ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒

LINEFXがザイFX!限定キャンペーン実施中!1Lot以上の取引で通常5000円にさらに1000円ついてくる!

西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」
バックナンバー

英ポンド/円はわずか3週間で12円弱反発!
合意なきEU離脱懸念後退で上値余地拡大。

2019年01月24日(木)19:13公開 [2020年09月11日(金)16:38更新]

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■英ポンドが急速に買い戻されているワケとは?

 たしかに、英ポンド/米ドルは先週(1月14日~)まで5週連続上昇。

 昨年(2018年)後半から、BOE(イングランド銀行[英国の中央銀行])を筆頭に、「合意なきEU離脱」についてのレポートが大量に報道されたため、マーケットには、ヘッジ目的の英ポンドのショートポジションがかなり残存している模様。

 しかし、今月(1月)中旬に「合意なきEU離脱」懸念は大きく後退。

 基本的に、英ポンドに対して極めて弱気なスタンスを崩さないロンドンの金融機関の友人も、現時点での「合意なきEU離脱」の可能性は10%ぐらいまで後退しているとの意見。

 マーケットにはこうした見方が増えてきているため、オーバーヘッジになっている英ポンドのショートポジションをある程度買い戻す必要が生じており、それが英ポンドの急速な買い戻しにつながっているようです。

英ポンド/米ドル 週足
英ポンド/米ドル 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:英ポンド/米ドル 週足

 結果、1月3日(木)に131.70円まで急落した英ポンド/円は、本稿執筆時点で、143.54円まで急回復。わずか3週間で12円弱反発しています。

12月13日のコラムでも触れましたが、英ポンドは「合意なきEU離脱」の可能性がある限り下値余地も大きいのですが、そのリスクが後退した場合の大きな上振れリスクがあります。

【参考記事】
保守党の不信任投票を乗り切ったメイ首相。再び問題山積みのBrexit交渉最前線へ…(12月13日、西原宏一)

 本稿執筆時点での、英ポンド/米ドルの高値は1.3094ドル。200日移動平均線が1.3069ドルに位置しており、いったんレジスタンスとなっています。

英ポンド/米ドル 日足
英ポンド/米ドル 日足

(出所:Bloomberg)

 ただ、ここを終値ベースで上抜けると、英ポンド/米ドルの上値余地はさらに拡大します。

■英ポンド/円が米ドル/円の方向性に大きな影響

 もっとも、デマーク(※)インディケーターは、昨年(2018年)末から英ポンド/米ドルの反発を示唆しており、ファンダメンタルズがインディケーターのサイン追いついてきた展開。

(※編集部注:「デマーク」とはTDシーケンシャルなどのテクニカル指標を開発したトーマス・R・デマーク氏のこと)

 この英ポンドの上昇、特に対円である英ポンド/円の動向は、米ドル/円の方向性に大きな影響を及ぼすので要注意です。

 たとえば、2015年から2016年の英ポンド/円は約75円もの暴落を演じています。

 その局面での米ドル/円は、英ポンド/円に追随する形で25円急落しています。

【参考記事】
Brexitの影響により1年で約67円暴落したポンド/円が反発! 米ドル/円への影響は?(2016年9月8日、西原宏一)

 仮に、「合意なきEU離脱」懸念がさらに薄れ、英ポンド/円の買い戻しが一段と加速すると、米ドル/円はいったん高値圏でのもみ合いになる可能性が高まるため、今後の英ポンド/円の動向には要注目です。

■ブレグジットが絶好の買い場となる時…

 ゴールドマン・サックスのみならず、ウォール・ストリート・ジャーナルの市場担当シニアコラムニストも、昨年(2018年)12月に「ブレグジットが絶好の買い場となる時」というコラムを寄稿しています。

ブレグジットが絶好の買い場となる時

英国については、政治的な不確実性と変動の大きさを背景に投資不適格との警告が多く出されている。

しかし、筆者の考えでは、ハードブレグジットの可能性は極めて小さい。もしハードブレグジットが起きれば、英ポンドは急落し、ロンドン株式市場の国内関連株は、経済の破綻を恐れる投資家の売りで暴落するだろう。しかし、もし何らかの「ソフト」なブレグジットでの妥協や、ブレグジットの全面的放棄が実現すれば、懸念解消とともにポンド相場は上昇し、国内株は反発するだろう。

出所:WSJ

 「合意なきEU離脱」の可能性が後退したことにより、英ポンド/米ドルの上値余地は大きく拡大。

 ただ、可能性は極めて低下したとはいえ「合意なきEU離脱」というテールリスクがあることは変わりませんので、英ポンドのトレードは慎重に行いたいところ。

 米ドル/円に代わって主役に躍り出た英ポンドの動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

西原宏一 FXトレード戦略指令! with 日経先物

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「FXトレード戦略指令! with 日経先物(月額:6600円・税込)です。

「FXトレード戦略指令! with 日経先物」では、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、メルマガや購読者限定ウェブサイトにてご覧いただけます。 

 また「FXトレード戦略指令! with 日経先物」には10日間の無料体験期間がありますので、ぜひ一度体験していただき、みなさんのトレードの参考にしてみてください。

葉那子と「FXのトレード戦略指令! with 日経先物」でFXトレードを始めよう!

この記事に関連する新着情報

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社
スプレッドは業界最狭水準 インヴァスト証券[トライオートFX]

インヴァスト証券[トライオートFX]

過去実績から自動売買が選べる「自動売買セレクト」!自分用のポートフォリオが組めるトライオートFX

取引コストが安い! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

取引ツールも充実! 今ならザイFX!限定で1500円キャッシュバック!

西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」
西原宏一 (にしはら・こういち)

青山学院大学卒業後、1985年に大手米系銀行のシティバンク東京支店へ入行。1996年まで同行に為替部門チーフトレーダーとして在籍。その後、活躍の場を海外へ移し、ドイツ銀行ロンドン支店でジャパンデスク・ヘッド、シンガポール開発銀行シンガポール本店でプロプライアタリー・ディーラー等を歴任した後、独立。現在はCKキャピタル代表取締役・CEO。ロンドン、シンガポール、香港など海外ヘッジファンドとの交流が深く、独自の情報網を持つ。近著に『30年勝ち続けたプロが教える シンプルFX』(扶桑社)がある。

執筆者のサイト
FX TREND 西原宏一オフィシャルサイトへ
「ザイFX!×西原宏一 FXトレード戦略指令!」を配信中!(10日間無料)

当コラムのバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2411人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 105288人 ザイFX!のtwitterをフォローする

セントラル短資FX[FXダイレクトプラス]
注目FXニュースをPick Up!
相場予想が当たらなくても儲かる!底辺高校卒業生と最強の為替サイトザイFX!が作った1日5分で稼ぐFXグルトレ完全ガイド
最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較! メキシコペソ/円のスワップポイントを徹底比較!
FX初心者のための基礎知識入門
みんなの米ドル/円予想など…ザイFX!Twitterアンケート
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替の総合情報サイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は → 「ザイFX!」トップページへ
プロの為替相場見通しなどが知りたい人は → 「ザイFX!の有料・無料メルマガ」
メタトレーダー4(MT4)の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」
ビットコインなど仮想通貨の情報を知りたい人は → 「ザイFX!×ビットコイン」
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム












元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト ザイFX!×メタトレーダー4(MT4)


ザイFX!メルマガ