ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

米ドル押し目買い方針。ドル安を目指さない
イエレン新財務長官の手腕にも注目!

2021年01月19日(火)12:02公開 (2021年01月19日(火)12:02更新)
バカラ村

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

■米長期金利、一時1.18%台まで上昇

今年(2021年)に入ってから米長期金利が上昇し、1月12日(火)には一時、1.18%台まで上昇しました。

米長期金利(10年物国債利回り) 日足
米長期金利(10年物国債利回り) 日足チャート

(出所:TradingView

 昨年(2020年)後半の時点では、FRB(米連邦準備制度理事会)はまだ、追加の金融緩和を検討しているような状況でしたが、今年に入ってからはテーパリング(※)も話題になっており、その影響も重なって上昇しています。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

 しかし、1月14日(木)にパウエルFRB議長が、資産購入の縮小についての議論は時期尚早との考えを示したことで、米長期金利の上昇も一服しています。

【参考記事】
金融緩和し過ぎとの警戒感で、米ドルは少し反発か。中長期のドル安は変わらない(1月13日、志摩力男)

■景気回復への期待出やすい、株式は押し目買い

 1月15日(金)には、バイデン次期大統領が、1.9兆ドル規模の追加経済対策を発表しました。

 事前予想と、ほぼ同じような内容だったこともあり、米国株などは利食い売りが出たことで、やや軟調に推移しています。

 さらに、バイデン次期大統領は、2月の上下両院合同会議で、第2弾の経済回復プランを公表すると述べています。

バイデン次期米大統領

1.9兆ドル規模の追加経済対策を発表したバイデン次期大統領。2月には第2弾として、より広範な経済回復プランを公表する予定も明らかにしている (C)Scott Olson/Getty Images News

 まだ実現性には疑問符がつきますが、景気回復への期待が出てくるため、米国株などは下がれば買いが出てくると考えられます。

 今は調整のような推移をしていますが、今後も期待感から大きく崩れることはないと思いますので、株式は押し目買いのトレードがいいのではないかと考えています。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:TradingView

■今週の最注目は、イエレン氏の指名承認公聴会

 今週(1月18日~)のイベントとしては、19日(火)に、新財務長官に指名されたイエレン氏の承認公聴会、20日(水)にバイデン新大統領の就任式、21日(木)にはECB(欧州中央銀行)理事会とラガルドECB総裁の記者会見があります。

 ECB理事会は無風通過だと思いますので、重要なのはイエレン氏の承認公聴会と、バイデン新大統領の就任式になります。

 WSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)によると、イエレン氏は公聴会で、「米ドル安を目指さない、通貨の価値は市場によって決定されるべき」と述べる見通しだと報道されています。

【参考記事】
イエレン氏、ドル安を目指さない方針明言へ(WSJ)(外部サイトに遷移します)

イエレン財務長官候補

1月19日に行われる米財務長官の指名承認公聴会で、米ドル安を目指さない方針を明言する見通しであることが伝わっている前FRB議長のジャネット・イエレン氏 (C) Bloomberg/Getty Images

 これを受けて、やや米ドル高に推移していましたが、通貨の価値が市場によって決定されるのは当たり前でもあるため、為替市場への影響はほとんどない状態です。

 ただ、バイデン新大統領の就任式では、共和党との橋渡し役として、イエレン氏がどの程度うまくできるのか、それが注目されるポイントだと思います。

 1.9兆ドル規模の財政出動も、実際には1兆ドル程度になるのではないか、との予想もあり、実現はイエレン新財務長官の手腕にもかかってきます。

■米長期金利は上昇、資金は海外から米国へ

 今後に関しては、市場の注目は米長期金利になり、これが一服していることもあって、他の金融市場も調整しやすい状況だと思います。

 ただバイデン次期大統領の財政政策からは、米長期金利は今後、上昇していくものと思います。

米長期金利(10年物国債利回り) 週足
米長期金利(10年物国債利回り) 週足チャート

(出所:TradingView

 インフラ投資などもあり、海外から米国へ資金が流れることも考えられます。

【参考記事】
米ドル/円は目先、105円を狙う動きに期待! 「株高・米ドル安」は止まり、資金は米国へ(1月12日、バカラ村)

 そのため、米ドルが下がったところでは、米ドル買いが出てきやすいと思います。

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足チャート

(出所:TradingView

 IMM(国際通貨先物市場)における投機筋のポジションも、さらに米ドル売りに偏ってきています。

 このポジションも、まだ巻き戻されるのではないかと考えています。

■トレードは米ドルの押し目買い方針で

米ドル/円は、104.40円で上昇が止まりましたが、大きくは102.50~105円のレンジでの押し目買い。

【参考記事】
米ドル/円は目先、105円を狙う動きに期待! 「株高・米ドル安」は止まり、資金は米国へ(1月12日、バカラ村)
【2021年の見通し】米ドル/円、目先は97円。その後、年末に向けて110円へ上昇の可能性(2020年12月22日、バカラ村)

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

ユーロ/米ドルも、MACDなどがダイバージェンスしており、戻り売りのトレードでいいのではないかと考えています。

【参考記事】
米追加経済対策に絡むサプライズ報道で米ドル反発。 ユーロ/米ドルは戻り売りで(1月14日、西原宏一)
FX初心者のための基礎知識入門:MACD
FX初心者のための基礎知識入門:ダイバージェンス

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

英ポンド/米ドルは、1月12日(火)にベイリーBOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])総裁が「マイナス金利には多くの問題がある」と、導入には否定的な発言をしたため、1.3700ドル付近まで上昇しましたが、こちらも戻り売りでいいのではないかと考えています。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

 投機筋のポジションが米ドル売りに偏っていることや、米国へ資金が流れる可能性から、米ドルの押し目買いで考えています。


【注目情報】

バカラ村の2022年上半期トレード実績大公開! 動乱の為替相場でも810pipsを獲得した、低リスクで高効率のトレードテクニックとは?(2022年07月25日/FX情報局)

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

バカラ村のFXトレード日報!

ロビンスカップ・ジャパンFX2017(Robbins World Trading Championship)優勝で高い実力を見せつけたカリスマ個人トレーダー・バカラ村氏。彼の相場予測&トレードが毎日配信される、有料メルマガ「バカラ村のFXトレード日報!(月額:5,060円(税込))」はザイFX!がお届けしている有料メルマガです。

「バカラ村のFXトレード日報!」では個人トレーダー目線で初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスや相場分析などを、メルマガでご覧いただけます。

「バカラ村のFXトレード日報!」は、登録後10日間は無料解約可能なので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事
トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る