ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト
バックナンバー

ザイFX!で2017年を振り返ろう!(6)
暴君ビットコイン、天を衝く上昇相場を演出!

2017年12月26日(火)東京時間 15:30

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■ビットコインが分裂する!? 真夏の分裂騒動の果てに…

 話は変わりますが、このあたりで、2017年夏に一般メディアまで巻き込んで世論をザワつかせたビットコイン分裂騒動について触れておきたいと思います。

 記者自身、NHKを筆頭に、大手テレビ局がこぞって報道番組などで取上げていたのを覚えています。詳しいことは、以下の【参考記事】をご覧いただくということで、ここでは簡単にその内容を振り返っておきましょう。

【参考記事】
ビットコインは、8/1のハードフォーク後に最高値更新! ビットコインキャッシュとは?

ビットコインのスケーラビリティ問題(※)を解決すべく考案されたハードフォークに端を発した2017年夏のビットコイン分裂騒動。結局、よろしくないブロックチェーンの分岐が起きることはなく、マイナー(※)間の合意形成がされない状況でビットコインが真っ二つに割れて混乱が生じるという最悪の事態は回避されました。

(※「スケーラビリティ問題」とは、トランザクション(取引量)の増加によって取引の承認処理が追いつかず、ビットコインの送付に遅延が生じている問題のこと)

(※「マイナー」とは、ビットコインの取引承認作業(マイニング)を行い、インセンティブとして新規発行のビットコインを得ている人たちのこと)

 しかし、元の話とはまた別の勢力が、同じような時期に、いきなりビットコインのハードフォークを宣言する事態となり、この勢力は2017年8月1日(火)に、宣言どおりハードフォークを実行するに至りました。

この時、誕生したのが、ビットコインキャッシュ(BCH)です。

 大きな混乱は起こらないだろうとの前評判どおり、粛々とハードフォークが実行に移された印象でしたね。

 誕生後、ビットコインキャッシュは、日本国内の業者でも、基本、ハードフォーク前からビットコインを保有していた人に付与される格好となり、従来のビットコイン保有者は、労せず「たなぼた方式」でビットコインキャッシュを手にすることになったのです。

■「たなぼた」に味をしめて、ハードフォーク中毒に?

 こうして誕生したビットコインキャッシュは、2017年12月現在、ビットフライヤーGMOコインをはじめ、国内の多くの業者でも取引することができます。

 ためしに2017年12月25日(月)現在のGMOコインでのビットコインキャッシュの価格を見てみると、1ビットコインキャッシュ=30万円台で推移しており、結構な価格がついています。

ビットコインキャッシュ/円 日足
ビットコインキャッシュ/円 日足

(出所:GMOコイン

 12月19日(火)頃からは、とてつもない勢いで急上昇したり、失速したりと、目が離せない激しい動きが続いたビットコインキャッシュ。一部では、ビットコインよりビットコインキャッシュでしょう? と、ビットコインに取って代わる日がくるのでは? との見方もあるようで、今後、さらに期待値は高まるかも。ビットコインキャッシュは、2018年注目の仮想通貨の1つかもしれません。

【参考記事】
ビットコイン/円が230万円から130万円まで暴落! 急落の要因に3つの可能性
ビットコインキャッシュの特徴とは? 神様も推奨!? ビットコインを超えるかも!

 本来であればハードフォークは、元となる仮想通貨の価値を二分することになり、ビットコイン価格の急落につながってもおかしくはなかったのですが、2017年8月のハードフォークの際にはそれも起こらず。ご存じのとおり、ビットコイン価格は、その後も上昇の一途を辿りました。

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ビットコイン/円 日足

 さらに、労せず「たなぼた」で手に入れたビットコインキャッシュも上昇したワケですから、ハードフォークっておいしいイベントだと認識する人がたくさんいても不思議はない…。

 実際、そう思った人が多かったのか、ビットコインキャッシュ誕生以降、ビットコインのハードフォークの話が出るたびに、ハードフォークへの期待感という不思議な材料が持ち込まれて、ビットコインの価格は跳ね上がる状況が作り出されることになりました。

 ハードフォークを仕掛ける人たちも、売却益を目的としてなのか? 2017年の秋から冬にかけて、半ば中毒のような状態でビットコインのハードフォークを宣言する勢力が乱立したのは、記憶に新しいところ。

 以下は、実際にブロックチェーンが分岐し、新たなアルトコインが誕生したものも含め、ここのところネット界隈でウワサされていたハードフォーク一覧です。真偽が定かでないものやこれから予定されているらしいものも含んでいます。スゴい数ですが、本当に実施されるのか…? ウワサばかりで実際にハードフォークされるものはあまりない印象もありますが…。

