ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

米ドル/円は懸念どおり112円超えならず…。
「セル・イン・メイ」に向けて、調整局面入り

2019年04月11日(木)13:10公開 (2019年04月11日(木)13:10更新)
西原宏一

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で5000円もらえる

■ご祝儀相場でも、米ドル/円と日経平均は失速気味

 みなさん、こんにちは。

前回のコラムでご紹介させていただいたように、新年度スタートのご祝儀相場にも関わらず、米ドル/円と日経平均は早々に失速気味

【参考記事】
112円目前のドル/円、一転反落の可能性!? 事態好転の兆しに英ポンドの上昇余地拡大(4月4日、西原宏一)

 米ドル/円は節目の112.00円にも届かず、反落(高値は4月5日の111.82円)。一時、111.00円を割り込む展開。

米ドル/円 4時間足
米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 一方、日経平均も続伸できず。

 米国株の続伸を横目に上昇するも、200日移動平均線が位置している2万1895円が上値を押さえている展開です。

日経平均 日足
日経平均 日足

(出所:Bloomberg)

 日経平均の上値を押さえているのが、本邦機関投資家の「期初の益出し」

 一部の本邦機関投資家は、新年度入りの早い時期に保有株を売却して、当期の利益を一定の度合いで確保する傾向があります。

 これは、「新年度の収益目標達成への気持ちに余裕が出る」効果を狙っての行動のようです。

 そのため、先週(4月1日~)は新年度入りし、「株高・円安」相場となっても、今週(4月8日~)に入ると、一部の機関投資家から「期初の益出し」による株売りが出て、日経平均は上値の重い展開となっています。

 結果、今週(4月8日~)の「日経平均と米ドル/円」は、上値の重い展開となり、調整局面入り

■IMFが世界経済は「不安定な状況」と警告

 一方、4月2日(火)の欧米市場では、IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事が「世界的に成長が鈍化する中、世界経済は不安定な状況にある」とコメント。

 このコメントは、現在、多くの中央銀行が緩和に移行しつつあることを裏付けるものであるともいえます。

 つまり、世界経済は不安定な状況に向かっていると認識しているため、主要中銀が緩和スタンスに変更しているということになります。

 そして今週(4月8日~)、IMFは2019年の世界成長率見通しを3.3%とし、金融危機以降で最低の水準に下方修正した模様(1月の予想は3.5%)。

 米国を中心とした関税引き上げが貿易を圧迫していることを、要因のひとつとして挙げています。

 このIMFの発表が、「セル・イン・メイ」の時期を控えた米国株の上値を重くしています

NYダウ 日足
NYダウ 日足

(出所:Bloomberg)

 来週(4月15日~)から…


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
キャンペーンおすすめ10 トレーディングビュー記事 ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る