ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

狭いレンジにスタックするドル円、
バーナンキ議長とFOMC議事録に注目!

2013年05月22日(水)15:24公開 (2013年05月22日(水)15:24更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 最近は欧州時間の反分まではドル高で進んで、後半、つまりニューヨーク時間に入ってからはドル売りの動きとなっている。もちろんパターンを盲目的に信じるのはよくないが、それでもイベントも少ないし、手がかり難なので、それに基づいて取引してみるしかない。根本はレンジ相場が続き、それほども動かないと思っているし…。

 昨日の欧州序盤では、ドル円は朝がたの102円台前から切り返しての102.70あたり。またユーロドルは1.28台の後半で始まった。私のドル円の想定レンジは102.20から103.20だ。そうなるとここから買っていくのはいかにも高いが、時間的にも上がるタイミングだと思っているので、とりあえず買ってみる。102.67だった。夜の21時までにこの短期的な上昇波動は終わるので、それまでに売ってしまうつもり。

 ドル円はたしかに下がらなかったが、どちらかというと高値張り付きのままで、ほとんど値動きなしだった。102.90も触らず。そこを越えてきたらぜひともショート転したいと思っていたのだが、ロングポジションを解消するだけで精一杯。それほど値幅が小さかった。ユーロドルのほうがドル高の方向に進んでいたのだから、ドル円なんかはもっと喜んで上がって良さそうなものだったのに…。よほど上のほうのコストのロングがしこっているものなのだろうか。

 ニューヨークオープン直後は米国株の下落もあって、ドル円はちょっとだけ下がった。といっても102.50を割りこまない。そしてその後も朝になるまでドル円の値幅は30ポイント位にとどまった。ユーロドルは1.29台に乗せてくるなどしたが、それでも値動きに乏しかった。マーケットの意向としては翌日のバーナンキ発言の内容を確認したいといったところだろうか。

 本日は昼間の日銀会合を期待して、午前中に円安と株高が進んだ。日銀事態は政策の変更をするはずもないのだが、それでも期待ベースでのリスクテークが進んだ。しかしドル円の上昇は102.65あたりまでで、その後はやや売り圧力が強い。日銀の結果が出てしまって、材料出尽くしという一面もあるのだろう。このまま欧州時間にドル円が上がっていくような局面があれば、作戦的には同じように102円台の後半を売っていきたいものだ。

 今晩の注目はバーナンキ議長の議会での証言とFOMC議事録の公開だろう。それによって今年後半のFEDの金融緩和のありかたを見ていくことになる。むろんバーナンキ議長が従来までの見解を変えるなどとは思われておらず、ノ-サプライズであることが予想されている。

 しかし最近の要人発言では緩和の停止や早期解除を求める声も頻繁に出てきているため、それをFOMCの中で議論の対象になっていたかどうかも関心が集まる。議事録のなかでかなり積極的なスタンスで緩和解除について議論がなされていたとしたら、ドルの金利先高観が強まり、ドルの猛烈な買い上げが始まるかもしれない。ニューヨーク時間の午後はドルの動きに要注意だ。


日本時間 15時10分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
人気FX会社ランキング トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る