ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

割高感が否めない日本株の急上昇、
リスク回避に備えユーロ円ショート攻めか

2021年09月13日(月)15:39公開 (2021年09月13日(月)15:39更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 アメリカのPPIは予想よりも大きめの結果となったが、コア部分が低めに出たのでマーケットは大きくは反応しなかった。ドル金利はやや上昇したものの、それがドル相場に影響を与えるほどの動きではなかった。ドル円もユーロドルも20ポイントほどしか動かなかった。

 ドル外レートは動かなかったものの、ユーロ円はリスク動向に合わせてわかりやすい動きをした。欧州序盤ではユーロ円に猛烈な買いが入った。これは米中の電話会談が行われて、関係改善が図られることを好感したリスクテークであったろう。欧州株も大いにわいて、ナイトセッションでの日経先物も大きく上がった。しかしニューヨーク時間では米国株の軟調さが際立ってきて、ユーロ円は下げる一方の展開となった。

 先週は米国株が5日続落となって、先週はずっと下げ続けたことになる。S&P指数でトップからは100ポイント近く、ダウ平均でも1000ポイント近くは下がっているので、どちらも3%強の値下がりを演じたことになる。コロナ感染は大きく取り沙汰されることは少なくなったが、依然としてタリバン政権などの地政学的なリスクがくすぶっている。

 米国内的には巨額なインフラ投資法案に対して民主党内での対立意見も先鋭化してきたのも、マーケットの足を引っ張っている。またミクロにはトヨタやGMといった大手自動車が半導体不足のため大幅な減産を強いられそうだという報道がされ、それが今後の経済回復の中でも悪影響を及ぼし続けるのではないかかとの悲観的な見方も出てきたからだ。

 その一方で日本株は好調さを示した。先週で日経平均株価は1000円ほど上がり、TOPIXも100ポイントほども上がっている。つまり3%の値上がりとなっているのだ。これは自民党総裁選への期待という日本固有の問題だと解釈できる。海外情勢通りに株価が動けば、日経平均はとうに28500円を下回っているべき段階なのに、それよりも2000円以上も割高になっていると考えなければならない。

 アップルもアプリ問題で訴訟され、収益に大きく影響が出そうだ。マーケットのいっそうのリスク回避には注意をしたいところ。ドル円はそんなにも落ちないで、下がっても108円台に片足を突っ込むだけかもしれない。しかしユーロ円のほうはもうちょっと下げ幅を期待できそうだ。目標は前回の押しの127円台の後半となる。

日本時間 15時00分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
jfx記事 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る