<ウワサを含むビットコインのハードフォーク一覧(予定含む)>

・ ビットコインキャッシュ(2017年8月ハードフォーク実施済み)
・ ビットコインゴールド(2017年10月ハードフォーク実施済み)
・ ビットコインダイヤモンド(2017年11月ハードフォーク実施済み)
・ ビットコインシルバー
・ ビットコインプラチナム
・ ビットコインホット
・ スーパービットコイン(2017年12月ハードフォーク実施済み)
・ ライトニングビットコイン
・ ビットコインゴッド
・ ビットコインウラニウム
・ ビットコインキャッシュプラス

 本来、ハードフォークというのは、ブロックチェーンのアップグレードを目的として行われるもののようですが、直近は、もはやハードフォークそのものが主目的になっちゃってる印象です。

【参考記事】
70万円目前! ビットコインが大暴騰中!! 原因はビットコインゴールド誕生予定にあり!?
ビットコインがついに100万円を突破!! CME上場とハードフォーク期待が背景に!?

■ハードフォークはいつも「たなぼた」とは限らないと知るべし

 お祭り状態で乱発されるハードフォークですが、この件について、投資家側の認識として最低限、知っておきたいのは、ハードフォークだからって、いつも確実にオイシイ状況になるとは限らないということ。

 状況によっては、本家ビットコインの価格が暴落してしまう可能性だってあるでしょうし、何の問題もなさそうなハードフォークであったとしても、ビットコインを持っていさえすれば、必ず新たに誕生したアルトコインをゲットできるというものでもありません

 現在、日本国内ではハードフォークによって新たに誕生したアルトコインを付与するかどうか、また、それを継続的に取り扱うかどうかの判断は、各業者に委ねられています。ハードフォークのたびに業者間でその判断が異なるということも珍しくありません。

 取り扱う業者が少なければ、新たに誕生したアルトコインの価格の上昇は見込みづらいですし、取引所などで他の仮想通貨に替えることもできないかもしれません。そうなると、ただ、価値のないデジタルデータを持っているだけになる可能性だってありますよね…。

 反射的に、柳の下には2匹目、3匹目のドジョウがいるかも? なんて思ってしまいますが、盲目的にハードフォークという言葉に食いつくのではなく、都度、情報収集をしっかりと行いながら冷静に投資判断をしていきたいところです。

 なお、ハードフォークが起こると予想される場合は、事前に各業者からSNSなどを通じて、新たに誕生したアルトコインの取り扱いに対するスタンスや一時的に入出金を停止するなどの注意事項が告知されます。

 取引中は、利用している取引所を運営する業者から発信されるさまざまな告知を見落とさないように注意してくださいね。

■米国のCMEでビットコイン先物が上場! 次はETFか?

 2017年も残りわずかと迫り、乱発されるハードフォークがビットコイン相場を賑わせていた同じ頃、仮想通貨業界だけでなく、金融業界の目が一気にビットコインに向けられる重大ニュースが飛び込んできました。

 それが、ビットコインが100万円、200万円の大台を一気呵成に突き抜ける原動力となったもう1つの材料、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)へのビットコイン先物上場です。

CMEのビットコイン先物上場に関するお知らせ
CMEのビットコイン先物上場に関するお知らせ

(出所:CMEグループ)

【参考記事】
ビットコイン/円がついに200万円突破!! CMEビットコイン先物は日本で取引できる!?

 上場は2017年12月18日(月)ということで、発表から2週間程度の猶予があったのですが、いよいよ公的に認められた取引所へ上場するということで、期待感がビットコイン価格を押し上げたようです。

 もっとも、この上場前後を頂点に、ビットコインは頭打ちっぽい動きになっていますが…。このあたりのお話は、12月23日(土)に公開した以下の記事でどうぞ。

【参考記事】
ビットコイン/円が230万円から130万円まで暴落! 急落の要因に3つの可能性

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ビットコイン/円 日足

 上場といえば、CME同様、ビットコイン先物の上場を仕込んでいた米最大の株式オプション取引所、CBOE(シカゴ・オプション取引所)も、ビットコイン先物の取引を12月10日(日)からスタートすることを発表。CMEもCBOEもその後、予定通りビットコイン先物を上場し、取引をスタートさせています。

 さらに、米新興市場のナスダックも、2018年前半にビットコイン先物を上場するための準備を進めていると報じられており、こちらも注目を集めました。

 以前、別の記事でもお伝えしたとおり、一部のヘッジファンドなどは売りのチャンスを求めて、虎視眈々とビットコイン先物が上場されるのを待っていたなんて話も聞きます。

 ヘッジファンドのような大量のポジションを動かす機関投資家を顧客に持つCMEなどの取引所がビットコイン先物の取扱いを開始したことによって、もしかすると、ここまでおおむね上昇一辺倒だったビットコイン相場の流れに大きな変化が起きるかも? 実際、先ほどチラりとお伝えしたとおり、上場前後を頂点に、ビットコインが頭打ちっぽい動きになっているのは事実ですし…。

