ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
FXトレーダー(FX投資家)の取引手法を公開!

【元ミス慶応 葉那子が本気で挑む「FX道!」】
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(2) 成功トレードにも反省の種がいっぱい

2013年07月16日(火)17:40公開 (2022年06月21日(火)11:36更新)
ザイFX!編集部

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 みなさん、こんにちは、葉那子です。

今回は成功トレードの分析です

 実践トレード塾、第1回目からの記事も併せてチェックしてみてください。

【参考記事】
ひろぴーの実践トレード塾(1) 出社前の30分で分析&注文を入れよう!
ひろぴーの実践トレード塾(2) ディナポリ分析でスラストを探せ!
ひろぴーの実践トレード塾(3) 移動平均線と水平線の使い方を知ろう!
ひろぴーの実践トレード塾(4) RCIを効果的に使う方法とは?
ひろぴーの実践トレード塾(5) フィボナッチ+4つのポイントで精度UP!
ひろぴーの実践トレード塾 第2講(1) 負けトレード検証から見えた成功への道

 実践編の前の、ひろぴーさん1回目の取材記事はこちらです。

【参考記事】
ひろぴーのスイングトレード講座(1) 27歳の兼業トレーダーが勝てる理由
ひろぴーのスイングトレード講座(2) トレードの土台となる3つの要素とは?
ひろぴーのスイングトレード講座(3) 世界中のトレーダー注目のポイントを狙え!
ひろぴーのスイングトレード講座(4) 主婦トレーダーとのタッグで勝率アップ!?
ひろぴーのスイングトレード講座(5) 堅実トレードでも30代中盤で資産1億円に!?

 6月のトレード履歴詳細については、前回の記事をご覧ください。 

成功トレードを検証!

 1カ月のトータルでは残念ながらマイナスとなってしまったわけですが、中にはしっかりプラスになったトレードもいくつかありました。

 今回は、そんな成功トレード2つをご紹介します。

 まずは、一番大きく利益を出した、2013年6月14日(金)にロングエントリーをした米ドル/円のトレードです。

 根拠は週足のシングルペネトレーション38.2%戻しなのですが、実際は38.2%のラインにタッチする前に、ややフライング気味にエントリーしました。

米ドル/円 週足 (クリックで拡大)

シングルペネトレーションを確認後、ややフライング気味にエントリー

 また、スラストの定義は「DMA3にローソク足がタッチせずに相場が上昇、もしくは下落している状態」となっていますが、今回のこの上昇スラストは、途中でDMA3にタッチしています

 ただ、ひろぴーさん曰く、「これくらいは許容範囲」とのこと。

スラストは上昇トレンドを知る目安

 「結局スラストというのは、ルールどおりというよりは、強い上昇(もしくは下落)をスラストと言うので、(途中でDMA3にタッチしているといっても)これくらいのヒゲの押し目の下落なら問題ないです。

スラストは、強い上昇(もしくは下落)の起点と終点をはかる物差しなので、これを上昇トレンドと言わなければなんというの?ってくらい明らかな上昇トレンドですから、大丈夫です」

 というわけで、週足スラストの38.2%付近4時間足のMA800の2つの条件で、94.05円で1回目のロングエントリー

 結果的にこのポジションは145pipsのプラスになったのですが、本来なら、週足を根拠に入ったのでもっと引っ張っても良かったかもしれません。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

2つの根拠が重なったのでエントリー。結果、145pips取れました!

 結果論ではありますが、シングルペネトレーションのルールどおりに、押し目の下落に対して、フィボナッチ61.8%に当たる101.37円をターゲットにしていれば、もっと大きく取れましたね

 実際、7月8日(月)にその水準まで到達しています。

 ただ、そこまでポジションを保有するだけの余裕がまだ私にはなかったので、とりあえず直近の高値付近で決済をしてしまいました。

ひろぴーさんは同じところで300~400pips獲得されたそうです。

利益確定はちょっと失敗!?

