ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

【外為どっとコム】ザイFX!限定で現金がもらえるキャンペーン実施中!

FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
バックナンバー
羊飼い 羊飼い

10月30日(月)■『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『月末要因(明日が10月月末最後)』、そして『明日に日銀金融政策発表、明後日にFOMC金融政策発表を控える点』に注目!

2023年10月30日(月)07:06公開 [2023年10月30日(月)07:06更新]

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!


本日の為替相場の焦点は、『主要な株式市場及び米国債利回りの動向』と『月末要因(明日が10月月末最後)』、そして『明日に日銀金融政策発表、明後日にFOMC金融政策発表を控える点』にあり。

【ヒロセ通商】通常5000円+乗り換え2000円に加えて、ザイFX!限定4000円!

10月30日(月)の為替相場の注目材料 指標ランク
(注目度&影響度)
市場
予想値
前回
発表値
週明け(欧州・英国は冬時間へ移行→ロンドンフィキシングは25時に、米国は来週から)
五十日(30日)
月末間近(明日31日が10月月末での最後の営業日)
米国の決算発表が相次ぐ→マクドナルド、グッドイヤー、ピンタレスト、HSBC、他
・明日以降の注目材料(今週)
↓明日10月31日(火)→10月月末最後、日本の日銀金融政策発表(植田日銀総裁の記者会見も)
↓明後日11月1日(水)→11月入り、米国のADP雇用統計、米国のISM製造業指数、米国のJOLTS求人、米国のFOMC金融政策発表(パウエルFRB議長の記者会見も)
↓11月2日(木)→英国のBOE金融政策発表(ベイリーBOE総裁の記者会見も)、アップルの決算
↓11月3日(金)→カナダの雇用統計、米国の雇用統計、米国のISM非製造業指数
09:30 オーストラリア 豪)小売売上高
 
+0.3% +0.2%
16:00 トルコ ト)経済信頼感
 
- 95.4
17:00 スイス ス)KOF先行指数
 
95.0 95.9
18:00 ドイツ 独)第3四半期GDP【速報値】
[前期比/前年比]
 
-0.2% ±0.0%
-1.0% -0.6%
18:30 英国 英)住宅ローン承認件数
 
45.0千件 45.4千件
英国 英)消費者信用残高
 
+14億 +16億
英国 英)住宅証券融資高
 
+10億 +12億
英国 英)マネーサプライM4
[前月比/前年比]
 
- +0.2%
- -0.8%
21:00 南アフリカ 南ア)財政収支
 
-121億 -473億
22:00 ドイツ 独)消費者物価指数【速報値】
[前月比/前年比]
 
+0.2% +0.3%
+4.0% +4.5%
23:30 米国 米)ダラス連銀製造業活動指数
 
- -18.1
- 米国 米)注目度の高い経済指標の発表はない
 
- -

06:45
ニュージーランド NZ) 住宅建設許可
 
- -6.7%
文字が、普通→太字→赤色太字の順番で重要なものになる。ピンク太字は金融政策関連のもの。
ピンクのバックは米国の材料でオレンジは金融政策関連、黄は要人発言、緑は企業の決算を表す。
重要ランク
について
米国の経済指標は
SS→S→AA→A→BB→B→Cの7段階で表記
その他の経済指標は
◎→○→△→×の4段階で表記
当コンテンツについての
免罪事項・ご利用上注意点
15時~20時に市場予想値(コンセンサス)の最新の数値をチェックし、更新した数値は赤字で表記


