ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原宏一_メルマガ取材記事
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

含み損113万円! でも126万円の利益も確定した
プレイヤーは現在、運用停止中。「第20回トラッキング
トレードガチンコバトル」は後半戦へ突入!

2022年08月25日(木)13:11公開 (2022年08月25日(木)13:11更新)
ザイFX!編集部

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

「第20回トラッキングトレード ガチンコバトル」開催中! 
参加中の4人のプレイヤーとは?

 4名のタイプの異なるプレイヤーが、FXブロードネットのリピート系発注機能、「トラッキングトレード」を使って3カ月間の累計利益を競う「トラッキングトレード・ガチンコバトル」

【リピート系発注機能を徹底比較】
⇒FXの自動売買ができる口座を徹底比較!:(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】

トラッキングトレード・ガチンコバトル

 FXブロードネットで5年続いている大人気企画で、現在は2022年7月4日(月)からスタートしている「第20回トラッキングトレード ガチンコバトル」が絶賛進行中です!

 トラッキングトレードとは、

・取引する通貨ペア
・「売り」から入るか「買い」から入るか
・取引に使う金額(対象資産)
・注文を仕掛けるレンジ幅(想定変動幅)

 の4項目をあらかじめ設定して運用する、リピート系発注機能です。

【参考記事】
開始3週間で80万円超えの利益をあげたプレイヤーが! 第20回トラッキングトレードガチンコバトルがはやくもヒートアップ!!

 「トラッキングトレード ガチンコバトル」では、4人のプレイヤーがそれぞれ証拠金300万円からスタートし、3カ月間トラッキングトレードで運用して、累計確定利益を競います。複数通貨ペアの同時運用はNGですが、両建てはOK。バトル終了までに残っている注文は、終了時までにすべて決済する必要があります。

 参加プレイヤーはこちらの4名。名前の横の金額は、第11回~第19回バトルの累計実現利益です。

トラッキングトレード ガチンコバトルプレイヤー
トラッキングトレード ガチンコバトルプレイヤー

(出所:FXブロードネット(編集部にて一部加工))
※金額は第11回~第19回バトルの累計実現利益

 各プレイヤーのトレードスタイルは、

●チャーティスト先生…テクニカル分析重視
●怠け者の楽々投資氏…ほったらかし運用
●ファンダメンタリスト氏…ファンダメンタルズ分析
●トラトレめがね氏…1回前のバトル優勝者のマネ運用

 となっています。トラトレめがね氏の「マネ運用」というのは、文字どおり他のプレイヤーのトレードをマネする運用方法です。

 ガチンコバトルでは、取引内容や設定の変更、手動決済など、何かアクションを起こした場合は必ず公式Twitterでツイートしなければならないというルールがあります。

 トラトレめがね氏はそのルールを上手く使って、1回前のバトル優勝者がツイートしたアクションを見て、追って自分も同じ行為を行うという運用方法を取っているんです。

 ちなみに、ツイートはリアルタイムで行われるため、我々一般のトレーダーももちろんマネ運用が可能なんですよ!

現在1位のチャーティスト先生は126万円の確定利益!
2位の怠け者の楽々投資氏は、際立つ含み損の少なさ

 さて、バトルも後半戦に差し掛かっている「第20回トラッキングトレード ガチンコバトル」。当コーナーでは開始早々3週間でチャーティスト先生が80万円の利益を上げていたところまでお伝えしましたが、その後はどんな展開になっているのでしょうか。

【参考記事】
開始3週間で80万円超えの利益をあげたプレイヤーが! 第20回トラッキングトレードガチンコバトルがはやくもヒートアップ!!

 8月18日(木)終了時点の成績は、ご覧のとおりです。

第20回トラッキングトレード ガチンコバトル・8月18日(木)終了時点の成績
第20回トラッキングトレード ガチンコバトル・8月18日(木)終了時点の成績

(出所:FXブロードネット、編集部にて一部加工)

 累計実現損益現在1位はチャーティスト先生で、なんと126万3820円の利益を確定しています!

