ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

みんなのFXは当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!詳しくはこちら!

FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
バックナンバー
羊飼い 羊飼い

10月25日(水)■『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『米国の金融政策への思惑(来週にFOMC)』と、そして『明日にユーロ圏の金融政策の発表を控える点』に注目!

2023年10月25日(水)07:07公開 [2023年10月25日(水)07:07更新]

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!


本日の為替相場の焦点は、『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『米国の金融政策への思惑(来週にFOMC)』と、そして『明日にユーロ圏の金融政策の発表を控える点』にあり。

【外為どっとコム】FXレポートや億トレーダーのインタビューが満載!マネ育ch

10月25日(水)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&影響度)
市場
予想値
前回
発表値
五十日(25日)
米国の決算発表が相次ぐ→ヒルトン、ムーディーズ、ボーイング、IBM、ロイズ、メタプラットフォームズ、サービスナウ、Tモバイル、その他
・明日以降の注目材料(今週)
↓明日26日(木)→ユーロ圏のECB金融政策発表、米国の四半期GDP[速報値]、アマゾンの決算
↓27日(金)→月末スポット応当日、米国のPCEデフレーター
09:30 オーストラリア 豪)第3四半期消費者物価指数
[前期比/前年比]
 
+1.1% +0.8%
+5.3% +6.0%
オーストラリア 豪)消費者物価指数
 
+5.4% +5.2%
14:00 日本 日)景気先行CI指数【確報値】
 
- 109.5
日本 ↑・景気一致CI指数【確報値】 - 114.3
16:00 トルコ ト)景気動向指数
 
- 105.1
トルコ ト)設備稼働率
 
- 77.3%
17:00 ドイツ 独)IFO景況指数
 
85.9 85.7
ドイツ ↑・IFO現況指数 88.5 88.7
ドイツ ↑・IFO景気期待指数 83.5 82.9
20:00 米国 米)MBA住宅ローン申請指数
 
- -6.9%
23:00 カナダ 加)BOC政策金利声明発表
 
5.00%
据え置き
5.00%
据え置き
米国 米)新築住宅販売件数
 
68.0万件 67.5万件
23:30 米国 米)週間原油在庫
 
- -449.1万
24:00 カナダ 加)マックレムBOC総裁の記者会見
 
要人発言
26:00 ユーロ圏 欧)ラガルドECB総裁の発言
 
要人発言
米国 米)5年債入札
 
520億ドル
29:35 米国 米)パウエルFRB議長の発言(金融政策に関する発言なし)
 
要人発言
米株
引け後
米国 米)メタ・プラットフォームズ決算
 
大手金融決算

07:00
オーストラリア 豪)ブロックRBA総裁の発言
 
要人発言
文字が、普通→太字→赤色太字の順番で重要なものになる。ピンク太字は金融政策関連のもの。
ピンクのバックは米国の材料でオレンジは金融政策関連、黄は要人発言、緑は企業の決算を表す。
重要ランク
について
米国の経済指標は
SS→S→AA→A→BB→B→Cの7段階で表記
その他の経済指標は
◎→○→△→×の4段階で表記
当コンテンツについての
免罪事項・ご利用上注意点
15時~20時に市場予想値(コンセンサス)の最新の数値をチェックし、更新した数値は赤字で表記


米国の経済指標及びイベントは、
・23時00分:米)新築住宅販売件数
・23時30分:米)週間原油在庫
・26時00分:米)5年債入札
・29時35分:米)パウエルFRB議長の発言(金融政策に関する発言なし)
・米株引後:米)メタ・プラットフォームズ決算
に注目が集まる。

