ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ダイナミックさに欠ける為替相場、
経済イベントの注目度も低下

2014年03月25日(火)16:31公開 (2014年03月25日(火)16:31更新)
持田有紀子

34年ぶり! 史上最高値を更新した「日経平均」もレバレッジをかけて取引できるCFD口座をチェック!

 2月の中旬から為替相場ではダイナミックさを欠いている。一日の値幅も小さくなっている。ドル円が50ポイントも動かないのは仕方がないにしても、ユーロドルまで値幅が小さい。100ポイントも動こうものならば、大相場だったと印象すら与えかねない状態である。

 そして必然的に私のような日計りトレーダーは10ポイント狙いの取引が多くなる。10ポイントも取れれば、その日は成功だということだ。逆に考えると10ポイントを取りにいくのだから、損切りも幅も小さくならざるをえず、近すぎてストップ注文も置けないくらいだ。

 こういう状況ではあまりトレンドフォローも効かない状況が続いているし、ここは長めに見て中期的なレンジ取引でポジショニングした方が楽でいいのかもしれない。

 昨日の欧州序盤ではドル円は102円台のミドル。これは先週も止められたレベルであるので、上値の抵抗がどのくらいかを確かないといけない。とくに102.70アッパーにオファーがたくさん並んでいるということもなさそうだ。

 しかし足元で地政学的なリスクの増大が騒がれている最中なので、売り場としてはテクニカル面から言っても絶好の場所である。私も逆張りにはなるが、ドル円を102.55で売ってみた。先週来の高値を越えてくる102.70で買い戻しのストップ注文を置いておく。

 ドル円は102.64まで上がって、ドイツの景況感のデータが出た。製造業もサービス部門も予想を下回った。ユーロはもちろん売られた。ユーロドルは1.38台に乗せていたのに、50ポイント以上も急落。ユーロ円も売られたのでドル円もつられ安はしたが、あまり深押しはない。ユーロドルを売っておけばよかった。ユーロドルは安値圏で張り付いたまま、ニューヨーク時間に入った。ドル円は102.50をはさんだ動きで鈍い。

 オランダのハーグでG7は行われているものの、出てくる内容は予想されたものを越えることはないだろう。それが材料になるとは思われない中で、米国株は強く始まった。このまま持っていても、ドル円は102円ちょうどを割りこんできそうにもない。そこで私は102.36で買い戻した。やはり10ポイント余りを取るのが精いっぱいの結果になった。

 しかしその後は急速にリスク回避が進んだ。ロシア側から出てくる情報では、もうG8には頼らないとか、中国やインドのほうに注力すべきだ、などと強気のコメントがでてきたのも地政学的なリスクを高めたのだろう。ニューヨーク時間ではドル売りが強まって、ユーロドルは1.38台の後半まで急上昇する局面もあった。その割にはドル円はほとんど動いていない。

 今日もドル円は昨日のレンジをコアにして動くのだろう。ユーロドルは再び1.39台という高値を意識する展開になってきている。今晩の経済指標はケースシラーや新築住宅販売など住宅関連が並んでいる。しかし市場の関心は相変わらずウクライナ情勢に集まっているので、株価の動きを中心にしたリスクの動向をウオッチしなければいけないだろう。


日本時間 15時50分


 


取引コストで比べる スワップポイントで比べる
キャンペーンで比べる 人気ランキングで比べる
最低取引単位で比べる FX会社比較トップページへ
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
【総合3位】 楽天証券「楽天FX」
楽天証券「楽天FX」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.4pips原則固定 1000通貨 28ペア
【楽天証券「楽天FX」のおすすめポイント】
業界上位水準のスプレッドと、株取引で培ったノウハウが活かされた、取引環境の良さが魅力のFX口座です。取引量に応じて楽天ポイントが貯まるので、楽天グループのサービスをよく利用する人にもおすすめ。また、楽天証券には大手ネット証券で唯一の、MT4を使うFX口座「楽天MT4」もあります。
【楽天証券「楽天FX」の関連記事】
■楽天証券「楽天FX」の特徴やスプレッド、スワップポイント、取り扱い通貨ペア数などを紹介!
▼楽天証券「楽天FX」▼
楽天証券「楽天FX」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年4月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
経済指標速報記事 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
経済指標速報記事 ザイ投資戦略メルマガ 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る