ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円は97円台前半まで下落、
バーナンキ議長のスピーチに注目が

2013年10月02日(水)17:24公開 (2013年10月02日(水)17:24更新)
持田有紀子

史上最高値更新! 一時4万2000円台に乗せた「日経平均」や「NYダウ」、「金」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

 昨日のアジア時間ではドル円が98円台に戻して98.70あたりまで高値をつけていたのだが、欧州序盤で再び97円台に突っ込んだ。それがユーロ円の133円ちょうど割れとほとんど同時であったので、私はユーロ円を132.98で売っていった。連日のユーロ円の売り攻めである。

 ドル安の効果でユーロドルがあまり急上昇でもしない限りは、なんとかこれでしのいでいける。すでにユーロドルは1.3587まで高値をやった後なので、下がり基調のところに追随しているとも言える。9月高値を越えたユーロドルであったが、それが下がってきたのにはドイツの雇用統計が予想よりも悪かったのも一因だろう。

 18時を回って安倍首相の会見が始まると、ドル円もユーロ円も急に下がってきた。消費税を引き上げるのはすでに報道された通りなので、何のサプライズもないはず。いまさらリスク回避もないものだろう。それでも日経先物などもナイトセッションで100円ほど下げている。過敏には反応しているように見えるのも、短期的なポジション整理が選好してのことだろう。相場が動いているといっても大きな値幅ではない。

 ドル円が97.70あたりで安値張り付きの状態が続いた。ユーロ円もしかりだ。ここで利食いするわけにはいかない。理由がないからだ。ドル円かユーロドルがもう一段安するかもしれない可能性を考えると、利益が乗っているからといって軽率には買い戻すことはできない。ドル円がせっかく安いのだから、これが97.85でも上回ってこない限り急いで買い戻す必要もなかろう。

 しかし下攻めはなく、97.85を上回ってきた。しかたなくユーロ円を132.56で買い戻した。株価も下がらなくなってきたのだから、仕方がない。これからの注目は、アメリカの政府機関のシャットダウンの影響がどの程度、深刻にアメリカのメディアなどで報じているかである。あまり大したことがなければ、米国株はリバウンドし、翌日からはリスクテークが復活するかもしれない。

 ドル円は買い戻されて再び98円台に乗ってきたので、それ以降は取引をしなかった。マーケットはやや安心感を取り戻したようだ。米国株も強い。私はニューヨーク市場に付き合わなかった。

 今日のアジア時間ではドル円がまた97円台に突っ込んだ。しかし昨日の安値を下回れない。私もドル円を売り込んだりしたが、すぐに買い戻しを強いられて、10ポイントも抜けない局面が続いた。東京時間の後半に安値を下回ってきて、欧州時間では97.31近辺まで下落して安値圏にいる。

 今晩はECBの金利会合があるが、ECBは何もしないことが期待されている。その後にADPの雇用指数が出るが、いまのところ週末の雇用統計が発表されないのではないかという恐れもあり、注目度が薄い。しかし夜中のバーナンキ議長のスピーチには多少の注目が集まっている。先日のFOMCの決定過程をもっと詳しく知りたいからだ。

 前回のFOMCの会合の後ではバーナンキ議長は「マーケットの見方に合わせることはしない」と発言したことで、このままでは市場との対話を放棄したような状態で終わっている。マーケットはFOMCに対して金利を始め、各種の価格決定力を認めないような不信をつのらせている。これを拭うべく、何かアプローチを図るのかどうか注目だ。


日本時間 17時00分


 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

セントラル短資FX「FXダイレクトプラス」
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る