為替チャート・ニュース、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載! FX最強ポータルサイト - ザイFX!
西原宏一さんに聞くプロのバイナリー活用法!
雇用統計発表時の値動きデータで戦略を立てよう

■バイナリーなら乱高下相場に臆せず突っ込める!

 「オプションが力を発揮してくれる場面のひとつが、乱高下する相場です。雇用統計のときには50銭下がってから1円上がるような乱高下がありますよね。そんなときFXで買っているだけだと、下がったところで損切りされてしまったりしますが、オプションならば下がっても損失はプレミアム分だけなので耐えられます」  

 

 雇用統計や日米欧の中央銀行会合などは要チェック。でも、そのときにどう取引すればいいのだろうか。

 「過去の値動きを分析することが大切だと思います。過去にどのくらい動いたのか、分析してみると傾向が見えてきますから」

■過去の雇用統計の値動きをチェック!

 そう西原さんに薦められて作ってみたのが下記の表。雇用統計の発表後30分の動きをまとめたものだ。まず値幅を見ると、過去1年分の雇用統計後30分での平均値幅は83銭とやっぱり大きい。

 値動きの方向は、予想よりもいい結果がでていれば上がり、予想より悪ければ下がるといったように、多くは「事前の予想に比べて結果がどうだったか」の方向にほぼ動いている。セオリーどおりだ。  

※画像をクリックすると拡大します。

 

■方向性はわかっても乱高下が怖い……

 ただし、やっかいなのは素直に上がり下がりするケースは少ないということ。上表でいえば、変化幅(発表時と30分後のレートの差)が小さいときでも値幅(発表後30分の高値・安値の差)が大きかったりすることがある。

 下がるんだけど長い下ヒゲをつくって、つまりいったん下がって戻してからまた下げていったりと素直に動いてはくれない。だから、FXで売りだと思って方向性は合っていても、大きな含み損を抱えたり、あるいは損切りを余儀なくされてしまう。

 でも、30分、1時間と時間が経てば、やっぱり予想よりも悪ければ下がるし、予想よりもよければ上がるという教科書通りの動きに収束しやすいということは、判定時刻まで2~3時間程度のバイナリーオプションならやりやすそう。バイナリーオプション向きの条件がそろっているのだ!

・動く時間が明確
・方向性は結果が教えてくれる
・方向性はわかっても乱高下するからFXには不向き

 

≫3社の設定時刻で比較してみよう!


  バイナリーオプションについては、以下のコンテンツでも詳しく比較・解説していますので、ぜひご覧ください。

【参考コンテンツ】
★人気のバイナリーオプションを徹底比較! 最短1分前まで購入できる商品も登場!

ザイ オンライン
ザイFX!トップへもどる
ZaiFX! Beginners

TOPICS