ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
今井雅人の「どうする? どうなる? 日本経済、世界経済」

米中が部分合意へ!? トランプ大統領が
米中貿易摩擦のヤバさに気づいた!?

2019年10月11日(金)14:11公開 (2019年10月11日(金)14:11更新)
今井雅人

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

■米中協議に新たな動き

 市場の注目材料が、米中貿易交渉の行方ブレグジット(英国のEU離脱)の先行きという状態は、現在も変っていません。その中で、いろいろとまた、動きが出てきています。

 10月10日(木)、11日(金)の2日間、米中の閣僚級協議が7日(月)~8日(火)の次官級協議に引き続き、ワシントンで行われています。

 1日目の協議(10日)が終わり、トランプ米大統領からは「今回の協議はうまくいっており、合意を目にすることができる」との発言がありました。

 また、中国の劉副首相と、日本時間12日(土)3時45分から、ホワイトハウスで会談することも伝えられています。

■トランプ大統領の態度が軟化した理由は?

 これまで、トランプ米大統領は「包括的な合意でなければダメ」という姿勢を示してきましたが、どうも「部分合意」に応じる可能性が出てきました。

【参考記事】
10月は重要イベントが目白押し! 米ドル/円の108円台超えは考えにくい(10月3日、今井雅人)
トランプ発言で米中の問題は振り出しへ。円高傾向…ユーロ/円の売りが良さそうか(9月26日、今井雅人)

 ひょっとすると、トランプ米大統領は、米中貿易摩擦が米国経済にかなりマイナスになると考え始めているのかもしれません。

 来年(2020年)の米大統領選挙に向けて、米国景気が減速することはどうしても避けたいというのが本音でしょうから、協議に対して態度を軟化させているのかもしれません。

トランプ大統領の写真

2020年の米大統領選挙に向けて、米国景気が減速することはどうしても避けたいトランプ大統領。今井氏は米中貿易摩擦が、米国経済にかなりマイナスになるとトランプ大統領が考え始めているのではないかと指摘。写真は2016年の米大統領選のときのもの (C)Scott Olson/Getty Images

■関税撤廃までいけば、間違いなくリスクオン

仮に部分合意をして、その上で、これまでかけている関税を撤廃するというところまでいけば、間違いなく市場はリスクオンの動きとなってくるでしょう。

 株価は上昇し、そして円安になるという流れがしばらく続くことになると思います。米ドル/円が、108円をしっかりと超えてくる可能性も、出てくるのではないでしょうか。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

 しかし、トランプ米大統領のことですから…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

ザイFX!でもおなじみの今井雅人さんからのレポートを受けて、ザイFX!が 配信する「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人(月額:5,500円(税込))」

ザイFX!プレミアム配信with今井雅人

 その日のニュースをコンパクトに解説し、今後の為替の値動きについての予測とともに、今井氏のポジションについても可能な限り配信する、実践型の有料メルマガです。

「ザイFX! FXプレミアム配信 With今井雅人」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る