 エントリーポイントを探すのはだいぶ慣れてきたのですが、まだまだ利益確定が難しいところです。

 そして、この時は、米ドル/円が底堅い感じがしたので、ロングをもう1回トライしました。

 2回目のエントリーは、1回目のポジションを保有している間の6月17日(月)。

米ドル/円 1時間足 (クリックで拡大)

米ドル/円が底堅かったので2回目のエントリー

 ロングで入る根拠を探していたところ、ちょうど1時間足で上昇スラストが出現したので、意識されている水平線も重なった38.2%の94.68円でエントリー。

 こちらは手堅く、22pipsのプラスでした。

2回目のプラストレード

 そして、もう1つのプラストレードは、6月28日(金)にロングエントリーした米ドル/スイスフランです。

 これは4時間足で上昇スラストを確認したので、38.2%でロング。

 さらに、これは過去に意識されていた水平線とも重なっていました。

米ドル/スイスフラン 4時間足 (クリックで拡大)

複数の条件が重なったところでエントリーできた

 1時間足ではサポートになりそうなEMA62もあり、まさに複数のテクニカル条件が重なったポイントでエントリーすることができました

 結果は、約40pipsのプラスと、自分でも納得のできるトレードができたので満足です。

米ドル/スイスフラン 1時間足(クリックで拡大)

結果、40pipsのプラスをゲット!

 他にもいろいろと手を出したので、結局6月のトータルはマイナスになったのですが、少しずつ新しいトレード手法に慣れてきた感じはあります。

「入っているポイントは間違っていない」

 「入っているポイントは間違ってないので、大丈夫だとは思います

 あとは、もう少し慣れてもらって、感覚的なものを身につけてもらえるといいですね。

 たとえば、損切りの幅とか、利確ポイントとかのさじ加減です。

 このスキルを上げていくと、徐々に徐々に、マイナスだったのがプラスマイナスゼロくらいになってきて、ちょっとずつプラス100pipsになっていって…という風になるので。

負けは負けでも惜しいトレードが多いので、次は何を考えるかというと、前にもお話したように、1回のエントリーで数pipsずつでも損切りを節約していくんです

 それを行なっていくと、自然にプラスマイナスゼロくらいになってきます」

「エントリーポイントはバッチリ」とほめられたので、あとはエグジットをがんばります!

 確かに前の取材でも、ひろぴーさんは損切りを少しでも狭めることで「塵も積もれば金になる」と言っていました。

 今まではエントリーポイントを探すのに注力していましたが、これからはエグジットもていねいに行ないたいと思います。

出口戦略をもっとていねいに!

 また、エントリーに関しても、引き続き、ひたすらフィボナッチを引いて、水平線や移動平均線がないかRCIの形状がどうなっているかを見て、複数の条件が重なるところを探してエントリーをするように心がけます。

 今はテクニカルに重きを置いてトレードをしているのですが、その先のステップとして、やはり、ファンダメンタルズの流れに沿ったトレードをすることで、もっと負けにくくなるそうです。

 さらに、「相手を読んで、ポジションの重さ、軽さを感じて、相場を感じてください」とも言われました。

 まだ時間はかかりそうですが、相場を感じられるまでがんばりたいと思います。

 ただ、その前に、まだまだテクニカルもよりブラッシュアップしていかなくてはなりません。

 というわけで、次回は新たなテクニカルパターンのご紹介です。

 次週は都合により休載になります。次回は、7月29日(月)公開予定です。

「ひろぴーの実践トレード塾 第2講(3) ディナポリ上級編『コンフルエンス』に挑戦」へつづく)


【葉那子のトレード報告:2013年7月8日(月)~7月12日(金)】

1勝2敗

勝ちトレード:ユーロ/米ドル +49.5pips(+495円)

負けトレード:ユーロ/豪ドル -16.9pips(-155円)、-13pips(-241円)

合計収支:+99円

口座残高:8万9544円

 下の画像は私が実際に取引に使っているヒロセ通商[LION FX]の約定履歴です。

トレード結果 (クリックで拡大)

 勝ちトレードになったユーロ/米ドルは、4時間の下降スラストに対するフィボナッチ38.2%戻し+過去に意識された水平線のダブル条件売りエントリーをしました。

 10pipsの逆行はあったものの、その後、利確ポイントまでストンと落ちてくれたので、比較的楽なトレードとなりました。

条件が重なるポイントでエントリーをしたので、精神的にも負担の少ないトレードができたと思います。

(取材・文/葉那子 撮影/和田佳久)

【2023年2月6日時点】

FX初心者におすすめのFX会社はココだ!

