ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

円相場は独歩高から今度は独歩安、
ドル円まだブル転したくない感じ

2016年03月02日(水)16:20公開 (2016年03月02日(水)16:20更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日はアジア時間でドル円が安値攻めをして、あとちょっとのところで112円台の大台割れまで攻め込んでいた。中国の景況感を表すデータが悪かったので、マーケット全体がリスクオフに傾いたからだ。またテクニカルにユーロ円が売りも出やすい地合いであったのもある。

 しかし欧州序盤にかけてはドル円は値を戻してきて、112円台の後半まで約1円幅の反発を見せるに至った。前日に中国が金融緩和を行ったのもあって、市場が緩和期待モードに入ってしまった感がある。

 今月の中央にはECBを始め、日銀やFRBの金利会合が並んでいるからだ。とくにECBは前もって3月に何かすると明言しているので、期待が高まりやすい状況にある。実際のその後、ドラギ総裁「リスク拡大していることを考慮すべき」という発言も伝わっている。

 ともかく欧州時間に入ると、ドル円は113円台に乗せてきた。とく中国株や欧州株が大きくは値上がっているわけでもないのだが、先週あたりから円ロングのポジションが積み上がってしまったのだろう。ショートカバーベースでドル円もユーロ円もなかなか落ちないで、堅調な値動きを示し続けた。

 それでもドル円やユーロ円はここ最近のレンジ内の上限をブレークしてきているわけでもないので、そんなに驚くべき水準でもなかった。動き出したのはISMの景況指数が出てからである。たくさんあるセンチメント指数のうちの、単なるひとつにすぎないのに、マーケットのほうが過敏すぎるのではないかと思われるくらい反応した。

 ドル円は113円台の前半でウロウロしていて、いかにも重そうにも見えたのだが、急激な上昇を演じた。とくにクロス円の買い戻し方面からの圧力も強かった。クロス円の相場が強いのと、原油相場がしっかりしていることで、米国株も大幅上昇。市場のリスク許容度がかなり増大したのが見て取れる。相乗効果でドル円も夜中に114円台まで乗せてきたりもしている。

 ドル円は2月の日本の休日中に110円台まで突っ込んだが、その後のマックス戻しは114円台の後半である。だから今のところはまだドル円はレンジ内でのプレイが続いていることになる。やはり115円台という数字を見ないと、いまいちブルにはなり切れない。

 中途半端なところでドル円をロングにしていくくらいならば、115円ちょうどでド転ロングにするつもりで、目先はまずはショートメークして我慢して持ってみようかと考えている。


日本時間 16時00分


 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る