ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

相変わらず米議会の合意待ちの小動き、
下院期限が迫り為替相場もリスクオフに注意

2020年10月02日(金)14:37公開 (2020年10月02日(金)14:37更新)
持田有紀子

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

 昨日は朝から東証のシステムがダウンした。現物株のすべての取引ができなくなったのだ。先物取引や債券取引は別のシステム系統で動いているようで、まったくのブラインドになったわけではなかった。

 しかしスパコンが世界一になったとか、デジタル担当大臣が新設されたと言っても、もっと先にやっておかねばいけないことがあるのではないか。ゆうちょ銀やドコモ口座も初歩的なミスだ。

 これではインドやインがポールにでもシステムを外注した方が、運用の信頼性が高いものができるのではないかと思ってしまう。肝心のマーケットへの影響はほとんど出ていない。それが唯一の救いだろう。

 米議会の下院が金曜日までで閉会されるので、追加予算の審議も残る日数が限られてきた。より大規模な支出を目論んでいる民主党と、小さい政府を標榜している共和党ではなかなか妥協点が見いだせないでいる。

 昨日も合意できるのできないので、資本市場は上下に振らされた。終わってみれば合意できずで、最終日に持ち越すことが決定した。米国株も途中までは大いに上がっていたのに、最終的にほとんどのゲインを吐き出す格好となった。

 その予算審議のための下院の協議は、残すは今日だけである。今日の遅くまで議論はするのだろうが、まとまらないと大統領選の後に持ち越しとなる。下院銀も選挙に臨まないといけないからである。

 そういうわけで本日は追加対策の山場を迎えることとなる。もしも合意できないとなると、かなり大きなリスク回避が起こると予想され、ドル円やユーロ円も直撃を受けることになるだろう。

 また本日は雇用統計である。一時期ほどの回復力がなくなってきたのは、他の指標を見てもわかる。だから雇用統計の毎回のデータで一喜一憂する展開にはならないのも、FRBのメンバーが主張しているとおりである。


日本時間 14時30分

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ キャンペーンおすすめ10 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る