ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

日銀会合で緩和政策の修正はあるのか?
米ドル/円の上値は113~115円で限定的に

2018年07月26日(木)16:45公開 (2018年07月26日(木)16:45更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■主要中央銀行で緩和政策を修正していないのは日銀だけ

 そして、主要中央銀行で緩和修正に入っていないのは、日銀だけとなっています。

 そのため、日銀が緩和修正に入る局面を多くのヘッジファンドは待っていました。

 その期待が先週(7月16日~)末の下記の記事により、一気に高まります。

日銀が金融緩和の持続性向上策を議論へ、長期金利目標の柔軟化など=関係筋

出所:ロイター

 このニュースを要約すると、日銀は、7月30日(月)~31日(火)の金融政策決定会合で、現行の長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)付き量的・質的金融緩和における長期金利目標や上場投資信託(ETF)買い入れ手法などの柔軟化を検討するということになります。

7月30日(月)~31日(火)の日程で日銀会合が開催される。果たして緩緩和政策の修正はあるのか? あった場合、その内容は… (C)Bloomberg/Getty Images

7月30日(月)~31日(火)の日程で日銀会合が開催される。果たして緩緩和政策の修正はあるのか?  (C)Bloomberg/Getty Images

 報道のヘッドラインが、「関係筋」となっているため、このコメントは日銀関係者、ということになるでしょう。これを受けて、来週(7月30日~)の日銀金融政策決定会合における緩和修正への期待感が一気に高まり、一時113.17円まで急騰していた米ドル/円が、一気に110.70円近辺まで急落したのです。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

■市場が日銀の政策変更報道を無視できないワケ

 マーケットは、トランプ大統領の米ドル高牽制コメントは無視できても、日銀の政策変更の可能性の報道は無視できません

 日銀が量的・質的金融緩和の修正を行うのであれば、これまでの中央銀行トレードの文脈でいえば、円相場で大きな動きを期待できるからです。

 ここで、先週(7月16日~)の米ドル/円の急騰と急反落の流れを確認します。

 繰り返しになりますが、7月20日(金)にトランプ大統領は、通貨と金利を不当に低い水準に操作してきたと、中国、EU(欧州連合)を批判しています。

 不当かどうかは別として、極めて低い水準の金利と通貨を持つ国があります。

それは日本です。

 7月20日(金)のトランプ大統領のツイートでは、中国とEUに対する不満を述べていましたが、日本に対するコメントはなし。

【参考記事】
トランプ砲連発だが日本は射程に入らず? 日銀会合まで米ドル/円の上値は重そう…(7月23日、西原宏一&大橋ひろこ)

 そして同日、関係者筋として日銀の緩和修正記事が出て、トランプ大統領からの批判はなくても、米ドル/円では他通貨以上に米ドル高修正が進行しました。

 改めて振り返ると、先週(7月16日~)末は、いろんなイベントと米ドル/円が修正される報道が重なっていたことがわかります。

(1)G20が開催されていたこと

(2)米ドル/円が113円台に急騰していたこと

(3)トランプ大統領の米ドル高牽制コメント(EUと中国に対して)

(4)加えて関係者筋として、日銀の緩和修正記事が報道されたこと

 この一連の流れは、偶然ではないと指摘する友人も。

 個人的にも、米ドル/円が米ドル高に振れていた局面と、G20(20カ国・地域財務相・中央銀行総裁会議)、そして、関係者筋からの情報をもとにした日銀の緩和修正記事は偶然ではないと考えています。

 この文脈から考えれば、当面、米ドル/円の上値は113~115円で限定的ではないかと想定しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:Bloomberg)

 本稿執筆時点では、来週(7月30日~)の日銀会合では、上場投資信託(ETF)の購入配分の見直しを検討するだけではないか? との報道も出ています。

 ただ、来週(7月30日~)は見送られても、前述の流れから推測すれば、日銀が緩和修正に入るのはそれほど遠い時期ではなく、それに伴って、円安が修正されるのではと想定しています。

 結果、米ドル/円の上値は113~115円で限定的

 クロス円も総じて、上値は徐々に重くなってくるのではと想定しています。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 来週(7月30日~)の日銀金融政策決定会合の行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
メキシコペソ比較 トレーディングビュー記事 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る