米国以外では、
・09時30分:豪)第3四半期消費者物価指数
・09時30分:豪)消費者物価指数
・17時00分:独)IFO景況指数
・23時00分:加)BOC政策金利声明発表
・24時00分:加)マックレムBOC総裁の記者会見
・26時00分:欧)ラガルドECB総裁の発言
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
五十日(25日)
米国の決算発表が相次ぐ→ヒルトン、ムーディーズ、ボーイング、IBM、ロイズ、メタプラットフォームズ、サービスナウ、Tモバイル、その他
・明日以降の注目材料(今週)
↓明日26日(木)→ユーロ圏のECB金融政策発表、米国の四半期GDP[速報値]、アマゾンの決算
↓27日(金)→月末スポット応当日、米国のPCEデフレーター
・来週に、FOMC金融政策の発表(11月1日)、日銀金融政策の発表(10月31日)、米国の雇用統計の発表(11月3日)など数多くの注目材料を控える
・金融政策の発表(今週23日~27日)→トルコ(26日)、ユーロ圏(26日)、カナダ(25日)の金融政策の発表を予定
・米国の経済指標の発表(今週23日~27日)→製造業PMI&非製造業PMI(24日)、四半期GDP[速報値](26日)、PCEデフレーター(27日)に注目が集まる
・FRB高官の発言(今週23日~27日)→ブラックアウト期間中で金融政策に関する発言なし
・米国の主要企業の決算発表(本格化)→アルファベット、マイクロソフト、メタ、アマゾン他、注目度の高い企業が目白押し
・米国の国債利回りの動向
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米ドル、日本円、ユーロの方向性
・米国の金融政策への思惑(次回金融政策発表は来週11月1日に予定)
・注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は製造業PMI、四半期GDP[速報値]、PCEデフレーターに注目が集まる)
・日本による円安牽制や為替介入(引き続き150円手前にあるため要注意)
・ユーロ圏の金融政策への思惑(次回金融政策発表は今週10月26日)
・日本の金融政策への思惑(次回金融政策発表は来週10月31日)
・金融当局者や要人による発言(FRB高官はブラックアウト期間中、日本による円安牽制発言にも注意)
・イスラエル・パレスチナ情勢
・10月月末間近(週末10月27日が月末スポット応当日)
・米国の政府機関一部閉鎖問題(10月1日に一応の回避も11月に再度期限あり)
・米国のインフレの動向(経済指標や要人発言などで今後への思惑高まる)
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・中国による人民元安阻止のための為替政策
・米国のリセッション入り懸念
などが重要となる。

★★★

本日は、25日の五十日で、カナダの金融政策の発表が行われる。

本日の米国の経済指標は、新築住宅販売件数がメイン。
一方、経済指標以外のイベントでは、5年債の入札週間原油在庫の公表の他、メタ・プラットフォームズの決算パウエルFRB議長の発言(金融政策に関する発言なし)が予定されている。

また、明日26日(木)にはユーロ圏のECB金融政策発表、米国の四半期GDP[速報値]、アマゾンの決算、27日(金)に月末スポット応当日、米国のPCEデフレーターを控える。

今週の為替相場は、週明けこそ米ドル売りの流れが優勢となったが、昨日の欧米市場では米ドル買いの流れが優勢に。ドル円は一時149円半ばまで下落したが結局149円後半まで上昇し、ユーロドルは一時1.06後半まで上昇した後に1.05後半まで反落している。

本日は、主要な株式市場及び米国債利回りの動向米国の金融政策への思惑(来週11月1日に金融政策発表)日本による円安牽制や為替介入(150円手前で介入警戒感高まる)米ドル・日本円・ユーロの方向性ユーロ圏の金融政策への思惑(明日10月26日に金融政策発表)が重要となる。
その他、注目度の高い米国の経済指標の発表(明日に四半期GDP[速報値]、明後日にPCEデフレーター)イスラエル・パレスチナ情勢相次ぐ米企業の決算発表(本日にメタ)日本の金融政策への思惑(来週10月31日に金融政策発表)などにも注意したい。


■□■本日のトレード用のエサ(羊飼いの見解)■□■(※毎日更新)

・09時30分:豪)第3四半期消費者物価指数
・09時30分:豪)消費者物価指数
→発表での豪ドルへの影響は非常に大きなモノになりやすい

・23時00分:加)BOC政策金利声明発表
・24時00分:加)マックレムBOC総裁の記者会見
→まずは内容次第も、今後の金融政策への思惑もありカナダドルが大きく動きやすい

・26時00分:欧)ラガルドECB総裁の発言
→明日にユーロ圏の金融政策の発表を控えて、注目度は高い

・23時00分:米)新築住宅販売件数
・23時30分:米)週間原油在庫
・26時00分:米)5年債入札
・29時35分:米)パウエルFRB議長の発言(金融政策に関する発言なし)
・米株引後:米)メタ・プラットフォームズ決算
→来週にFOMCを控えての方向性を見極めたい局面