 2位は怠け者の楽々投資氏で、63万4354円。チャーティスト先生と比べると約半分の利益ですが、特筆すべきは含み損の少なさ。チャーティスト先生は両建て戦略を取っていることもあって113万円以上の含み損を抱えているのに対し、怠け者の楽々投資氏の含み損は約6万円! ですから、含み損を差し引いた利益で考えると、怠け者の楽々投資氏が大幅にリードしています。

 3位はファンダメンタリスト氏で、35万9642円の累計実現損益。4位は、そのファンダメンタリスト氏のマネ運用をしているトラトレめがね氏で、33万5394円の累計実現損益です。

 そして注目したいのが、怠け者の楽々投資氏以外は運用を停止していること。前回当コーナーで7月21日(木)までの途中経過をお知らせした際は、全員トラッキングトレードを運用していたのですが、この1カ月で何があったのでしょうか。

チャーティスト先生はまず「買い設定」を停止、
その後相場の行方を見て「売り設定」も停止

最初に運用を停止したのは、ユーロ/円の両建て運用をしているチャーティスト先生でした。7月28日(木)にまず、停止レートに到達した「買い設定」を停止します。

 「売り設定」の方はしばらくそのまま運用を続けていたのですが、ユーロ/円が「8月4日(木)高値・安値を抜けた方に大きく動く可能性が高い」という予想を立てていたため、8月5日(金)に高値方向へ抜けたのを機に、「売り設定」も停止しました。

 「買い設定」も「売り設定」も、残っているポジションはそのまま保有し続けていますが、8月18日(木)終了時点ではまだ1つも決済されておらず、運用の再開もなされていない状態です。

ファンダメンタリスト氏は運用停止後、指値を設定

 チャーティスト先生に続いて運用停止を行ったのは、米ドル/円を「買い設定」で運用していたファンダメンタリスト氏。チャーティスト先生が最初に「買い設定」の運用停止を行った翌日である7月29日(金)のことでした。停止理由は、米ドル/円が前日の終値で想定していた停止レート135円を下回ったこと。

 そして、ファンダメンタリスト氏のツイートからおよそ20分後、マネ運用中のトラトレめがねさんも運用を停止したという報告がありました。

 トラッキングトレードでは、「停止レート」はあくまで想定しておくだけのもので、到達すると自動的に決済されるといったことではないのですが、「事前に想定したシナリオをきちんと実行する」というのがトータルで勝つ秘訣でもあるため、ガチンコバトルプレイヤーは皆さん守っています。

 なお、この運用停止時点でファンダメンダリスト氏は30ポジション、トラトレめがね氏は29ポジション保有したままでしたが、これについては「米ドル/円は引き続き上昇する」という判断から8月3日(水)に137円で決済指値注文を出しています。

怠け者の楽々投資氏は運用停止→指値で全決済→
新たにニュージーランドドル/円の「買い運用」を開始していた

 そして、8月18日(木)の時点でニュージーランドドル/円の運用を行っていた怠け者の楽々投資氏ですが、先月(7月)からそのまま運用を続けていたのかと思いきや、実は運用停止→指値で全決済→新たにニュージーランドドル/円の「買い運用」を開始、という経緯をたどっていたんです。

 この作戦が功を奏し、8月18日(木)終了時点での好調につながっています。

怠け者の楽々投資氏のトレードの秘訣を
「今週のピックアップ」で徹底解説!

 「トラッキングトレード ガチンコバトル」では、トレードに役立つ解説記事を毎週更新してくれる「今週のピックアップ」というコンテンツも展開しています。

 8月5日(金)、19日(金)更新の記事では、怠け者の楽々投資氏の好調を受けて、今回の戦略の根拠から、相場の推移と売買のタイミングまで、チャート上に示して解説してくれています。

 トラッキングトレード利用者はもちろん、裁量トレード際にも役立つ考え方や手法が学べますので、こちらもぜひ一度、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 第20回ガチンコバトル終了まで約1カ月。今週(8月22日~)もさっそく各プレイヤーに動きがあったようで、ますます目が離せません! 引き続き、熱い戦いを見守りたいと思います。

FXブロードネットの公式サイトFXブロードネットの公式サイト

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、FXブロードネットの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

>>>FXブロードネットのメリット・デメリットや特徴、最新のサービス内容はこちらをご覧ください

(ザイFX!編集部・上岡由布子)

FXブロードネット

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る