ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロ円は今年の最高値へ上伸!
ショート攻めはなかなか苦しい

2013年11月20日(水)16:03公開 (2013年11月20日(水)16:03更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 アメリカの著名投資家が株価の高値警戒感を示したので、昨日のアジア時間でもリスク回避のバイアスが強まった。日本株の下落にともない、ドル円も99.60あたりまで下がってきた。日経先物で15000円割れがひとつの心理的な節目を形成していることもあり、そこの攻防に注目が集まった。

 私も見ていて、日本株が一段安したらドル円のショートメークで攻めようと思っていたのだが、結局は割れなかった。日本株の戻りはそれほども強烈ではなかったが、いちおうドル円もそれで底打ちの形となった。しかしだからといってドル円をロングにしてはいけない感じ。まだまだ海外市場でのプライスアクションを見なければ…。

 欧州序盤でもドル円が重い。欧州株もやや調整モードになってきており、そしてグローベックスでの米国株もやや下げ基調。このままリスク回避が続くのか。だとしたら、今のユーロ円の134円台の中盤というのは高過ぎるのでは?そう考えるとユーロ円を売りたくなってきた。135円台に乗せたらやめようと思い、134円台の後半で売りたい。すると134.85アッパーまで上がってきたので、買い戻しのストップ注文を135.05で置いて売り込んでみた。

 しばらくは動かなかったが、ニューヨーク勢の参入のころには一気にユーロ円は135円台乗せへ。前日の高値警戒感も関係ないかのように米国株が切り返してきたからだ。安心感を得たマーケットは再びリスクテークに傾いた。

 私のストップロスを付けたあともユーロ円は上昇を続け、あっさりと10月につけた今年の最高値である135.49を上抜けしてきた。ドル円が100円台に戻してきたし、ユーロドルも底堅い。参加者全員が米国株が崩れなかったことを歓迎しているようだ。

 ニューヨーク時間ではユーロ円は135.73まで高値を付けた後、今日の東京時間でもその高値を更新。135.94まで駆け上がった。これはバーナンキ議長が発言したからであり、内容としては緩和継続を支持するものだったからだ。

 瞬間的にではあったが、グローベックスでの米国株は急伸し、そのためリスク許容度が増大すると見たクロス円の買いがでたのだ。しかしその後は振るわない。私ももう一度のトライで、135.70で売り込んでみた。135.95でストップ注文は置いてあるが、この後のことは海外市場の動向次第だ。


 今晩は小売売上高や中古住宅の指標があるが、現在、注目の米国株の歴史的な高値更新に寄与するほど良いものが出てこないと無視されるかもしれない。それよりも昨日の米国株の押しの浅さが、次の買う需要を機械的に呼び込むのではないかとの観測の方が強い。

 米国株が一段高して、ニューステージに突入すれば、ユーロ円もさらに上伸して136円台に突入することになるのかもしれない。またストップロスがついたならば、当分はクロス円を売りたくなくなるだろうなぁ。それくらいに最近の米国株は腰が強い。


日本時間 15時50分
 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
田向宏行 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る