■少額から取引できる「最低取引単位が小さいFX会社」!

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆松井証券「MATSUI FX」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
1通貨 0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア
※スプレッドは成行(ストリーミング)注文に適用される水準。それ以外の注文方法では、通貨ペアによってはスプレッドの水準は異なる
【松井証券「MATSUI FX」の関連記事】
■松井証券「MATSUI FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼松井証券「MATSUI FX」▼
松井証券「MATSUI FX」の公式サイトはこちら

◆マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」⇒詳細ページへ

最低取引単位 スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
100通貨 0.0銭原則固定 0.0銭原則固定 0.1pips原則固定 21ペア
※1万通貨までの注文量に適用されるスプレッド。ユーロ/米ドルは、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の関連記事】
■マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」▼
マネーパートナーズ「パートナーズFX nano」の公式サイトはこちら

■スプレッドが狭くて「取引コストが安い、おすすめのFX会社」!

 米ドル/円

◆SBI FXトレード⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.18銭 0.48銭 0.38pips 34ペア 1通貨
※2022年12月1日(木)7時00分~2022年12月31日(土)6時30分における、スプレッド提示率がもっとも高かった水準
【SBI FXトレードの関連記事】
■「SBI FXトレード」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの公式サイトはこちら

◆GMOクリック証券「FXネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.5銭原則固定 0.4pips原則固定 20ペア 1000通貨
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを 解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比 較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら

◆ゴールデンウェイ・ジャパン⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.1銭原則固定 0.3銭原則固定 0.2pips原則固定 29ペア 1000通貨
※ユーロ/円は、2023年2月28日までのキャンペーンスプレッド
【ゴールデンウェイ・ジャパンの関連記事】
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF GX-FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
■ゴールデンウェイ・ジャパン「FXTF MT4」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ゴールデンウェイ・ジャパン▼
ゴールデンウェイ・ジャパンの公式サイトはこちら
 ユーロ/米ドル

◆ヒロセ通商「LION FX」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 51ペア 1000通貨
※米ドル/円、ユーロ/円は、日本時間10時~翌28時までの時間帯に適用されるスプレッド
【ヒロセ通商「LION FX」の関連記事】
■ヒロセ通商「LION FX」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼ヒロセ通商「LION FX」▼
ヒロセ通商「LION FX」の公式サイトはこちら

◆JFX「MATRIX TRADER」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 38ペア 1000通貨
※米ドル/円、ユーロ/円は、日本時間10時~翌28時までの時間帯に適用されるスプレッド
【JFX「MATRIX TRADER」の関連記事】
■「JFX「MATRIX TRADER」」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼JFX「MATRIX TRADER」▼
JFX「MATRIX TRADER」の公式サイトはこちら

◆外為どっとコム「外貨ネクストネオ」⇒詳細ページへ

スプレッド(取引コスト) 通貨ペア数 最低取引単位
米ドル/円 ユーロ/円 ユーロ/米ドル
0.2銭原則固定 0.4銭原則固定 0.3pips原則固定 30ペア 1000通貨
※日本時間9時~翌27時までの時間帯に適用されるスプレッド。スプレッドはすべて例外あり。ユーロ/円・ユーロ/米ドルは、2023年3月4日までのキャンペーンスプレッド
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリットのほか、「スプレッド」や「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら

※本コンテンツの調査対象は法人口座ではなく、すべて個人口座となっています。
※サービス内容は当社が独自に調査したものです。正確な情報を提供するよう努めておりますが、詳細は各FX会社にお問い合わせください。

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る