ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
RSS

トレイダーズ証券の新FX口座[LIGHT FX]誕生! 当サイト限定キャンペーン実施中

  • 2019年06月12日(水)22時51分
    ユーロドル、弱含み 前日安値1.1302ドルに迫る

     ユーロドルは弱含み。5月米CPI後に2.10%台まで低下した米10年債利回りが一時2.14%台まで低下幅を縮小するのを眺めて、全般ドルを買い戻す動きが広がった。22時45分頃に一時1.1307ドルまで売られ、前日の安値1.1302ドルに迫った。

  • 2019年06月12日(水)22時43分
    ドル円 一時108.55円まで持ち直す、米10年債利回りは低下幅縮小

     ドル円は108.50円付近での値動き。5月米CPI後に2.10%台まで低下した米10年債利回りが一時2.14%台まで低下幅を縮小するのを眺めて、108.55円まで持ち直した。また、ユーロドルが1.1310ドルまでドル高・ユーロ安に傾き、ポンドドルが1.2740ドル近辺で伸び悩んでいる。

  • 2019年06月12日(水)22時22分
    【NY為替オープニング】米インフレ低下で利下げ観測強まる、ドル安

    ●ポイント
    ・米5月消費者物価コア指数が予想外に低下、
    ・中・5月消費者物価指数:前年比+2.7%(予想:+2.7%、4月:+2.5%)
    ・中・5月生産者物価指数:前年比+0.6%(予想:+0.6%、4月:+0.9%)
    ・米財務省10年債入札(240億ドル、リオープン)
    ・米・5月財政収支(予想:-2000億ドル、18年5月:-1467.96億ドル)

     12日のニューヨーク外為市場では米国インフレの低下が米連邦準備制度理事会(FRB)の利下げ観測をさらに強め、米債利回り低下に伴うドル売りが優勢となった。本日は、米財務省が予定している10年債入札結果を受けた米国債相場を睨む展開が予想される。市場はすでに、今年、2、3回の利下げに加え、量的緩和(QE)の実施と完全な緩和策を織り込み始めており、引き続きドル売り圧力となる。

    生産者物価指数(PPI)が低迷したことに続いて、米労働省が発表した5月消費者物価コア指数が予想外に低下。FRBが特にインフレ指標として注目しているコアCPIの前年比は+2.0%と、目標値である2%を保ったものの、予想外に4月の+2.1%から低下した。
    貿易政策への不透明感、世界経済の鈍化が米国経済の成長を抑制するほか、インフレの低迷で、市場は早くて7月の連邦公開市場委員会(FOMC)での利下げを
    予想。また、FOMC連邦公開市場委員会の予想に比べて、現状の政策が引き締め気味であることから、一部では6月の利下げ観測も浮上した。

    米中貿易問題も不透明感がくすぶる。貿易交渉で、トランプ大統領は合意を先送りしているのは自分だと指摘。今年の交渉済みの条件に立ち戻らない限り、最終合意するつもりはないとした。大統領は今月末に大阪で開催されるG20で習国家主席と会談すると表明。しかし、一部では習主席がG20を欠席するとの思惑もあるほか、中国側からの反応は出されていない。トランプ大統領は、習国家主席がG20を欠席、または、交渉が物別れに終わった場合、残り3000億ドルの中国製品に追加関税を発動すると警告している。

    一段の関税は、すでに鈍化し始めている世界経済、米国経済の成長をさらに抑制することが懸念材料となる。

    ・ドル・円は、200日移動平均水準の111円27銭を下回る限り下落基調入り。

    ・ユーロ・ドルは、200日移動平均水準の1.1364ドルを下回っている限り下落基調。

    ドル・円108円34銭、ユーロ・ドル1.1322ドル、ユーロ・円122円66銭、ポンド1.2745ドル、ドル・スイスは0.9939フランで寄り付いた。

    Powered by フィスコ
  • 2019年06月12日(水)22時06分
    欧州外国為替市場概況・22時 ドル円、底堅い

     12日の欧州外国為替市場でドル円は底堅い。22時時点では108.38円と20時時点(108.35円)と比べて3銭程度のドル高水準だった。米長期金利の低下が一服したことで、21時30分前には一時108.45円付近まで上昇。5月米消費者物価指数(CPI)が市場予想を下回ると、米金利が再び低下した影響もあって108.26円付近まで上値を切り下げたが、その後は再び108.40円台まで切り返した。

     ユーロドルは上値が重い。22時時点では1.1319ドルと20時時点(1.1320ドル)と比べて0.0001ドル程度のユーロ安水準だった。米CPIの発表後に1.1341ドル付近まで上昇したが、ドル売りの勢いは長続きせず、再び本日安値圏まで押し戻された。

     ユーロ円は22時時点では122.68円と20時時点(122.65円)と比べて3銭程度のユーロ高水準。米指標後に122.80円台まで上昇する場面があったものの、ユーロドルと同様に戻りは鈍かった。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:108.22円 - 108.57円
    ユーロドル:1.1312ドル - 1.1343ドル
    ユーロ円:122.60円 - 123.01円

