ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」

英ポンドが突然の大暴落! その理由は?
暴落が示唆する米ドル/円相場の今後

2016年10月07日(金)17:32公開 (2016年10月07日(金)17:32更新)
陳満咲杜

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■米雇用統計前に異変! 英ポンド/米ドル突然の暴落

 FRB(米連邦準備制度理事会)の幹部たちは相変わらず「言いたい放題」であり、市場参加者は今晩(10月7日)の米雇用統計を待っている。その間に、マーケットに異変が生じた。今朝(10月7日)の英ポンドの急落だ。

 2016年10月7日(金)午前8時4分から、英ポンド/米ドルが突然暴落し、数秒のうちに6.1%の下落幅を達成した。 

英ポンド/米ドル 5分足
英ポンド/米ドル 5分足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 5分足

 ブルームバーグによると、ザラバの安値は1.1841ドルを記録し、1985年3月26日(火)以来、最低レベルだという。 

英ポンド/米ドル 月足
英ポンド/米ドル 月足

(出所:CQG)

 同社は英国のEU(欧州連合)離脱が決定した6月24日(金)を含めても、本日の下落が最大幅を記録した、と主張しているが、ロイター社は6月24日(金)は10%の下げ幅があったと言い、まだ、その記録は更新されていないとしている。

 もっとも、暴落があったこと自体に、異論の余地はない。

■英ポンド暴落の理由は仏大統領の発言が引き金?

 では、英ポンドはなぜ、このような暴落を引き起こしたのだろうか。

 強いベア(下落)トレンドが進行中であることについては承知しているが、あのEU離脱といったショッキングな決定に比べ、今回は大した材料はなく、かつ東京オープン前にこのような値動きになるとは…「納得できない」市場関係者が多いのではないだろうか。

 いろいろな憶測(誤発注とか、アルゴリズム取引の連鎖的な反応とか)があったが、どうやら「英国はEU離脱の報いを受ける必要がある」というフランスのオランド大統領の発言が報じられたことに起因しているようだ。

 オランド氏の真意はどうであれ、英EU離脱決定のインパクトが今も続いていることは確かであり、また、グローバリズムの終焉が氏の発言をもって強く印象づけられたに違いない。今さらではあるが、マーケットがそれに再度驚き、また、反応したのではないかと思う。この意味では、このままではEU自体の解体もそう遠くないかもしれない、というマーケットの懸念が表れたとみる。

 ゆえに、ユーロ/英ポンドは急伸しているが、ユーロ/米ドルは続落しており、やや強引かもしれないが、リスクオフの米ドル買い、といった側面があるという解釈もできるかと思う。

 英ポンド/米ドルの暴落は、当然のように… 

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定で5000円!

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]

マーケット情報充実!今ならザイFX!限定5000円がもらえるキャンペーン中!

link

ザイFX!限定で5000円!

トレイダーズ証券[みんなのFX]

最短当日取引可能!ザイFX!限定キャンペーン実施中のみんなのFX!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
トレーディングビュー記事 キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る