10月23日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
来週に、FOMC金融政策の発表(11月1日)、日銀金融政策の発表(10月31日)、米国の雇用統計の発表(11月3日)など数多くの注目材料を控える
金融政策の発表(今週23日~27日)→トルコ(26日)、ユーロ圏(26日)、カナダ(25日)の金融政策の発表を予定
米国の経済指標の発表(今週23日~27日)→製造業PMI&非製造業PMI(24日)、四半期GDP[速報値](26日)、PCEデフレーター(27日)に注目が集まる
FRB高官の発言(今週23日~27日)→ブラックアウト期間中で金融政策に関する発言なし
米国の主要企業の決算発表(本格化)→アルファベット、マイクロソフト、メタ、アマゾン他、注目度の高い企業が目白押し
米国の国債利回りの動向
主要な株式市場(米国中心)の動向
米ドル、日本円、ユーロの方向性
米国の金融政策への思惑(次回金融政策発表は来週11月1日に予定)
注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は製造業PMI、四半期GDP[速報値]、PCEデフレーターに注目が集まる)
日本による円安牽制や為替介入(引き続き150円手前にあるため要注意)
ユーロ圏の金融政策への思惑(次回金融政策発表は今週10月26日)
日本の金融政策への思惑(次回金融政策発表は来週10月31日)
金融当局者や要人による発言(FRB高官はブラックアウト期間中、日本による円安牽制発言にも注意)
イスラエル・パレスチナ情勢
10月月末間近(週末10月27日が月末スポット応当日)
米国の政府機関一部閉鎖問題(10月1日に一応の回避も11月に再度期限あり)
米国のインフレの動向(経済指標や要人発言などで今後への思惑高まる)
原油と金を中心とした商品市場の動向
中国による人民元安阻止のための為替政策
米国のリセッション入り懸念

特に注目すべきイベント(今週)
FRB高官ブラックアウト期間入り(~11月2日)
・23日(月)
特になし
・24日(火)
英国の雇用統計(先週から延期)
ユーロ圏と英国のPMI[速報値](製造業&非製造業)
米国のPMI[速報値](製造業&非製造業)
アルファベットの決算
マイクロソフトの決算
・25日(水)
オーストラリアの消費者物価指数
カナダのBOC金融政策発表
メタの決算
・26日(木)
ユーロ圏のECB金融政策発表
米国の四半期GDP[速報値]
アマゾンの決算
・27日(金)
月末スポット応当日
米国のPCEデフレーター

■来週の注目材料
・31日
日銀金融政策発表
・11月1日
ADP雇用統計
ISM製造業指数
JOLTS求人
FOMC金融政策発表
・11月3日
日本の東京消費者物価指数
雇用統計
ISM非製造業指数

今日の羊飼いの相場観や戦略 これからどっちに動く!?
米ドル/円は?
中期トレンド短期トレンド直近トレンド

押し目買いを回転


ユーロ/米ドルは?
中期トレンド短期トレンド直近トレンド

明日にECB金融政策の発表を控える為、様子見



★☆>>>更に詳しい内容は羊飼いのFXブログでどうぞ!

 

「トルコリラ/円」のスワップポイントランキング!
約30のFX口座を調査して比較。お得なキャンペーン情報も掲載中。

FXのキャンペーンおすすめ10選!キャッシュバックがもらえる条件が簡単なFX会社や、「ザイFX!」限定のお得なキャンペーンを厳選して紹介
FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
羊飼い (ひつじかい)

FX情報満載の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」を運営する凄腕ブロガー。日本ではまだFXが一般的でなかった2001年からFXのトレードを続けている。このコーナーはそんな羊飼いが今日発表される重要経済指標をズバリ解説!

FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

現金がもらえる!

外為どっとコム[外貨ネクストネオ]

無料オンラインセミナーは初心者に人気!口座開設者向けキャンペーンも充実!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 人気FX会社ランキング
経済指標速報記事 CFD口座おすすめ比較 人気FX会社ランキング
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム






ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)