米国の経済指標及びイベントは、
注目度の高いものの発表はない。
本日→注目度の高い米国の経済指標の発表はない

米国以外では、
・09時30分:豪)小売売上高
・18時00分:独)第3四半期GDP【速報値】
・22時00分:独)消費者物価指数【速報値】
に注目が集まる。

経済指標及び要人発言以外では、
週明け(欧州・英国は冬時間へ移行→ロンドンフィキシングは25時に、米国は来週から)
五十日(30日)
月末間近(明日31日が10月月末での最後の営業日)
・明日以降の注目材料(今週)
↓明日10月31日(火)→10月月末最後、日本の日銀金融政策発表(植田日銀総裁の記者会見も)
↓明後日11月1日(水)→11月入り、米国のADP雇用統計、米国のISM製造業指数、米国のJOLTS求人、米国のFOMC金融政策発表(パウエルFRB議長の記者会見も)
↓11月2日(木)→英国のBOE金融政策発表(ベイリーBOE総裁の記者会見も)、アップルの決算
↓11月3日(金)→カナダの雇用統計、米国の雇用統計、米国のISM非製造業指数
・金融政策の発表(今週30日~11月3日)→日本(31日)、英国(2日)、米国(1日)の金融政策の発表
・米国の経済指標の発表(今週30日~11月3日)→ADP雇用統計、ISM製造業指数、JOLTS求人、雇用統計、ISM非製造業指数と、注目度の高いもの目白押し
・FRB高官の発言(今週30日~11月3日)→FOMC直前でブラックアウト期間
・米国の主要企業の決算発表(ピーク)→11月2日にアップル他、注目度の高い企業が目白押し
・10月の月末要因(10月31日が10月月末での最後の営業日)
・11月の月初め要因(11月1日が11月月初めでの最初の営業日)
・米国の国債利回りの動向
・主要な株式市場(米国中心)の動向
・米ドル、日本円、ユーロの方向性
・米国の金融政策への思惑(次回金融政策発表は明後日11月1日)
・日本の金融政策への思惑(次回金融政策発表は明日10月31日)
・注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は週末の雇用統計を中心に目白押し)
・金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMCに向けたブラックアウト期間中、日本による円安牽制発言にも注意、FOMC金融政策発表後のパウエル議長の会見や日銀金融政策発表後の植田総裁の会見もあり)
・日本による円安牽制や為替介入(引き続き150円前後にあり、日銀金融政策発表もあるため要注意)
・イスラエル・パレスチナ情勢
・ユーロ圏の金融政策への思惑(先週10月26日に金融政策の発表を消化済み)
・米国の政府機関一部閉鎖問題(10月1日に一応の回避も11月に再度期限あり)
・米国のインフレの動向(経済指標や要人発言などで今後への思惑高まる)
・原油と金を中心とした商品市場の動向
・米国のリセッション入り懸念
などが重要となる。

★★★

本日は、週明けかつ30日の五十日で、明日31日が10月月末での最後の営業日でもある。

本日の米国の経済指標は、注目度の高いものの発表はない。
一方、経済指標以外のイベントも、特に予定されていない。

また、明日10月31日(火)には10月月末最後、日本の日銀金融政策発表(植田日銀総裁の記者会見も)、11月1日(水)に11月入り、米国のADP雇用統計、米国のISM製造業指数、米国のJOLTS求人、米国のFOMC金融政策発表(パウエルFRB議長の記者会見も)、11月2日(木)に英国のBOE金融政策発表(ベイリーBOE総裁の記者会見も)、アップルの決算、11月3日(金)にカナダの雇用統計、米国の雇用統計、米国のISM非製造業指数を控える。

先週の為替相場は、週明けの米ドル売りに傾いた後は結局米ドル買いの流れが優勢となったが、週末には日本円買いの流れが強まる展開に。ドル円は150円乗せ後に150円後半まで続伸したが→その後149円半ばまで下落して、ユーロドルはECB金融政策発表もあり→1.05前半まで下落後→1.05半ば~後半での揉み合いとなった。

週明けの為替相場は、先週末の終値と同レベルでスタートしている。

本日は、主要な株式市場及び米国債利回りの動向米国の金融政策への思惑(明後日11月1日に金融政策発表)日本による円安牽制や為替介入(150円前後で介入警戒感高まる)日本の金融政策への思惑(明日10月31日に金融政策発表)月末要因(明日31日が10月月末最後)が重要となる。
その他、注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は週末の雇用統計を中心に目白押し)金融当局者や要人による発言(FRBはブラックアウト期間、日本による円安牽制発言にも注意、FOMC発表後のパウエル会見や日銀発表後の植田会見も)米ドル・日本円・ユーロの方向性イスラエル・パレスチナ情勢相次ぐ米企業の決算発表(今週アップルあり)ユーロ圏の金融政策への思惑(先週10月26日に金融政策発表を消化済み)などにも注意したい。


