ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

志摩力男_グローバルFXトレード
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ドル円アジア時間は下攻めしたが結局は高値引け、
経済指標が良くてのドル金利上昇で先も長そう

2022年09月28日(水)15:11公開 (2022年09月28日(水)15:11更新)
持田有紀子

【LINE FX】1000通貨単位、業界最狭水準のスプレッドで取引できスマホからの取引に徹底的にこだわったサービス内容で初心者におすすめ!

 昨日は米指標で良いものが並んだため、長期金利の上昇となって現われた。10年ものの利回りは4.0%を越えそうなほど、上昇したのだ。ドル金利の上昇に伴って、ドル買いも進んだ。

 日銀の介入にも関わらず、ドル円は144円台の後半まで進み、そのまま高値引けしている。またユーロドルも今年の最安値に急接近。そして0.95台で終了している。途中まで 堅調だった米国株も、さすがに腰折れ。今年の最安値を更新した。

 ドル円は久しぶりに小動きだった。というのは大台が変わらなかったからである。アジア時間には下攻めをして144円台割れをトライしたが、無念。その後はひたすらに買い上げられてしまったという感じだ。ドル金利が高くなっているのだから、しかたがないといえばそうだ。

 ユーロドルも教科書通りに0.95台まで突入してきたというのに、週初にあれだけ市場を沸かせたポンドはおとなしかった。むしろユーロポンドだけが下げているといった格好だ。BOEの緊急会合を開くという噂も、まんざらでもなくなってきた。

 ところで長期金利というのは、短期金利の平均だという意味合いもある。将来の短期金利は不明なのだから、あくまでも予想の短期金利の連続したものである。2年ものの金利が4.3%まで上がってきている。

 しかし足元の短期金利が3.0%であることを鑑みると、将来の短期金利は5.0%をこえてもおかしくはないという事になる。3と5の平均が4だからだ。半年ごとの6ヶ月ものの金利の推移を考えると、3.0、3.5、4.0、4.5の推移では、平均して4.3%にはなりにくいということ。


日本時間 15時00分

外為どっとコム
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
キャンペーンおすすめ10 ザイ投資戦略メルマガ トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る