ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

太田忠
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ユーロドルは100ポイント級の戻し、
予断を持たず慎重に行きたい

2014年09月10日(水)16:15公開 (2014年09月10日(水)16:15更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日もアジア時間の終盤から欧州序盤にかけて、ドル円は買い進まれた。今年の高値も更新。106.35近くまで上がってきた。ずっとジャーマンネームも英系も円売りで参入しているのは前日と変わらない。ドル買いは勢いづいて、ユーロドルも安値攻め。1.2859まで安値を拡げた。単純にドルロングで攻めていかねばならないところ。私もアジア時間では何度もドル円とかユーロドルでドルロングの方向で攻めたが、欧州時間に入ってからは勝手が違った。

 BOEのカーニ―総裁が来春までには利上げをすると明言したため、下がりきっていたポンドドルが切り返し。これで同じく欧州通貨であるユーロの下げも止まった感じだ。ユーロドルは切り返しに転じ、ドル円も頭打ち。ドル買いがワークしなくなってきた。ユーロドルの下攻めがなくなった以上、私もドル買いからは一時、撤退。まあ、短期的なドルの利食い売りが一巡するのを待っているしかない。

 ニューヨーク勢の参入でもドル売りで勢いづいた。ユーロドルは1.29台まで戻してきたが、やはり重い。5月から続いているユーロドルの相場展開では、下げ局面でのマックス戻しは200ポイントまで。底値から50ポイント近く戻ってきたら、そこからはユーロ売りの場探しと化す。

 ユーロドル1.29ちょうど割れで、重さ確認ということで私もユーロドルを売り込んでみた。すぐに1.2880あたりまで下がったが、それ以降は動かない。自分のコスト近辺でということで1.2900で買い戻しのストップ注文を置いていたのだが、次に動いたのは上サイドだった。あっという間にロスカットを強いられた。

 ニューヨークのコアタイムでは、ユーロドルもドル円も上昇。ドル円は再び今年の最高値を更新し、106.47まで。ユーロドルも欧州序盤に付けた今年の最安値から100ポイント近くも反発した。いうまでもなくユーロ円は1円近くの上昇となっている。昨日のニューヨーク市場でも株安・金利高となっているので、金融相場の展開、つまりタイトニングの状況であることには変わりがない。しかしユーロドルが100ポイント級の戻しを演じているのが、気にかかる。

 今晩もマーケットのイベントが少ない。ユーロドルはどちらに向かうのかは判りにくい。しかしドル円の上昇は毎日の年初来高値を更新していることから見ても、まだ上昇トレンドが続いている。高いところを買っていっても、まだ安心感がある。しかし今週にはいって欧米の株価は調整、すなわち下げの傾向を示し始めているので、いつリスク回避の流れになるとも限らない。予断を持たずに、短期的な勝負に徹するしかない。


日本時間 16時00分
 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で4000円!

GMOクリック証券[FXネオ]

当サイト限定キャンペーン実施中!新規口座開設後5万円以上入金&2回以上取引で4000円がもらえる!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る