■□■本日のトレード用のエサ(羊飼いの見解)■□■(※毎日更新)

・09時30分:豪)小売売上高
→注目度はそれなりにある

本日→注目度の高い米国の経済指標の発表はない
→明後日にFOMC結果発表を控える


10月30日~の週の為替相場の焦点(ユーロドル及びドル円中心)
金融政策の発表(今週30日~11月3日)→日本(31日)、英国(2日)、米国(1日)の金融政策の発表
米国の経済指標の発表(今週30日~11月3日)→ADP雇用統計、ISM製造業指数、JOLTS求人、雇用統計、ISM非製造業指数と、注目度の高いもの目白押し
FRB高官の発言(今週30日~11月3日)→FOMC直前でブラックアウト期間
米国の主要企業の決算発表(ピーク)→11月2日にアップル他、注目度の高い企業が目白押し
10月の月末要因(10月31日が10月月末での最後の営業日)
11月の月初め要因(11月1日が11月月初めでの最初の営業日)
米国の国債利回りの動向
主要な株式市場(米国中心)の動向
米ドル、日本円、ユーロの方向性
米国の金融政策への思惑(次回金融政策発表は今週11月1日)
日本の金融政策への思惑(次回金融政策発表は今週10月31日)
注目度の高い米国の経済指標の発表(今週は週末の雇用統計を中心に目白押し)
金融当局者や要人による発言(FRB高官はFOMCに向けたブラックアウト期間中、日本による円安牽制発言にも注意、FOMC金融政策発表後のパウエル議長の会見や日銀金融政策発表後の植田総裁の会見もあり)
日本による円安牽制や為替介入(引き続き150円前後にあり、日銀金融政策発表もあるため要注意)
イスラエル・パレスチナ情勢
ユーロ圏の金融政策への思惑(先週10月26日に金融政策の発表を消化済み)
米国の政府機関一部閉鎖問題(10月1日に一応の回避も11月に再度期限あり)
米国のインフレの動向(経済指標や要人発言などで今後への思惑高まる)
原油と金を中心とした商品市場の動向
米国のリセッション入り懸念

特に注目すべきイベント(今週)
FRB高官ブラックアウト期間入り(~11月2日)
英国・欧州は冬時間入り(ロンドンフィキシングは25時)
・10月30日(月)
特になし
・10月31日(火)
10月月末最後
日本の日銀金融政策発表(植田日銀総裁の記者会見も)
・11月1日(水)
11月入り
米国のADP雇用統計
米国のISM製造業指数
米国のJOLTS求人
米国のFOMC金融政策発表(パウエルFRB議長の記者会見も)
・11月2日(木)
英国のBOE金融政策発表(ベイリーBOE総裁の記者会見も)
アップルの決算
・11月3日(金)
カナダの雇用統計
米国の雇用統計
米国のISM非製造業指数

今日の羊飼いの相場観や戦略 これからどっちに動く!?
米ドル/円は?
中期トレンド短期トレンド直近トレンド

週明けの為、まずは今週の方向性を見極めたい


ユーロ/米ドルは?
中期トレンド短期トレンド直近トレンド

週明けの為、まずは今週の方向性を見極めたい



★☆>>>更に詳しい内容は羊飼いのFXブログでどうぞ!

 

【ドル/円】のスプレッドをランキングで比較。約40口座の最新スプレッドを調査!

FXのキャンペーンおすすめ10選!キャッシュバックがもらえる条件が簡単なFX会社や、「ザイFX!」限定のお得なキャンペーンを厳選して紹介
FX・羊飼いの「今日の為替はこれで動く!」
羊飼い (ひつじかい)

FX情報満載の人気ブログ「羊飼いのFXブログ」を運営する凄腕ブロガー。日本ではまだFXが一般的でなかった2001年からFXのトレードを続けている。このコーナーはそんな羊飼いが今日発表される重要経済指標をズバリ解説!

執筆者のサイト
「羊飼いの外国為替FXブログ」

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

ザイFX!限定で最大10000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事
メキシコペソ比較 CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム