ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ポール・サイ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ミクロもマクロも失望でドル全面安、
それでも急回復したドル円のゆくえ注目!

2015年01月15日(木)15:54公開 (2015年01月15日(木)15:54更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

 昨日は東京クローズから欧州序盤にかけてドル円が軟化。ついに116円台に突入した。アジア時間で重い状況が続いてきたということもあって、マーケット全体がドル円やユーロ円でベアに傾いている。私も117円ちょうど割れから何度もドル円をショートに振っていったのだが、短期的にショートはたまり過ぎている。すぐに反発しそうになるのを警戒しながらのポジショニングとなった。

 ドル円が117円台に戻すと、今度はユーロドルが下落。ユーロドルは昨年来の安値をも更新してきたが、1.17台はキープした。後はニューヨーク勢の参入待ち。まずは早い時間にJPモルガンやウェルズファーゴなど大手金融の企業決算がある。そして私としても重要視している小売売上高。しかしこれがいずれも悪い結果となったので、為替相場ではドルが全面的に売りこまれることとなった。ドル円は116円台の前半まで急落。それまで重い足取りを強いられてきていたユーロドルも、1.18台まで戻し切った。

 冬時間なので米国株のスタートする時間が遅い。すでにかなり眠くなってきている。ちょうどそのタイミングで米国株が復調してきて、切り返しが鮮明になった。そしてマーケット全体がリスクテークに変わっていった。ドルは見直し買いをされ、ドル円は反転、上昇。ユーロドルもまた1.18台を割り込んできた。このままリスクテークの流れが続くならば、あまり面白くはなさそう。早起きしてまた参加すればいいやという感じで、私も寝入った。

 朝になって画面を見ると、ドル円は117円台に戻していた。大きく沈んでいた米国株も、その大部分を取り戻していた。ベージュブックを契機に切り返したようでもある。内容を見ると、それほども画期的なことが出ていたようにも思えない。ドル円も米国株も大きく沈み込んでいるとこを目にしていたので、いかにも大きく上がったなあという印象を受けた。問題はこの後のアジア時間である。このリスクテークの動きがそのまま続くのか。

 そして今日の東京市場では激しいリスクオンとなった。日本株は大幅に上昇し、ドル円も118円ちょうどを目前にするレベルまで上昇。その間、ほとんど押し目を形成しなかったといえる。今晩もアメリカではミクロ指標に始まり、景況指数などマクロ指標が連なっている。

 ドル円の値動きは相変わらず軽いのだが、118円台に乗せてきたとしたら、そのまま高値追いするのかどうかだ。そこがまず注目したいところ。すでに時間外取引で米国株はすでに大きく上げてしまっている。それをさらに上回る余力があるのかどうかも要ウォッチで7ある。

日本時間 15時30分
 

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
jfx記事 キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る