ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
バカラ村の「FX専業トレーダーの相場観」

オセアニア通貨の押し目買いが良さそう。
イエレン財務長官で2021年の市場は安定か

2020年12月01日(火)12:12公開 (2020年12月01日(火)12:12更新)
バカラ村

100万口座達成!GMOクリック証券は最短即日取引可能!

■新型コロナウイルスで大荒れとなった2020年

 今年(2020年)も、残り1カ月となりました。

今年の相場は、新型コロナウイルスによって大荒れとなりました。

 米大統領選もあり、そして、このあとは、ブレグジット(英国のEU離脱)協議も大詰めを迎えることになります。

【参考記事】
米大統領選とは? 制度のしくみや特徴、米ドルなどの為替相場や株価への影響を解説
ブレグジット=英国のEU離脱とは? 欧州連合離脱の経緯、離脱までの過程を解説
新型コロナがFXのスプレッドやスワップに与えた影響は? 緊急事態で電話対応休止も

■金融市場では記録更新が相次ぐ

 新型コロナウイルスの影響で、今年の金融市場は記録を更新するものが多くありました

 たとえば、3月にはNYダウなどの株式市場が、「過去最大」の下落幅となりました。そして、4月は米国の失業率が、「過去最悪」の14.7%に。

【参考記事】
コロナショックのNYダウ暴落を、世界恐慌やリーマン・ショックのときと比較してみると…

 その後、過去に例を見ないほどの金融緩和や財政出動で金融市場は大幅反発し、11月にNYダウは、「史上最高値」を更新しました。

NYダウ 週足
NYダウの週足チャート

(出所:TradingView

米失業率の推移
米失業率の推移

※米労働省のデータをもとにザイFX!が作成

■夏以降の為替市場は、あまり動きが出ない状態に…

 ほかにも、いろいろな指標で記録を更新していますが、為替市場は夏以降、あまり動きが出ておらず、米大統領選が終わった現在も、トレンドらしいトレンドはない状態です。

米ドルVS世界の通貨 週足
米ドルVS世界の通貨の週足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:米ドルVS世界の通貨 週足

世界の通貨VS円 週足
世界の通貨VS円の週足チャート

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 週足

 12月はクリスマスもあり、材料も乏しいため、トレンドを期待するのは難しいところですが、来年(2021年)はブレグジットも終わっており、トランプ大統領からバイデン次期大統領に変わることもあって、動きを期待したいところです。

■次期財務長官にイエレン氏。金融市場は安定か

 11月30日(月)に、バイデン次期大統領は、イエレン前FRB(米連邦準備制度理事会)議長を財務長官に指名しました。

 FRB時代のイエレン氏は、金融市場の動きを気にしながらの発言が多く、急落や急騰を起こさせないように、気を付けながら発言していた印象があります。

ジャネット・イエレン前FRB議長の写真

次期米財務長官に指名されたジャネット・イエレン前FRB議長。写真はFRB議長時代のもの (C) Bloomberg/Getty Images

 来年(2021年)から財務長官となりますが、安定した金融市場になりやすいのではないかと思います。

■目先は米ドルに反発の可能性

 ドルインデックスは9月1日(火)の安値91.74を下抜け、91.50まで下がりました。

ドルインデックス 日足
ドルインデックスの日足チャート

(出所:TradingView

大きな流れとして、米ドル安が続くのではないかというイメージはそのままです。

【参考記事】
主要通貨で横ばい多いが、長期的なドル安見通しに変化なし! 経済対策協議にも注目(11月24日、バカラ村)

ただ、目先は反発する可能性があります。

 ユーロ/米ドルは、直近高値1.2010ドルの目前となる1.2003ドルまで上がりましたが、12月のECB(欧州中央銀行)理事会での緩和観測があるため、ユーロ高も続かず、調整しています。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドルの日足チャート

(出所:TradingView

 豪ドル/米ドルも、直近高値0.7413ドル目前の0.7407ドルまで上昇しましたが、ユーロ/米ドル同様に調整しています。

豪ドル/米ドル 日足
豪ドル/米ドルの日足チャート

(出所:TradingView

 米ドル安へのトレンドを期待していましたが、他のドルストレート(米ドルが絡んだ通貨ペアのこと)でも同じように推移しているものがあり、米ドルの安値を抜けるのに失敗していることもあって、調整の段階になってきています。

【参考記事】
ドルストレートとは? FXで取引できるドルストレートの種類や特徴を紹介!

■米ドル安はじわじわと進みそう

 多くの市場参加者は、今後も米ドル安を予想しており、その理由として、低金利の長期化や財政赤字などを挙げています。

 私も同じように米ドル安で考えていますが、この理由は、積極的に米ドル安を仕掛けていくような内容ではなく、動きとしては、じわじわと米ドル安に推移するようなものになると思います。

【参考記事】
じわじわとした推移で長期的に米ドル安へ。年末に向けたリスク選好の動きにも期待!(11月10日、バカラ村)
米ドル/円は戻り売り。11月から年末にかけて、リスク選好の米ドル安に期待!(9月15日、バカラ村)

■長期目線でオセアニア通貨の押し目買いも良さそう

 現在の為替市場に動きがない理由として挙げられるのは、各国が低金利になっていることだと思います。

金利差がないため、通貨の強弱がはっきりせず、動きがほとんどない状態になっていると思います。

 ただ、ニュージーランドは、他のどの国よりも先に利上げをする可能性があります。

 すぐに利上げをするわけではありませんが、他の先進国と比較すると、早い段階で利上げの可能性があります。

 ニュージーランドが利上げをすれば、オーストラリアでも利上げの可能性が出てくるため、オセアニア通貨は長期的には強い動きが期待できます

【参考記事】
オセアニア通貨とは? FXで取引できるオセアニア通貨の種類や特徴を紹介!

 そのため、長期では豪ドル/米ドルやNZドル/米ドルの押し目買いも、良いのではないかと考えています。

【参考記事】
米大統領選はバイデン氏勝利が既成事実化。米ドル安継続、豪ドル/米ドルの押し目買い!(11月9日、西原宏一&大橋ひろこ)

豪ドル/米ドル 週足
豪ドル/米ドルの週足チャート

(出所:TradingView

NZドル/米ドル 週足
NZドル/米ドルの週足チャート

(出所:TradingView

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事
田向宏行 CFD口座おすすめ比較 経済指標速報記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る