ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一・大橋ひろこの「FX&コモディティ(商品) 今週の作戦会議」

欧米の半期末、ロンドンフィックスに要注意!
ロングがたまっているユーロ/ドルを戻り売り

2021年06月28日(月)15:43公開 (2021年06月28日(月)15:43更新)
西原宏一&大橋ひろこ

【ヒロセ通商】ザイFX!限定 最大11000円キャッシュバック実施中!

■6兆ドルから1.2兆ドルへ。規模削減のインフラ投資

バイデン米大統領は、超党派の議員グループとインフラ投資計画で合意しました。


投資額は8年で1.2兆ドル規模です。

バイデン米大統領写真

バイデン米大統領は、8年で1.2兆ドル規模のインフラ投資計画を超党派の議員グループと合意した (C)Scott Olson/Getty Images News

当初は6兆ドルといった数字も出ていましたが、上院議員のバーニー・サンダースや「AOC(アレクサンドリア・オカシオ=コルテス下院議員)」など民主党左派が主張していた、子育てや教育など「人的インフラ」部分を別法案へと切り分けたことで、だいぶ小さくなりました。


新規の歳出は5590億ドルです。

【参考記事】
トランプ米大統領の天敵「AOC」とは…!? ユーロ/円、英ポンド/円は戻り売りか(2019年9月30日、西原宏一&大橋ひろこ)

それでも大きな金額ですし、合意したことで市場へ安心感が広がる、と見る向きもあります。

週末にはバイデンさんが、人的インフラとのセットでないと署名を拒否すると発言したり、ドタバタしましたが、前進したこと自体は安心でしょうね。

■米株は最高値更新も、木材やビットコインは反落したまま

先週(6月21日~)注目されたパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言ですが、特筆すべき発言はなく、無難に通過しました。


また、米個人消費支出(PCE)も29年ぶりの大きな伸びとなりましたが、予想の範囲内であったことから、早期テーパリング思惑がやや後退したようで、S&P500やナスダック総合指数は先週、史上最高値を更新しています。


6月16日(水)のFOMC(米連邦公開市場委員会)以降のリスクオフムードは後退でしょうか

【参考記事】
タカ派転換のFRBは「市場との対話」に失敗。鉄鉱石が崩れれば、豪ドルは一段安へ(6月21日、西原宏一&大橋ひろこ)

S&P500 日足
S&P500 日足チャート

(出所:TradingView

ナスダック総合指数 日足
ナスダック総合指数 日足チャート

(出所:TradingView

木材価格やビットコインなど、過剰流動性相場で買われた資産は、高値から50%反落したまま戻っていません。


豪州(オーストラリア)の友人によれば、中国経済はみんなが思っているほど強くない、との見方もあります。

シカゴ木材先物 日足
シカゴ木材先物 日足チャート

(出所:TradingView

ビットコイン/円 日足
ビットコイン/円 日足チャート

(出所:TradingView

中国共産党は7月、100周年を迎えます。


先週には小幅ではありますが、市場への資金供給を拡大し、上海株が強含みましたし、FOMC直後にはいったん売られた中国人民元も、上昇を再開しています。


資金供給の拡大は、7月中は市場を支えていく、というメッセージなのかもしれません。

ちょっと気になるのが豪州の感染状況


メルボルンに続き、土曜日(6月26日)からはシドニー全域でもロックダウンとなりました。


新規感染ゼロが続き、緩んでいたため、ワクチン接種が遅れているのも不安ですね。

■欧米の半期末、ロンドンフィックスをどう利用する?

カレンダー的には今週(6月28日~)、月末、四半期末を迎えます。欧米勢にとっては半期末ともなる重要な月末


ファンダメンタルズとは無関係な乱高下が起きやすくなります

要注意ですね。


ロンドンフィックス(日本時間24時)へ向けた妙な動きも出やすくなります。

【参考記事】
ロンドンフィックス(フィキシング)とは? 月末のロンフィクトレード4つの手法!

そうした動きをどう利用するのか。


米ドル安継続と見て米ドルを売るのか、米ドル買いのチャンスとするのか。


西原さんはどう考えますか?

FOMC以降、米10年債利回りは投機の影響もあり乱高下していますが、底堅く推移しているのがドルインデックス


米ドル買い需要は強く、米ドル高は続くと見ています。


特に、一時は強気なセンチメントが広がり、ロングがたまっているユーロに対して、米ドル買いが進みやすいのではないでしょうか。

【参考記事】
パウエル議長発言で、米ドル下落も限定的。ユーロ/ドルは、1.1600ドルへの下落過程続く(6月24日、西原宏一)

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足チャート

(出所:TradingView

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

■米雇用統計、米2年債利回りなど短期金利に注目

今週はOPEC(石油輸出国機構)総会も開催されます。


おそらく減産規模の縮小、つまり増産が発表されるとのコンセンサスですが、それでも原油は強そう


木材のような急騰だと急落も怖いですが、今のようなじり高だと暴落の不安も少ないですね。

WTI原油先物 日足
WTI原油先物 日足チャート

(出所:TradingView

原油の価格調整権を米国がOPECに渡して以降、原油は強いですね。

金曜日(7月2日)は米雇用統計です。


強い数字となれば、早期テーパリング観測が強まり米ドル高になりやすく、弱ければ反応しない、といったイメージでしょうか。

【参考記事】
市場はFOMCの結果に悪乗り! しっぺ返しを食らった! 今後は強い米指標で米ドル優位へ(6月24日、今井雅人)

米2年債利回りなど短期金利に注目でしょう。

米2年債利回り 日足
米2年債利回り 日足チャート

(出所:TradingView

FRBの政策を素直に反映するのは、10年債よりも短期の2年債ですね。


今週の戦略はどう考えますか?

米ドル高という意味では、ユーロ/米ドルの戻り売りでいいのでは。


米ドル/円も最終的には上がるのでしょうが、市場が上目線でそろっているのが気がかりです。

ユーロ/米ドル 日足
ユーロ/米ドル 日足チャート

(出所:TradingView

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足チャート

(出所:TradingView

(構成/ミドルマン・高城泰)

NYダウや金にも直接投資できるCFD取引会社を徹底比較!

【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

「トレード戦略指令!」は登録後10日間無料解約可能なので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る