユーロドルは1.30台の直前まで、ユーロ円も107円台を目指す展開となって、ユーロは全面高のまま、そのまま高値引けした。結局、私は当初の予定通り、何もしなかった。

 

 

 週明けの市場では、当然のごとく、ユーロ円やユーロドルでのユーロ買いのトレンドフォロー、すなわち高値追いが出るものと思われた。しかし為替相場は先週末と変わらずでスタート。あまり面白い展開にはならなかった。土日に民主党や自民党からも政策が出てきて、互いの批判も噴出したようだが、それをマーケットが反映した形にもなっていない。しかしアジア時間の午後からは円の買戻しがやや入ってきた。日本株も安値引けしたし、多少の時間調整が始まったようである。

 今晩はイベントがほとんどない。欧州からのギリシャ支援の話題が出てくるくらいだろう。したがってユーロの動きが相場のメインになるだろう。それもテクニカルな動きに支配されそうだ。

 

日本時間17時30分

 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る