 なお、CMEやCBOEへのビットコイン先物上場に関しては、米国在住の広瀬隆雄さんが寄稿してくれた以下の【参考記事】も、ご覧ください。

 記事の中で広瀬さんは、今回のビットコイン先物上場の次は、ビットコインのETF(上場投資信託)が上場するのでは? と期待を寄せているようでした。実現すれば、大量の機関投資家マネーが仮想通貨市場に持ち込まれ、マーケットの様相は一変…? 実現すれば、先物上場の時よりもインパクトは大きいのかもしれません。

【参考記事】
ビットコイン先物上場! ビットコインETF上場なら大量の機関投資家マネーが流れ込む!?

 広瀬さんといえば、2017年は仮想通貨業界の大御所・大石哲之さんとの「トラストレス」を巡る激論ザイFX!を賑わせてくれましたね。

 ツイッター上での議論が始まりでしたが、リングをそっくりそのままザイFX!に移設し、筋書きなしで急遽始まったこの企画。本当に筋書きなしだったので、結果的にわずか3回で打ち止めとなってしまいましたが、立場が異なる2人の意見の食い違いっぷりが、ものすごく際立つ結果になったなぁ…という印象でした。

 2018年も、何かおもしろくて読者のみなさんに役立つ企画を(もちろん、また筋書きなしで)、考えてみたいところです。

【参考記事】
【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(0) 大物2人がツイッター上でにわかに激突!
【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(1) トラストレスを巡る筋書きのない議論開始!
【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(2) 本当にトラストレスの意味を理解してます?
【仮想通貨激論!】広瀬隆雄vs大石哲之(3) マイニングという重労働を忘れてはならない

■大暴騰を見せたビットコイン…。確定申告の準備も忘れずに

 さて、駆け足で振り返ってきましたが、2017年、200万円を超えるところまでの大暴騰を見せたビットコイン。ここだけの話、めちゃくちゃ儲かった人もいるのではないでしょうか…?

 詳しくは別の記事で書きますが、ビットコインをはじめとする仮想通貨取引で得た一定以上の利益には税金がかかります。一定以上儲かったのに黙っていたら当たり前ですけど、脱税になりますから…年度末の確定申告は忘れずに。

 ちなみに、仮想通貨の利益は雑所得に分類され、総合課税方式が適用されます。

総合課税方式では、他の所得と合算で所得税として5%~45%(※)と7段階の税率が課せられることになり、一律の申告分離課税が適用されるFXや日経225先物などとは扱いが異なりますので注意してください。

(※平成25年から平成49年の期間は、2.1%の復興特別所得税が加算される。別途、住民税10%も課されることになる)

 確定申告が必要そうな人は、今の内から情報収集し、準備しておいた方が良さそうです。

 ビットコインの快進撃は、2018年も続くのか…? それともビットコインキャッシュなどのアルトコインが主役に躍り出るのか? ザイFX!でも引き続き、仮想通貨に関する話題に注目していきたいと思います。

【参考記事】
ビットコインキャッシュの特徴とは?神様も推奨!? ビットコインを超えるかも!

 もちろん、FXに関する情報も、これまでと変わらずお届けしていきますので、2018年もザイFX!を、どうぞごひいきに!

(ザイFX!編集部・向井友代)

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2394人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 94811人 ザイFX!のtwitterをフォローする

FX害者のスペックをザイFX!が徹底調査 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較ができる 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
ドル・円・ユーロの明日はどっちだ!?
ザイFX!編集部

米ドル/円、ユーロ/米ドル、ユーロ/円をはじめとした為替相場はこれからどう動くのか? このコーナーでは「ザイFX!」編集部が為替のプロのホンネに鋭く迫る記事をお届けします。
また、カリスマ個人投資家へ突撃取材したり、FX業界の最新動向をいち早くお伝えするなど、FXに関する幅広い話題も取り上げます。

ザイFX!編集部の他の担当コーナー
ザイスポFX!」へ
FXの知られざるナゾの世界」へ
FX毎日バトル!」へ
やさしいビットコイン・仮想通貨研究所」へ

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
ヒロセ通商[LION FX]

注目FXニュースをPick Up!

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! レバレッジ3倍で年利30%!?メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底調査!

ここから口座開設すると超おトク!!ザイFX!期間限定キャンペーン実施中

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円-0.27107.83

USDJPY

豪ドル/円-0.2974.09

AUDJPY

トルコリラ/円-0.1618.80

TRYJPY

みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート

『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
ザイ オンライン

TOPICS

FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム



FX&コモディティ(商品)今週の作戦会議

09月16日更新



どうする?どうなる?日本経済、世界経済

今井雅人 09月13日更新

ここからの円安進行に否定的な見方をするワケは…?








元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)



ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果