ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

足元の円安は円買いの好機! 本格的な
リスクオフが来ればクロス円は暴落だ!

2014年10月24日(金)17:22公開 (2014年10月24日(金)17:22更新)
陳満咲杜

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■円安方向へのスピード調整が円買いの好機を提供!

 米ドル/円は昨日(10月23日)、108円の大台を打診、日米株もそれなりに戻ってきた。前回のコラムでも指摘したとおり、いったんのスピード調整の余地はあったから、足元はそのスピード調整を果たしているところとみる。

【参考記事】
米ドル/円下落は異変でも急変でもなく、当然の結果。円高の大波はまだこれから!(2014年10月17日、陳満咲杜)

 もっとも、スピード調整という言い方自体、トレンドの方向が変わらないことを暗示する。今週(10月20日~)の値動きをもって株安・円高の進行が終焉したと思ったなら、かなり性急な判断と言わざるを得ない。

 少なくとも2014年年内一杯まで円高の進行を想定する必要があることも既述のとおり。この意味では、足元で円安方向に振れているスピード調整は、再度円買いの好機を提供してくれていることになる。

■ドルインデックスとの連動性が強い最近の米ドル/円

 まず、米ドル/円だが、最近はドルインデックスとの連動性が強い。下のチャートはドルインデックスをローソク足、米ドル/円をラインチャートで示したものだが、米ドル/円が高値を取っていくにはドルインデックスの一段高を必要とする。 

ドルインデックス&米ドル/円 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 実際、ドルインデックスの日足を見る限り、10月14日(火)以降の値動きは、すべて10月14日(火)の大陰線の値幅内に留まり、米ドル全体の反騰は、モメンタムが強いとは言いにくい。

 早期にブレイクしない限り、ドルインデックスは再度反落してくる可能性が、なお大きいのではないかとみる。

 次に、仮にドルインデックスが再び高値を取る値動きになれば、受け皿となるユーロなどの外貨安で再び円高圧力が高まり、米ドル/円の上限を抑圧してこよう。

 実際、ユーロ/円にしても、英ポンド/円にしても、先週(10月13日~)の「売られすぎ」から大幅な反騰を果たしているが、共に9月高値を起点とした下落値幅の半値戻しの位置まで戻っていない。

 これはクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)相場における円高バイアスの健在を示唆しているから、米ドル/円のみ円安に反応するにも限界がある。

■10月23日の大陽線はリバウンド出尽くしの暗示かも…

 とはいえ、昨日(10月23日)の米ドル/円の反騰が、10月15日(水)高値107.50円のブレイクをもって加速されてきたことも、無視できない。昨日(10月23日)の大陽線から考えて、本日(10月24日)もいくぶん上値余地があるはずだ。 

米ドル/円 日足

(出所:米国FXCM

 しかし、下のチャートで示しているように、10月1日(水)高値110.08円からの全下落幅に対する61.8%反騰位置で頭を押さえられるようなら、昨日(10月23日)の大陽線自体、逆にリバウンドの出尽くしを暗示するサインと化すから、リバウンドの早期終焉も覚悟しておきたい。

米ドル/円 4時間足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 この場合、10月15日(水)安値を起点としたリバウンドは、典型的なN字型変動をもって終了されよう。

 株式相場のパフォーマンスと連動した形で… 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る