  • 2019年06月12日(水)21時44分
    【市場反応】コアCPIは予想外に低下、ドル下落

    米労働省が発表した5月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.1%と、予想通り
    4月の+0.3%から低下し、1月来で最低となった。前年比では+1.8%と、4月+2.0%から予想以上に低下し、2月来で最低。変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比+0.1%と、上昇予想に反して4月来と同水準を維持。前年比では予想外に+2.1%から低下した。

    予想を下回ったインフレで、米債利回りは低下。米10年債利回りは2.14%から2.11%へ低下した。ドルも下落。ドル・円は108円45銭から108円26銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1320ドルから1.1341ドルまで上昇した。

    【経済指標】
    ・米・5月消費者物価指数:前年比+1.8%(予想:+1.9%、4月:+2.0%)
    ・米・5月消費者物価コア指数:前年比+2.0%(予想:+2.1%、4月:+2.1%)
    ・米・5月消費者物価指数:前月比+0.1%(予想:+0.1%、4月:+0.3%)
    ・米・5月消費者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、4月:+0.1%)

    Powered by フィスコ
  • 【DMM FX】ザイFX!限定で1取引で現金4,000円がもらえる!

  • 2019年06月12日(水)21時43分
    【市場反応】コア5月CPIは予想外に低下、ドル下落

    [欧米市場の為替相場動向]

    米労働省が発表した5月消費者物価指数(CPI)は前月比+0.1%と、予想通り
    4月の+0.3%から低下し、1月来で最低となった。前年比では+1.8%と、4月+2.0%から予想以上に低下し、2月来で最低。変動の激しい食品とエネルギーを除いたコア指数は前月比+0.1%と、上昇予想に反して4月来と同水準を維持。前年比では予想外に+2.1%から低下した。

    予想を下回ったインフレで、米債利回りは低下。米10年債利回りは2.14%から2.11%へ低下した。ドルも下落。ドル・円は108円45銭から108円26銭まで下落。ユーロ・ドルは1.1320ドルから1.1341ドルまで上昇した。

    【経済指標】
    ・米・5月消費者物価指数:前年比+1.8%(予想:+1.9%、4月:+2.0%)
    ・米・5月消費者物価コア指数:前年比+2.0%(予想:+2.1%、4月:+2.1%)
    ・米・5月消費者物価指数:前月比+0.1%(予想:+0.1%、4月:+0.3%)
    ・米・5月消費者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、4月:+0.1%)

    Powered by フィスコ
  • 2019年06月12日(水)21時38分
    ドル円108.27円前後、予想を下回る米5月CPIで米10年債利回りは2.11%台へ

     ドル円は、予想を下回る米5月CPIを受けて米10年債利回りが2.11%台へ低下していることで108.27円前後までじり安。

  • 2019年06月12日(水)21時32分
    ドル円108.30円前後、米5月CPIは予想を下回る

     ドル円は、108.30円前後で軟調推移。米5月消費者物価指数(CPI)は、前月比+0.1%、前年比+1.8%となり、予想(前月比:+0.1%、前年比+1.9%)を下回った。
     5月米CPIエネルギーと食品を除くコア指数は、前月比+0.1%、前年比+2.0%で、予想(前月比+0.2%、前年比+2.1%)を下回った。

  • 2019年06月12日(水)21時30分
    【速報】米・5月消費者物価指数は予想を下回り+1.8%

     日本時間12日午後9時30分に発表された米・5月消費者物価指数は予想を下回り、前年比+1.8%となった。

    【経済指標】
    ・米・5月消費者物価指数:前年比+1.8%(予想:+1.9%、4月:+2.0%)
    ・米・5月消費者物価コア指数:前年比+2.0%(予想:+2.1%、4月:+2.1%)
    ・米・5月消費者物価指数:前月比+0.1%(予想:+0.1%、4月:+0.3%)
    ・米・5月消費者物価コア指数:前月比+0.1%(予想:+0.2%、4月:+0.1%)

    Powered by フィスコ
  • 2019年06月12日(水)21時15分
    【まもなく】米・5月消費者物価指数の発表です(日本時間21:30)

     日本時間12日午後9時30分に米・5月消費者物価指数が発表されます。

    ・米・5月消費者物価指数
    ・予想:前年比+1.9%
    ・4月:+2.0%

    Powered by フィスコ
  • GMOクリック証券が特別なキャンペーン実施中!当サイト限定で3000円もらえる

  • 2019年06月12日(水)21時12分
    【NY市場の経済指標とイベ ント】:

    [欧米市場の為替相場動向]

    6月12日(水)(注:数値は市場コンセンサス、前回数値)
    ・21:30 米・5月消費者物価指数(前年比予想:+1.9%、4月:+2.0%)
    ・02:00 米財務省10年債入札(240億ドル、リオープン)
    ・03:00 米・5月財政収支(予想:-2000億ドル、18年5月:-1467.96億ドル)

