ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

FRBが無制限の量的緩和をしてもまだドル高。
ドル安に反転してくるのはいつか?

2020年03月24日(火)13:01公開 (2020年03月24日(火)13:01更新)
バカラ村

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■NY州が外出禁止令。リスクを取れない状況が続く

新型コロナウイルスの影響が大きく、米NY(ニューヨーク)州では外出禁止令が出ました。

 感染拡大が収まらず、病院の収容力を超えたことによる対応です。

 金融市場は、この新型コロナウイルスの感染者の拡大が収まるか、治療薬が正式に効くとわかるまでは、リスクを取れる状況ではない状態が続きます。

【参考記事】
これは、リーマンショック以上の危機!! 世界的な米ドル不足で米ドル全面高に(3月19日、今井雅人)

■米ドル不足で各国が協調も、反転にはまだ早い

 金融市場は混乱が続いていますが、その対応として、各国中銀が金融政策で緩和させようとしています。

 為替市場では米ドル不足のため、日本時間3月16日(月)にFRB(米連邦準備制度理事会)がその対応として、日銀やECB(欧州中央銀行)などと、通貨スワップ協定の拡充策を結びました。

 さらに3月19日(木)には、オーストラリア・ニュージーランド・メキシコ・シンガポール・ブラジル・韓国・スウェーデン・ノルウェー・デンマークの9カ国の中央銀行と、米ドルの流動性を確保するための協定を結びました。

 為替市場では、米ドルが急騰していましたが、これで、その動きも緩和されるものと思います。

米ドルVS世界の通貨 日足
米ドルVS世界の通貨 日足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 日足

 ただ、株式市場の急落が激しかったこともあり、ファンドの中には解散するところもあると思いますので、そのポジションの手仕舞いとして、米ドルへの資金還流がまだ出てくるものと思います。そのため、米ドル高が反転すると考えるのは、早いかと思います。

■今週は米国の財政政策が成立するかに注目!

 金融政策だけでは、株式市場が下げ止まらないこともあり、トランプ大統領は2兆ドルの財政政策を検討しています。

 ただ、まだ米議会では成立しておらず、今週(3月23日~)は、これが成立するのかに注目が集まるところです。

トランプ米大統領

トランプ大統領が検討している2兆ドルの経済対策は、民主党が法案採決に進む動議を2日続けて否決している。バカラ村氏は、米議会で法案が採決まで持ち込まれ、成立するかが今週の注目材料だと指摘している (C) Chip Somodevilla/Getty Images News

 どの程度の規模で成立するのかも注目ですが、大規模な財政政策が出てくるようであれば、株式市場の下げも止まるのではないかと思います。

NYダウ 日足
NYダウ 日足チャート

(出所:Bloomberg)

■緊急FOMCで無制限の量的緩和策を決定

 3月23日(月)には、緊急のFOMC(米連邦公開市場委員会)が開催されました。

 それまでにも、今月(3月)に入ってから、臨時のFOMCは2回開催されており、3月3日(火)に0.5%の利下げ、3月15日(日)には1.0%の追加利下げと7000億ドル規模の債券買い入れ策を発表していました。

 しかし、株式市場の下落が止まらなかったことから、23日(月)には、無制限の量的緩和を行い、米国債や住宅ローン担保証券を必要なだけ買い取る方針を発表しました。

パウエルFRB議長

FRBは3月に入って3度目となるFOMCを23日に開催。無制限の量的緩和を行い、米国債や住宅ローン担保証券を必要なだけ買い取る方針を発表した。写真はFRBのパウエル議長 (C)Bloomberg/Getty Images News

■米ドル安に反転してくるのはいつか?

 できる限りの金融政策を出してきたことにより、23日(月)のNYダウは下落から一転、反発しました。

 これで一安心かと思っていましたが、金融市場には、これでもまだ足りないようで、NYダウは再度、安値付近まで下がります。

NYダウ 30分足
NYダウ 30分足チャート

(出所:Bloomberg)

 そして、為替市場も、瞬間、米ドル安に推移しますが、一転して米ドル高へ。

3月23日(月)の米ドル/円 30分足
3月23日(月)の米ドル/円 30分足チャート

(出所:Trading View

 かなりの金融政策だと思いますが、まだ、米ドルへの現金化の動きが根強く、米ドル安に推移したところでは、米ドル買いが入るようです。

【参考記事】
ドル高は事実上のQE4実施でも止まらない? コロナ収束後の市場のV字反騰に備えよ!(3月23日、陳満咲杜)
FRBが流動性供給策導入も、米ドルの需給逼迫は継続! 株安でも米ドル/円は上昇か(3月19日、西原宏一)
利下げにもかかわらずレパトリで米ドル高。弱い商品市況。豪ドルは弱い通貨に逆戻りか(3月18日、志摩力男)
FRBが緊急利下げでゼロ金利政策再開! 大規模緩和でも米株安止まらず。為替は?

 ただ、この現金化の動きが収まるようであれば、無制限の量的緩和ということもあって、米ドル安へ推移する可能性が出てきます。

 今はまだ、米ドル高で見ているものの、いつ、米ドル安に反転してくるのか――。

NYダウなどが下げ止まるようであれば、そのあとしばらくしてから、米ドル安に反転してくるのではないかと思います。

【参考記事】
相次ぐ金融緩和で株価の急落も落ち着くか。ここからの米ドル/円は、あまり下がらない!(3月17日、バカラ村)

■英ポンド/米ドルは戻り売りだが、米ドルの動きに注意!

英ポンド/米ドルは、1.19ドル台半ばから1.20ドルの、長期のサポートゾーンを下抜けてきました。

 その後、1.19ドル台まで反発しましたが、以前のサポートゾーンがレジスタンスになったこともあり、テクニカル的にはまだ弱いままです。

英ポンド/米ドル 週足
英ポンド/米ドル 週足チャート

(出所:Trading View

 豪ドル/米ドルも、リーマンショック時の安値を下抜け、その水準がレジスタンスになっていますが、ロウRBA(オーストラリア準備銀行[豪州の中央銀行])総裁が口先介入を行ってからは、豪ドルは下げ渋る動きになっています。

豪ドル/米ドル 月足
豪ドル/米ドル 月足チャート

(出所:Trading View

 まだ、米ドル買い方向で考えていることもあり、英ポンド/米ドルは、戻り売りで考えています。

 ただ、FRBの無制限の量的緩和で、米ドル安へ動く可能性があるため、現金化による米ドル買いが収まるようであれば、反転してくることには気をつけるべきかと考えています。

GMO外貨[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
田向宏行 トレーディングビュー記事 バイナリーオプション比較
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る