ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル相場とても堅調で高値警戒感もなし、
イベントないがやはりドル金利がキーに

2021年03月09日(火)15:05公開 (2021年03月09日(火)15:05更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 週末にサウジアラビアの石油施設がドローン攻撃を受けたということで、週明けの原油相場は急上昇して始まった。先週は66ドル台で高値引けしていたのに、さらに上伸し68ドル台に届かんとするレベルまで押し上げられた。しかしサウジ当局は早々に石油生産に支障はないほどの被害だと公表しているのに、そのニュースには反応しなかった。ちびっこディーラーのような向きが、高いところを買いたくて仕方がなかったのだろう。

 それに合わせる形で東京オープン前のグローベックスセッションでは、米国株がリスクオンということで大きく上昇し、日経先物も29500円近くまで伸びた。しかし実体があまりにもない動きだったので、日本株はすぐに腰折れした。

 日経先物は欧州序盤までには、トップから900円幅の下落を演じたのだ。これには米長期金利の上昇もかかわっている。米債10年ものの利回りはニューヨークオープン前に1.61%台まで高騰し、再び企業コストが意識されることとなった。

 この間、ドル相場は実に堅調。長期金利の上昇が短期金利の上昇をももたらすのを期待してのジワジワとした上げ方だった。ドル円は108円台の中盤を超えてきても、あまり高値警戒感はわいてこない。ユーロドルも1.18台になっていても、とくに買い急ぐような動きも見られない。スピードがない分だけ、今回のドル相場上昇には、かなり深刻なものが潜んでいるのかもしれない。

 その後は米国株は一応の落ち着きを示したようだ。カリフォルニア州の制限緩和に伴ってディスニーランドが再開されるのではないかとの思惑から、ディズニー株が大幅上昇し、ダウ平均を史上最高値に押し上げた。またCDC発表によると、国内でのワクチン接種者が8千万人を越えたとのこと。

 昨日は米国債先物が今年の最安値圏で引けている。通常であれば、かなり値を戻して引けるところなのだが、そこだけが違うのである。つまりいつでも長期金利の上昇がマーケットを揺るがす契機になりうるということ。今晩は経済イベントが少ないが、ドル金利の動向に振らされることになるだろう。


日本時間 15時00分

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る