    Powered by フィスコ
  • 2019年06月12日(水)20時59分
    ドル・円は108円22銭から108円40銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     12日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円22銭から108円40銭で推移した。米中通商摩擦の激化懸念再燃で、欧州株は全面安、米株先物も下落、米10年債利回りが一時2.11%台まで低下し、ドル売り、円買いが先行した。

     ユーロ・ドルは1.1343ドルから1.1312ドルまで下落。対ポンドでのユーロ売りが波及したとみられる。ユーロ・円は122円87銭から122円60銭まで下落した。

     ポンド・ドルは1.2726ドルから1.2758ドルで推移。ハードブレグジットへの懸念がやや弱まり、ポンド買いになった。ドル・スイスフランは0.9909フランから0.9945フランまで上昇した。

    [経済指標]
    ・特になし

    [要人発言]
    ・ジョンソン前英外相
    「合意なしのEU離脱を目指してはいない」

    ・ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁
    「中欧諸国の経済は対外貿易への依存度が高く、世界貿易戦争の影響を受けやすい」

    Powered by フィスコ
  • 2019年06月12日(水)20時36分
    【ディーラー発】ドル買い戻し優勢(欧州午後)

    米債利回りの低下一服を受け、ドルは買い戻し優勢に。ドル円は108円39銭付近まで持ち直したほか、ユーロドルが1.1312付近まで反落した。そうした中、ジョンソン前英外相の「合意無しのEU離脱を目指してはいない」等の発言が材料視され、ポンドドルが一時1.2757付近まで、ポンド円が138円23銭付近まで上伸する場面が見られた。また、トルコ中銀が政策金利を予想通り据え置いたことにマーケットは買いで反応しトルコ円は一時18円71銭付近まで値を上げた。20時36分現在、ドル円108.379-382、ユーロ円122.688-692、ユーロドル1.13200-203で推移している。

  • 2019年06月12日(水)20時07分
    欧州外国為替市場概況・20時 ユーロドル、失速

     12日の欧州外国為替市場でユーロドルは失速。20時時点では1.1320ドルと17時時点(1.1340ドル)と比べて0.0020ドル程度のユーロ安水準だった。米長期金利の低下が一服した影響を受けたほか、ユーロポンドなどユーロクロスの下落につれた売りも進み、一時1.1312ドルと日通し安値をつけた。
     なお、ユーロポンドは本日安値の0.8872ポンドまでユーロ安・ポンド高が進行。次期英首相候補のジョンソン前英外相が「合意なしのブレグジット(英国の欧州連合からの離脱)を目指していない」と述べたことを受けて、ポンドが全般に買われた流れに沿った。

     ドル円は下げ渋り。20時時点では108.35円と17時時点(108.31円)と比べて4銭程度のドル高水準だった。18時過ぎに108.22円まで下落したものの、その後は米金利低下が一服したことで108.40円台まで下げ渋った。

     ユーロ円はさえない。20時時点で122.65円と、17時時点(122.82円)と比べて17銭程度のユーロ安水準だった。ユードルの下げにつれて一時122.60円の安値まで下押しした。

    本日これまでの参考レンジ
    ドル円:108.22円 - 108.57円
    ユーロドル:1.1312ドル - 1.1343ドル
    ユーロ円:122.60円 - 123.01円

  • 2019年06月12日(水)20時04分
    ドル・円は108円22銭から108円40銭で推移

    [欧米市場の為替相場動向]

     12日のロンドン外為市場では、ドル・円は108円22銭から108円40銭で推移している。米中通商摩擦の激化懸念再燃で、欧州株が全面安、米株先物も下落、米10年債利回りは2.11%台まで低下し、ドル売り、円買いが先行した。

     ユーロ・ドルは1.1343ドルから1.1312ドルまで下落。対ポンドでのユーロ売りが波及しているとみられる。ユーロ・円は122円87銭から122円60銭まで下落している。

     ポンド・ドルは1.2729ドルから1.2758ドルで推移。ハードブレグジットへの懸念がやや後退し、一時ポンド買いになった。ドル・スイスフランは0.9909フランから0.9942フランまで上昇している。

    Powered by フィスコ

【人気】ザイFX!口座開設者限定キャンペーン実施中のヒロセ通商[LION FX]

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2384人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 92348人 ザイFX!のtwitterをフォローする

2019年07月18日(木)の最新の為替ニュース

「最新の為替ニュース」をもっと見る>>

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

過去の為替ニュース

2019年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月  
2018年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2017年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2016年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2015年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2014年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2013年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2012年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2011年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2010年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2009年
01月   02月   03月   04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
2008年
04月   05月   06月   07月   08月   09月   10月   11月   12月  
GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

世界の為替チャート

米ドル/円-0.13108.11

USDJPY

ユーロ/円+0.00121.32

EURJPY

ユーロ/米ドル+0.00131.1222

EURUSD

FX会社高額キャンペーンランキング 口座開設+取引とかでお金やギフト券がもらえちゃうの!?

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム







FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

07月15日更新


どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 07月11日更新

市場の過剰反応は利益を上げるチャンス! 米ドル/円は逆張りが有効?





元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果