ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

新たな材料を欲してパウエル発言で上下に振れる、
ドル全面安とはなったがちょっと過剰な反応か

2022年12月01日(木)15:10公開 (2022年12月01日(木)15:10更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 パウエル議長の講演が行われた。内容は前回のFOMC後の会見で述べたものと同じであった。同じなのは当然で、公的な最大なイベントFOMC以上のものが民間主催の講演会で出てくるわけがない。

 もうちょっとインフレ沈静化の確証が欲しいとしながらも、ターミナルレートは9月時予想よりももっと高いだろうとした。しかし12月の会合では利上げ幅の縮小もあり得ると指摘したことが、過大に評価された。

 マーケットではすでに12月利上げは50ベーシスポイントであるとカ前に織り込んでいるのに、それが確認できたからといって、さらにドル金利の低下や大幅な株高をもたらしたというのは、行きすぎの感をいなめない。予想外ということではなかったからだ。それだけ市場の方が何か新規な材料を求めていたということなのだろう。

 ドル円はパウエル議長の発言の前までは、140円台に乗せようかとの勢いだった。それが137円台のミドルまで後退。ここ最近のコアレンジを外していないものの、上に下にと激しい値動きの展開となった。ユーロドルもおおむねドルとしてはドル円と同じような動きで、ニューヨーククローズまでには1.04台に乗せてきた。

 今日のアジア時間になって、ドル円はやや下抜け。137円台の前半まで攻め込んだ。パウエル議長の発言に乗っておけといった追随型のドル売りが加勢したものと思われる。しかし短期的にドルショートにするのはよいが、ドル相場の反転の兆しを見つけ出すためにはインフレ関係の材料が乏しすぎる。すくなくとも週末の雇用統計も見たいところである。


日本時間 15時00分

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

人気の1000通貨自動売買『iサイクル注文』

外為オンライン

特別に3000円と書籍『月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門改訂版』プレゼント!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
トレーディングビュー記事 jfx記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る