ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

ドル/円のレンジ相場は終わっていない!
レンジ下放れで97円台前半までの下落も…

2014年08月29日(金)16:27公開 (2014年08月29日(金)16:27更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

■米株・米ドルが好材料に反応薄、スピード調整の前兆か

 先週(8月18日~)の米ドル全面高に比べ、今週(8月25日~)の値動きは限定的で、米ドル全面高の一服と言えるだろう。 

米ドルvs世界の通貨 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルvs世界の通貨 4時間足) 

 もっとも、先週(8月22日)のコラムの指摘どおり、米ドル全面高に対するスピード修正が行われやすい時期だから、目下の上昇一服は当然の結果と言える。

【参考記事】
米金利・米株・米ドル高はリスクオンバブル、米ドル/円はなおレンジ下放れの可能性!(2014年8月22日、陳満咲杜)

 ファンダメンタルズでは、欧州の不振が目立ち、日本も消費税増税後の失速がささやかれる。比較的米国の堅調が目立つが、史上最高値圏に位置する米株高に、それは「織り込み済み」といった見方もある。何と言っても、好材料に特に反応しなくなっているところが大きなポイントだ。

 昨日(8月28日)リリースされた米第2四半期実質GDPは、予想の+3.9%に対して+4.2%との好数値となり、材料として申し分ないが、株も為替も反応薄だった。

 したがって、目下の株高、米ドル高はオーバーした状態にあり、スピード調整に向かう公算が大きいと推測される。また、こういったスピード調整はまだ始まったばかりなので、来週(9月1日~)にかけて継続されるだろう。

■テクニカル的視点でみると、ECBはまだQEに踏み切らない

 米株高と米ドル高の一服がウクライナ情勢の緊迫化によるもの、といった解釈も多いが、地政学リスクが本当に意識されるなら、目先の小動きに留まるわけがないだろう。

 むしろユーロ/米ドルあたりでは、今夜(8月29日)発表されるEU(欧州連合)圏インフレ指標への警戒感に圧迫され、スピード調整を展開できずにいる面が大きい。

 言い換えれば、ユーロにとって悪材料に満ちている現状では、地政学リスクを含め、何でもユーロ売りの材料に成り得るから、安値更新さえ回避できれば上出来であり、それはスピード調整の兆しと受け止められる。

 マーケットがEU圏インフレ数値を気にしているのは、他ならぬ、デフレの兆しがあれば、ECB(欧州中央銀行)は来週(9月1日~)にでもQE(量的緩和策)に踏み切るのではないかといった疑心暗鬼である。

 指標に関する予測はできないが、テクニカルの視点では、目下、米ドル全面高が一服しやすい時期に位置しているから、もしかしたら、今夜の数値、想定されるほどは悪くなく、また、来週(9月1日~)のECBの決定と行動は、想定されるほど早くないのではないかと推測できる。

 要するに材料はマーケットの構造に沿って後についてくるから、このような可能性を完全に排除できないということだ。

■米ドル/円はブルトレンド再開ではなくレンジ拡大にすぎない

 ところで、米ドル全面高に対するスピード調整といった表現は、どちらというとトレンドを伸ばしてきた通貨ペアにふさわしく、レンジ変動に留まる通貨ペアの場合、スピード調整よりもレンジ変動そのものと言った方が適切だ。

 言うまでもないが、主要通貨のうち、ユーロ/米ドル、英ポンド/米ドルは前者(トレンド)に属し、米ドル/円は後者(レンジ)に属している。

前回(8月22日)のコラムでも指摘したように、巷では米ドル高・円安トレンドの再開や加速に多大な期待が寄せられているが、筆者はなお、レンジ変動に留まっているという見方を保持してきた。

【参考記事】
米金利・米株・米ドル高はリスクオンバブル、米ドル/円はなおレンジ下放れの可能性!(2014年8月22日、陳満咲杜)

 言ってみれば、米ドル/円はレンジ自体を拡大させたものの、レンジを打破し、ブル(上昇)トレンドへ復帰したといった判断は性急である。

 実際、週初(25日)に米ドル/円は104.26円の高値をトライしたものの、足元では反落しており、継続して高値更新できずにいること自体、1つのサインではないかとみる。

先週(8月22日)のコラムで指摘したとおり、何しろ、4月高値は104.12円前後に位置、2月安値100.75円からの大型保ち合いは、3.5円未満の小動きで計7カ月も続いてきたから、2000年以降には見られない保ち合いの長期化が確実に確認されている。

【参考記事】
米金利・米株・米ドル高はリスクオンバブル、米ドル/円はなおレンジ下放れの可能性!(2014年8月22日、陳満咲杜)

 テクニカルアナリシスの原則の1つとして、保ち合いのスパンが長ければ長いほど、ブレイク後の値動きが大きく、また強いモメンタムを伴う場合が多いということが知られている。

しかし、今週(8月25日~)の値動きは明らかに違っていたので、ブレイク自体が疑わしいのではと思う。 

米ドル/円 日足

(出所:米国FXCM

 換言すれば、今週(8月25日~)の104円大台の打診自体、レンジの突破ではなく、レンジ自体の再確認といった視点が論理的で可能性が高いと思う。

 具体的なアナリシスに関して、筆者が8月27日(水)に…

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る