ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

G20を受けて結局は円独歩高へ、
素直にクロス円ショート攻めか

2016年03月01日(火)15:16公開 (2016年03月01日(火)15:16更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日は週明けで、G20から出てきた結果をどのようにマーケットが消化するのかに、関心が集まった。朝がたのドル円は先週末の高値攻めの余韻を残して、113円台の後半であった。このまま114円台に乗せてきて、高値追いとなるのか、それとも反落に向かうのか。

 ドル円は上サイドには向かわなかった。やはりG20の結果が掛け声だけのないようで終わったからだろう。何も目新しい政策は出てきていない。個別に努力せよとの意気込みを語っただけのようなものである。ドル円は東京時間だけでも113円台を維持できずに、112円台に突入。

 もうすぐ海外勢も参入してくるということで、なおさら下向きへの恐怖感がわいてきたようだ。何度も113円台に戻しかけるが、やはりすでにドル円の頭は重い。私も短期トレードの一環で、戻しは着実に売りこんだ。

 しかしすぐには落ちない。G20に向けての期待ベースで買い進んでしまったポジションも残っているだろうに、激しく押し込まれることはなかった。だから私も10ポイントとか15ポイントを取りにいくのがせいぜいだ。

 19時過ぎに中国が預金準備率をカットして、金融緩和の姿勢を示した。おおむねG20に沿った動きではあるが、その程度ならば、わざわざG20を待たなくてもできる対処だ。

 市場が期待しているのはもっと効果的な協調行動である。これが発表された瞬間こそリスクテークでマーケットは盛り上がったが、それは30分も続かなかった。

 どちらかというと失望も誘った感じとなって、ドル円やユーロ円はますます重さを増していった。そしてニューヨーク時間では、アメリカの経済指標は悪いものが並んだ。それで米国株は軟調にスタート。リスク回避の証拠にユーロ円の下げが一方的で、東京時間からもうすでに2円近くも落ちている。

 ユーロ円は2月24日に122.45あたりまで安値を付けた後には、急激なショートカバーに見舞われていたのに、またその安値をトライする局面まで到達したのだ。そうしたクロス円の重さにひきつられて、ドル円もますます重くなっていった。

 今朝になって、ユーロ円がその下値サポートを下抜けしてきた。それで一気にストップロスが噴出。ドル円の売りも巻き込んだので、早朝のセッションですでにドル円は前日の安値をも下回ってきた。東京勢もドル円を買ってきにくくなっている。しばらくはクロス円を見ながら、素直に同じ方向に攻めるのが無難なようだ。

日本時間 15時10分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る