ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

リスク回避の反動でドル円113円台へ、
雇用統計よりもビットコインか

2017年12月08日(金)15:13公開 (2017年12月08日(金)15:13更新)
持田有紀子

今井雅人は資金5倍トレード達成!米ドル/円の攻めトレードが成功したのには理由があった!

 昨日はドル円が欧州時間では112円台の後半で、その後のニューヨーク時間で113円台に乗せてきた。リスクテークが鮮明になってきたせいでもある。そして昨日に引き続き、今日のドル円も堅調で力強い。

 ひとつにはエルサレム問題で過剰に反応してリスク回避に進んでしまったことの反動であろう。もうひとつはアメリカ議会の政治イベントである。減税法案の一本化に加えて、今日に期限切れとなる暫定予算の行方や、債務上限の引き上げ時期の問題である。

 これらはすべて何とかなるだろうという楽観論が台頭している。時間がかかっても期限ぎりぎりで何とか妥協すると見込まれているのだ。これは過去5年間の騒動を見てもわかる。

 結局は相場は戻るのだというパターンが繰り返されている以上は、誰もこれらを材料としてポジションを外そうとはしなくなるだろう。こうした傾向は北朝鮮問題にも類似したものが見られる。ミサイルを発射しても、もはや誰もリスク回避しようとしないのである。

 ところでビットコインが高騰している。3カ月前にスランプしたときには3000ドル台まで落ちたのだが、それが今や16000ドル台である。史上最高値であることはいうまでもない。来週からCBOEやCMEに上場されるのを前に、フロントランニングが入っているようである。

 これが少なからずマーケットのムードを盛り上げているのは事実だ。変動性が大きい分だけ、たいへんリスク性に敏感である。これが高騰しているうちはレガシーの金融市場でも「おいらも一発」という感じで株買いなどに勢いづくのは想像に難くない。

 今晩は雇用統計だが、あまり注目を集めていない。今回の結果が悪かったところで12月利上げの予定が変更されることはほとんどないからだ。市場の関心は米議会の進展具合とビットコインの動向というところだろうか。

日本時間 15時00分

GMOクリック証券[FXネオ]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
トレーディングビュー記事 jfx記事 キャンペーンおすすめ10
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る