ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルは1.39台も目前!
ますます高まる米への緩和期待

2010年10月06日(水)19:17公開 (2010年10月06日(水)19:17更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日の海外市場ではユーロの上昇が際立った。フランスの財務相がユーロへのダイバーシファイを訴えたこともあったようだ。ニューヨーク市場がスタートする前くらいまでは、ユーロドルは1.37台の後半でウロウロしていたのだが、一気に買い戻されて、ロスカットを誘発していった。ユーロの材料が出たのに、どうしようかと私はなかなか手が出なかった。ドル円の安値攻めが気になってしまうのだ。

 しかしユーロポンドなどは急騰している。日銀のゼロ金利への行動がサプライズだったこともあり、さらにFRB(米連銀)への追加緩和への期待が高まってきている。米国株も好調にスタートし、さらにとても堅調な様相になってきた。ドル円の下落も時間の問題だとは思うが、介入への警戒感もあるので歩みはのろいはずだ。そうなるとユーロ円も115円も吹きあがってきそうだ。

 ドル円の安値更新に参加したいということはちょっと脇に置いて、ユーロ円ロングで臨むことにした。成行きで買ったら114.85だった。ロスカット注文を114.50に置いた。115円台にはすぐに上がってきたが、今度はドル円が82円台に突入してきた。米国株が高値追いのうちは大丈夫とは思ったが、下に走れずにいるドル円が何かのきっかけで走り始めると怖いなぁという気もしてきて、結局は115円台前半ですぐに止めてしまった。だがドル円はニューヨーク時間を通じて、20ポイントも動かないような情けない始末となった。

 今日になってドル円はアジア市場では83円割れを試みるような局面もあり、欧州市場に入ってからは、昨日の安値付近まで下落してきている。しかしあまりマーケットに緊張感はない。それは肝心の株式市場が高値攻めをしているからであって、このような状況では強いて為替介入をする必要性がないからだ。さらにこのところ日本政府の介入を牽制(けんせい)するような発言も相次いでいる。

 今晩はADPのデータが出る。予想では2万人くらいの増加となっているが、多少のズレだけでは、現在の相場の流れを変えることは難しいだろう。日本に続いてアメリカも追加の金融緩和が期待されてもいるので、もう良いほうに出ても、悪いほうに出ても、株高・債券高がおさまりそうもないからである。
 どうもドル円は83.00から84.00までの狭いレンジに固まってしまっているが、上サイドが抑えつけられるのは為替相場の全体がドル安の流れであることによる。また下サイドが攻めきれないのは、日銀の介入警戒感からである。ここはひとつレンジ相場と決めつけて、ストップ注文は新安値である82.80で置いてドル円が83円台のローで買ってみて、84.00に向かっては利食いを施すというのも手だ。

 ドル円のショートについては、新安値を更新して1日だけ値動きを観察してから、売り込んでいくかどうかを決めるという方針で相場に臨もうと思う。どちらかのレンジブレークは雇用統計のときになるのか、それとも来週のFOMCになるのかはわからないが、しばらくは機械的にテクニカルに攻めたほうが無難なのかもしれない。


日本時間 19時00分

取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
田向宏行 jfx記事 CFD口座おすすめ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る