ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

110円へと反発を始めた米ドル/円に注目!
バフェット氏の日本の商社株取得も追い風か

2020年09月03日(木)12:10公開 (2020年09月03日(木)12:10更新)
西原宏一

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■ウォーレン・バフェット氏が日本の5大商社株を取得

 みなさん、こんにちは。

以前のコラムで、ウォーレン・バフェット氏(以下、バフェット氏)が金鉱山株に投資したことが、マーケットで大きな注目を集めていることをご紹介させていただきました。

【参考記事】
豪ドル/米ドルは、ゴールドとともに上昇! 金鉱株急騰の裏にウォーレン・バフェット(8月20日、西原宏一)

 バフェット氏については、2016年に、低迷していたアップル株を購入して大成功したことが記憶に新しいため、彼が金鉱山株に投資したことがマーケットの注目を集めたわけです。

 そして驚くことに、今週(8月31日~)もバフェット氏の投資が大きく報道されています。

 金鉱山株の購入に続いて、次に彼が狙ったのは日本の商社

バークシャー、5%を超える商社株を取得-伊藤忠や三菱商など5社

米投資・保険会社バークシャー・ハサウェイは日本時間31日、日本の5大総合商社株を5%をわずかに上回る比率まで取得したと発表した。

出所:Bloomberg

 上記のように、バフェット氏がCEOを務めるバークシャー・ハサウェイが、伊藤忠商事、三菱商事、三井物産、住友商事、丸紅といった日本の5大総合商社株を、それぞれ5%超まで取得したとの報道で日本株は活況です。

 バフェット氏は「世界中で合弁会社をつくっている」と、着目した理由を明かしていますが、中国とのデカップリング(非連動)との思惑も。

金鉱山株に続いて、日本の5大商社株の取得を発表した、ウォーレン・バフェット氏。そのワケとは…!? (C)Bloomberg/Getty Images

金鉱山株に続いて、日本の5大商社株の取得を発表した、ウォーレン・バフェット氏。そのワケは…!? (C)Bloomberg/Getty Images

 米中の分断により、日本が漁夫の利を得て商社の活躍の場が広がるとの連想です。

 ともあれ、バフェット氏の日本株への投資という報道が、世界中の投資家の目を、再び日本株に向けさせる効果は十分だと考えています。

■割安の日本株への投資が見直される可能性が高まる

 もちろん、海外投資家が、いきなり日本株に対して積極的になるとは考えにくいのですが、米国株に比べて圧倒的に割安である日本株への投資が見直される可能性は高まります

 そして、日本株への投資で気になるのが為替動向。

 現状、仮に米ドル/円が極端に円高に振れると、どうしても日本株の上値を抑えることになるため、為替はどちらかというと円安気味に推移していたほうが日本株の上昇要因となります

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:TradingView

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:TradingView

 この点においては、先月(8月)のようにユーロ/米ドル中心に米ドル安が進行しているような状況だと、米ドル/円もどうしても米ドル安気味に推移してしまいます。

 ところが、9月に入るとユーロ/米ドルはいきなり急反落し、米ドル急落懸念が急速に和らいでいます

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足

(出所:TradingView

 ユーロ/米ドルの…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る