ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

パウエル議長発言で、米ドル下落も限定的。
ユーロ/ドルは、1.1600ドルへの下落過程続く

2021年06月24日(木)17:13公開 (2021年06月24日(木)17:13更新)
西原宏一

ザイFX限定!口座開設&取引で5000円もらえる! トレイダーズ証券みんなのFX

■パウエル議長発言が、米国株安・クロス円急落を止める

 みなさん、こんにちは。

 先週(6月21日~)のFOMCで米国のテーパリング(※)観測が根強い事が確認され、マーケットは米ドル高に大きく振れました。

(※編集部注:「テーパリング」とは、量的緩和政策により、進められてきた資産買い取りを徐々に減少し、最終的に購入額をゼロにしていこうとすること)

ドルインデックス 日足
ドルインデックス 日足

(出所:IG証券

 米国株も総じて反落し、豪ドル/円を筆頭にクロス円(米ドル以外の通貨と円との通貨ペア)は急落。

 しかし、その動きをいったん封じ込めたのが、FRB(米連邦準備制度理事会)のパウエル議長。6月22日(火)、パウエル議長が「インフレ圧力は一過性のものにとどまる」との見解をあらためて示した事が要因で、米国株は反発しました。

パウエル議長は下院特別小委員会での証言で、物価はいずれ下がるという「一定の確信」があるとし、1970年代型のインフレが見られる「可能性は極めて低い」と指摘。

出所:Bloomberg

 このコメントを受けて、6月22日(火)のNY市場では、ナスダック総合指数が最高値で取引を終了しています。

ナスダック総合指数 日足
ナスダック総合指数 日足

(出所:IG証券

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! 10日間の無料体験期間もあります! 詳しくは、以下のバナーをクリック!

西原宏一 トレード戦略指令!

■今後、パウエルFRB議長の手腕に注目が集まるか

 先週(6月14日~)、大きく値を崩していたクロス円も今週(6月21日~)は反発しています。

世界の通貨VS円 日足
世界の通貨VS円 日足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:世界の通貨VS円 日足

 FRB(米連邦準備制度理事会)は、早期利上げの可能性を否定しないのですが、米国株も崩さないというスタンスを維持するというタイトロープを渡っています。ですが、今のところうまくバランスをとっています

 数年前までのパウエル議長は「市場との対話が下手」であり、彼がメディアに出てコメントするたびに、米国株が崩れていたものですが、それが大きく変貌しています。

 ただ、そのバランスはいつまで続くのでしょうか?

■米ドル/円は年初来高値更新。米ドル上昇トレンドは不変

 今週(6月21日~)のパウエル議長のコメントで一時、米ドルは反落したわけですが、その下落は限定的にとどまっています。

 以下は、ドルインデックスの週足チャートです。

ドルインデックス 週足
ドルインデックス 週足

(出所:IG証券

 先週(6月14日~)は、一時92.405まで反発した後、反落していますが、下落は91.513までと極めて限定的です。

 それを反映しているのが、ユーロ/米ドル。以下は、ユーロ/米ドルの週足チャートです。

ユーロ/米ドル 週足
ユーロ/米ドル 週足

(出所:IG証券

 先週(6月14日~)は、FOMCというイベントがあり、ユーロ/米ドルは1.2147ドルから1.1848ドルまでの大陰線を形成したわけですが、今週(6月21日~)、パウエル議長のコメントで米ドルが反落したとはいえ、高値は1.1970ドルまでと限定的

 米ドル/円に至っては一時、111.12円と年初来高値を更新しています。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:IG証券

前回のコラムのとおり、米ドル/円は米10年債利回りの下落にもあまり追随しなくなっているため、下値がじりじり切り上がってきており、米ドル上昇トレンドは変わりません。

【参考記事】
FOMCは2023年末までに2回の利上げ示唆。ユーロ/米ドルは、1.1600ドルへの下落過程に(6月17日、西原宏一)

★ザイFX!で人気の西原宏一さんの有料メルマガ「トレード戦略指令!」では、タイムリーな為替予想や実践的な売買アドバイスなどをメルマガや会員限定ウェブサイトで配信! 10日間の無料体験期間もあります! 詳しくは、以下のバナーをクリック!

西原宏一 トレード戦略指令!

■ユーロ/米ドルは、1.1600ドルへの下落過程続く

 ただ、仮にユーロ/米ドルや英ポンド/米ドルに対して、米ドルが上昇する局面では、クロス円の下落の影響で、米ドル/円は値を崩す局面があるため、高値を買わず辛抱強く押し目待ちのスタンスは変わらず。

米ドル/円 日足
米ドル/円 日足

(出所:IG証券

 注目は、先週(6月14日~)と変わらずユーロ/米ドル。

 今週(6月21日~)は、株価の反発局面で、豪ドル/米ドルやニュージーランドドル/米ドルなどの資源国通貨の反発が目立ったのですが、ユーロ/米ドルはそうした資源国通貨と比較すると
反発も限定的。

 ユーロ/米ドルは引き続き、1.1600ドルへの過程にあると想定しています。

 パウエル議長のコメントを受けても反発が限定的な、ユーロ/米ドルの行方に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 メルマガ「トレード戦略指令!」有料会員向けに西原宏一さんとフリーアナウンサーの大橋ひろこさんがぶっちゃけトークを繰り広げる動画コンテンツ「FX・投資作戦会議」を一部無料公開しています。ぜひ、ご覧ください。

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る