ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

米ドル/円、クロス円の急落をトラッキングトレードでど
う乗り切った? チャート分析VSほったらかしVSマネの
三つ巴、「第25回トラッキングトレードガチンコバトル」

2023年12月20日(水)11:15公開 (2023年12月20日(水)11:15更新)
ザイFX!編集部

一時4万円超えの「日経平均」や「NYダウ」、最高値更新の「金(ゴールド)」を少額から取引できる【CFD口座】を比較!

決着まで約1週間!第25回トラッキングトレードガチンコバトル

 2023年も残すところあと10日ほど。そして、こちらも残すところあと1週間ほどなのが、10月2日(月)から始まったFXブロードネット「第25回トラッキングトレードガチンコバトル」です。

FXブロードネット「第25回トラッキングトレードガチンコバトル」

 FXブロードネットのリピート系発注機能「トラッキングトレード」を利用して4人のプレイヤーがそれぞれ300万円の資金を3カ月運用し、累計確定損益を競うこちらのバトルは、6年半以上続いている超人気企画です。
【※トラッキングトレードについて詳しくはこちら!】
「マネ運用」が優勝した「第24回トラッキングトレードガチンコバトル」、第25回は全プレイヤー前回と同じ通貨ペア、ただし想定変動幅や対象資産を変えた者も
【※リピート系発注機能を徹底比較!】
FXの自動売買ができる口座を徹底比較!:(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】

 参加プレイヤーはこちらの4名。

トラッキングトレードガチンコバトル・プレイヤー
トラッキングトレードガチンコバトル・プレイヤー

(出所:FXブロードネット(編集部にて一部加工))

・テクニカル分析重視で両建てを多用するチャーティスト先生
・「なるべくほったらかして運用」が信条の怠け者の楽々投資氏
・ファンダメンタルズをもとに戦略を練るファンダメンタリスト氏
・前回のバトルの優勝者の「マネ運用」を行うトラトレめがね氏

 と、戦略も実にさまざまです。トラトレめがね氏の「マネ運用」というのは、前の回の優勝者がとっている戦略をそっくりそのままマネするという手法。

 なぜそんなことができるのかというと、この「ガチンコバトル」には、各プレイヤーがトラッキングトレードの運用を開始したり、停止したり、保有ポジションを決済したり…といったアクションを行った際には、その内容を逐一公式X(旧Twitter)で報告しなければならないというルールがあるからです。

 今回トラトレめがね氏は第24回バトルで優勝した怠け者の楽々投資氏の「マネ運用」をしていますので、怠け者の楽々投資氏が公式Xに投稿した内容を見て、すかさず同じアクションを起こしています。ただし、怠け者の楽々投資氏は「ほったらかし運用」が信条のため、バトルの途中で動きを見せることはめったにありません。ですから「マネ運用」をするにはもっともラクなマネ対象かもしれません。

 さて、前回当コーナーでお伝えした際は、確定実現利益こそチャーティスト先生がトップだったものの、含み損を差し引くと怠け者の楽々投資氏とトラトレめがね氏の一騎打ちの様相を呈していました。あれから3週間、相場の様子も様変わりしましたが、バトルの行方はどうなっているのでしょうか。
【※関連記事はこちら!】
3年3カ月負けなしの「ほったらかし運用」と、同じくほったらかしの「マネ運用」の2大省エネプレイヤーが優勝争い!? 第25回トラッキングトレードガチンコバトル

累計確定損益の順位は3週間前と変わらず!ただし内容には変化が

 まずは、12月14日(木)終了時点の累計確定損益ランキングを見てみましょう。

「第25回トラッキングトレードガチンコバトル」12月14日(木)終了時点の累計実現損益ランキング
「第25回トラッキングトレードガチンコバトル」12月14日(木)終了時点の累計実現損益ランキング

(出所:FXブロードネット)

 順位としては3週間前と変わらず、1位がチャーティスト先生69万8133円の累計確定利益。2位が怠け者の楽々投資氏55万5794円の利益。3位がトラトレめがね氏55万4770円の利益。4位がファンダメンタリスト氏39万4112円の利益となっています。

 怠け者の楽々投資氏とトラトレめがね氏の金額が異なるのは、怠け者の楽々投資氏のXの投稿を見てからトラトレめがね氏が同じことをするために起こる、タイムラグによるものです。

ですから、相場状況によっては「マネ運用」が本家を上回ることもあります。

怠け者の楽々投資氏とトラトレめがね氏の確定利益の比較
怠け者の楽々投資氏とトラトレめがね氏の確定利益の比較

(出所:FXブロードネット)

チャーティスト先生の指値決済が刺さって巻き返し!とっさに始めた「買い設定」での運用は吉と出るか凶と出るか?

