ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

GMOクリック証券CFD‗ドクタケ取材スポンサード記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

上値重たい原油価格が物語るマーケット?
やはりクロス円売りの方向かな

2012年06月26日(火)17:55公開 (2012年06月26日(火)17:55更新)
持田有紀子

【副業FXで勝つためのメルマガ】田向宏行さんのFXメルマガは儲かるのか? ダウ理論の転換トレードで検証したらこうなった!

 先週に欧州から、ECBの担保条件の緩和とか、GDP1%相当の成長戦略などが出てきたこともあって、今週は週明けから激しくリスクテークして始まるのではないかと思われた。しかし早朝から株価はゆるく、したがってマーケット全体がリスクオンの流れにならない。それが顕著に表れたのがドル円である。

 朝イチで高値をトライしてみたものの、80.63まで。たしかに先週の最高値を数ポイントは更新したのだが、買い戻しのロスカットを誘発してどんどん上昇するということはなかった。アジア時間が終わる頃にはもう80円ちょうど割れ寸前のところまで押し込まれていた。

 期待が膨らんで始まるはずだったのに、アレっという感じで迎えることになった欧州市場。序盤からすでにスペイン債の値下がりが目立っていて、あんまりムードもよろしくない。私もドル円の80円割れでも見れたら、そこからリスクオフの形で参戦しようかと考えていたところだ。ちょうど80円の大台を割り込んできたので、私も売りで便乗した。

 ドル円を79.92で売り込んでみた。まあ、どうせすぐには落ちないだろうと思っていたのだが、値動きそのものは存外に重たかった。でも上昇に転じるというわけでもなく。私はほとんどアゲインストになることなくショートキープすることができた。

 欧州からは信用不安を増大するニュースがたくさん出てきた。ドイツ報道官の話として、欧州首脳会議の場ではギリシャについての決定は何もないだろうという話が伝わってきた。しかしこれも当然で、当事者のギリシャ首相は会議に出席しないのだ。また再三にわたってのことだが、メルケル首相がユーロ共同債についての反対を明確に表明。

 これらの発言によって値幅こそ狭いものの、欧州時間ではユーロは重い足取りを余儀なくされた。リスク回避によるドル円の重さと相まってユーロ円はいっそう重い形。朝には101円台だったユーロ円も99円台まで下落。2円弱の下落でしかないのだが、100円を割って2ケタのレベルになると、大きく下がったような気がしてしまう。

 アメリカの新築住宅のデータは良かった。もう夜も遅いし、オーバーナイトでキャリーするつもりはなかったので、これがドルショートをやめる良い機会になった。79.61で買い戻したが、その後は朝まで20ポイントも動かなかったようだ。

 

 

 ニューヨーク時間には、キプロスの支援要請があったり、ムーディーズによるスペインの銀行格下げのウワサが出ていたりした。しかし、ギリシャが問題になった時点で、キプロスはいずれ要請するだろうと見られてきたし、いずれも想定の範囲内の出来事なので、あまり相場を動かすには力不足だった感じ。

 今日の午後にはついに日本の国会で消費税の増税案が可決された。民主党からは57人の反対票が投じられたようだ。これからの国内政治が混乱するという見方からか、一瞬、為替相場は円売りの方向に傾いた。しかしこれも想定通りのことなので、別にサプライズというわけでもない。だからもうちょっとドル円の行方は欧州時間のランチタイムくらいまでは見極めたいところだ。

 再び株安が襲って来てリスクオフということにもなりかねないからだ。そういうわけでも今晩もリスク重視で臨むことにしている。最近は原油価格がリスク相場をいちばんよく言い当てていると思う。やはり原油価格が80ドル台まで戻りきれないのはリスク許容度の減退であると考えて、リスク回避のポジショニングを心がけたほうがよさそうだ。

日本時間 17時40分

 

 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
人気FX会社ランキング メキシコペソ比較 キャンペーンおすすめ10
人気FX会社ランキング メキシコペソ比較 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る