ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

共和党の圧勝シナリオで動いてきたがドル相場も反転、
今晩は大注目の米CPIだが関心が高過ぎ?

2022年11月10日(木)15:02公開 (2022年11月10日(木)15:02更新)
持田有紀子

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

 中間選挙は共和党が圧勝するものと思われていた。それほどバイデン政権が不人気だと見られたからだ。それによって財政支出の膨張は止み、ウクライナ支援やコロナ関連の補助金が制限されるようなものだと考えられた。

 それでインフレの高騰は止むだろうという流れで今週のマーケットは動いてきたのだが、欧州時間になってどうやらそうではないらしいとの見方が出てきた。確かに下院では共和党が多数となる模様だが、思ったほど圧勝ではなさそうなのだ。それで相場には反動となって現われたのだ。

 ドル売りは出てくるものの、それをこなしてドルの買い戻しが強まった。ユーロドルは久しぶりにパリティ割れも見せた。そしてドル円はとうとう145円台を割り込むことはなく、ここ最近のコアレンジある144円から149円の中に踏みとどまった。ドル金利も低下がストップし、米国株は激しく反落した。トランプ氏も選挙結果には不満のようだ。

 私は選挙動向と関係なくドルブルだったので、ドルの押し目は拾おうと思っていた。とくにドル円の145円台の前半は前日の安値件でもあり、その辺があれば買ってみたいと思っていた。運良くアジア時間でドル円は下押し。145.30で拾うことができた。それでも連日の胃パターンでは欧州時間に入ってからドル相場は一段安している。とても気が抜けない。

 しかし前述の通り選挙結果が予想を裏切る形となったので、、ドルは反転・上昇へと向かった。私は選挙前に2日連続でドルロングでやられたが、その分を取り返しておつりが来るほどだった。146円台で利食い売りはしたものの、再び買おうと思って身構えた。

  だがその後の押しは145円台に軽く突入するくらいで、深押しはなかった。そう都合よく相場が動いてくれるものでもない。でもこれでドルは買って行ってもいいのだと確信に近いものを持った。

 今日はCPIである。市場の関心が高過ぎて、あまり思ったほど動かないかもしれない。前回よりも低めになるとの予想が出ているが、選挙結果に対して素直に反応しきれるかどうか不明だからである。

日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

使いやすい取引環境の【LIGHT FX】

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る