 では、各プレイヤーごとに詳しく確認していきましょう。

 まず、チャーティスト先生はユーロ/円の「売り設定」と「買い設定」両建て運用でバトルをスタートしましたが、前回当コーナーで途中経過を報告した際にはすでに両設定とも停止していました。その際、買いポジションを1つと、指値を入れた売りポジションを25個保有していました。
【※関連記事はこちら!】
3年3カ月負けなしの「ほったらかし運用」と、同じくほったらかしの「マネ運用」の2大省エネプレイヤーが優勝争い!? 第25回トラッキングトレードガチンコバトル

 その後、12月4日(月)~5日(火)にかけての深夜に159円で指値を入れていた13個の売りポジションが約定。6ポジションは損切となりましたが、相場の下落もあって含み損もずいぶん減る結果に。そこでチャーティスト先生はすかさず、ユーロ/円の「買い設定」の運用を再び開始しました。

 変動幅450pips、対象資産230万円と慎重さがうかがえる設定ですが、チャンスを逃さず即動くあたりはさすがですよね。

 しかし、その後2日間ほどは順調に利益を上げていた「買い設定」を「チャート形状の変化」を理由に12月7日(木)の夜には運用停止。その代わり、指値を設定して保有していた「売り設定」12ポジションが約定して約24万円の確定利益となりました。

ユーロ/円 1時間足チャートで見るチャーティスト先生のトレード
ユーロ/円 1時間足チャートで見るチャーティスト先生のトレード

(出所:FXブロードネット(編集部にて一部加工))

 そして、現在は23の買いポジションを、3段階にわけて決済指値を入れて保有している状態です。急遽「買い設定」を運用したことが吉と出るか凶と出るか――このあとのユーロ/円の値動きと決済のタイミングにかかっています。

怠け者の楽々投資氏は相場急落にも慌てず騒がず
「ほったらかし」を貫く!

 続いて、2位の怠け者の楽々投資氏とその「マネ運用」をしているトラトレめがね氏ですが、「ほったらかし運用」が信条の怠け者の楽々投資氏は12月7日(木)の豪ドル/円急落にも、慌てず騒がずほったらかしを貫き、現在まで運用を続けています。

 ちなみに、急落時を含む怠け者の楽々投資氏のトレードの様子は、FXブロードネットの公式サイトで公開されていますよ!

豪ドル/円 日足チャートで見る怠け者の楽々投資氏のトレード
豪ドル/円 日足チャートで見る怠け者の楽々投資氏のトレード

(出所:FXブロードネット)

 「刈り取り(決済)を待つだけ」という怠け者の楽々投資氏の言葉どおり、翌12月11日(月)~の週は順調に利益を積み重ね、1位のチャーティスト先生の累計実現利益に近づいてきました。含み損を差し引いた最終結果はいかに!?

米ドル/円暴落のあおりを受けるファンダメンタリスト氏、
早めの運用停止が功を奏した!?

 最後はここまで最下位に沈んでいるファンダメンタリスト氏。米ドル/円の「買い設定」でトラッキングトレードを運用しているファンダメンタリスト氏は、12月7日(木)の米ドル/円急落を受け、「停止レート144円割れ近辺に到達していませんが日銀の金融緩和修正観測が高まっていること」から、運用を停止しました。

 結果的にその後米ドル/円は141円台まで暴落しましたので、運用停止は賢明な判断だったかもしれません。

米ドル/円 1時間足チャートで見るファンダメンタリスト氏のトレード
米ドル/円 1時間足チャートで見るファンダメンタリスト氏のトレード

(出所:FXブロードネット(編集部にて一部加工))

 ただし、このバトル終盤に含み損が160万円近くまで膨れ上がってしまったのは、3カ月という期限があるガチンコバトルではかなりの痛手。今後、どのタイミングで保有しているポジションを決済していくのかが、腕の見せどころとなりそうです。

「マネ運用」は誰でもできる!設定もクリック数回で簡単

 ということで、このままチャーティスト先生が逃げ切るか、それとも怠け者の楽々投資氏&「マネ運用」トラトレめがね氏が追い上げるか、最後まで白熱のバトルが続きそうです。

 なお、この「マネ運用」FXブロードネット公式Xをフォローしていれば、誰でも行うことができます。初期設定も数回のクリックで簡単に行えますので、興味のある方はぜひ、次回「第26回トラッキングトレード ガチンコバトル」で試してみてはいかがでしょうか。

(ザイFX!編集部・上岡由布子)


FXブロードネットの公式サイトはこちら!

FXブロードネットでは現在、新規口座開設後、1万通貨以上の取引をすると3000円がキャッシュバックされる当サイト限定タイアップキャンペーンが開催されています!

 さらに、条件を達成すると最大6万円がキャッシュバックされる通常のキャンペーンも開催されていますので、新規口座開設する際はぜひ活用してください。詳しい情報は、FXブロードネットの公式サイトで紹介されています!

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、FXブロードネットの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

FXの自動売買(シストレ)ができる「トラッキングレコード」で人気!
FXブロードネット ⇛詳細データはこちら
FXブロードネットの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-28時)
0.3pips原則固定
(8-28時)
0.5銭原則固定
(8-28時)
FXブロードネットのおすすめポイント
FXブロードネットでは、最低取引単位が1000通貨の「ブロードライトコース」と、1万通貨の「ブロードコース」の2つの口座が使えます。さらに、強制決済の判定タイミングやロスカットの水準をいくつかの選択肢から設定できるのも特徴です。相場の細かい上げ下げを利用してコツコツ利益を積み上げていく、リピート型の注文方法、「トラッキングトレード」を使ったFXの自動売買ができる口座としても人気。「トラッキングトレード」の設定などに役立つコンテンツも充実しています。
FXブロードネットの関連記事
■FXトレーダー必見のガチンコバトル、第27回が開幕! 中東情勢などでFX相場が荒れる中、自動売買が好調。細かく利益をあげる「トラッキングトレード」に注目!
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■FXブロードネットのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXブロードネット▼
FXブロードネットの公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります
FXブロードネット
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 田向宏行 メキシコペソ比較
キャンペーンおすすめ10 田向宏行 メキシコペソ比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る