ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

またもサポートされたドル円、
しかし上値も重たく手詰まり感

2016年09月28日(水)15:55公開 (2016年09月28日(水)15:55更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 昨日はアメリカの大統領選の討論会があった。何が出てくるかわからないということもあって、始まる前はマーケットはリスク回避で傾いた。これは当然であろう。ドル円は下攻めをして100円の大台割れをトライしたが、100.09まで。

 先日の安値も100.10までだった。やはり100円割れは強力にサポートされているようだ。政府要人らの口先介入が効いている状況だが、これも討論会で混乱でも発生しようものならば、2円くらいは円高方向に吹っ飛んでもよいくらいに思われた。

 しかし実際の討論会は実につまらないものとなった。内容も従前から両候補が主張しているものと同じ。そして目立った混乱も見られなかった。トランプ氏の態度が常よりも緩やかに見えたので、どうしてもクリントン候補のほうが相対的に優勢に感じられた。

 それがマーケットに安心感を与えたようだ。すぐにドル円は反発に向かい、100円台の後半へ上昇。そして日本株もリスクテークで大きく上がった。この流れが海外市場でも継続するのかが最大の関心事だった。

 いかんせん、ドル円は戻ったといっても、まだ101円台にも到達していないのだ。マーケットでの不透明要因が消えたのだから、もっと上値追いしてほしいところだ。私もドル円のさらなる上昇があると思って、どこで買おうかと待ち構えていた。

 しかし欧州序盤からドル円は売りものに押された。ちょっと自分の考えていたシナリオとは違うようだ。欧州市場では相変わらずドイツ銀の問題で株が安い。そのためのリスク回避にもなっているのだろう。それにしてもドル円は101円台にすら乗せられないというのは、かなりトップサイドは重いのかもしれない。

 ニューヨークオープンの頃には、ドル円は100.50をも割り込んできていた。これでアジア時間で上げていたゲイン分をすべて吐き出した。今度は下攻めの番だ。しかし100.10あたりは簡単にブレークすることができるのか。私は寝てしまったが、ドル円は100円割れをトライしたものの、やはり無念で、その後はややショートカバー気味。

 今晩はFRBの要人のスピーチの予定はいろいろあるが、経済イベントは少ない。ドル円に関しては100円ちょうどと101円ちょうどのどちらかを抜けてこないと、明確にポジションを作るのははばかられる。


日本時間 15時30分
 

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る