ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
ザイスポFX!

実現益と含み損が大きいプレイヤーと、実現益はまあまあ
で含み損が小さいプレイヤー、勝つのはどっち!?「第24回
トラッキングトレードガチンコバトル」は接戦で折り返し

2023年08月23日(水)16:45公開 (2023年08月23日(水)16:45更新)
ザイFX!編集部

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

リピート系発注機能「トラッキングトレード」で300万円をいくら増やせる!? バトルを楽しみながらトレードも学べる

 4人のプレイヤーが、FXブロードネットリピート系発注機能「トラッキングトレード」を使って300万円の資金を運用し、3カ月間の最終確定利益を競い合う「トラッキングトレードガチンコバトル」
【※リピート系発注機能を徹底比較!】
FXの自動売買ができる口座を徹底比較!:(1)リピート系発注機能【ループイフダン・トラリピなど】

FXブロードネットの「第24回トラッキングトレードガチンコバトル」開催中

 2017年4月から丸6年以上続いている超人気企画で、現在は2023年7月3日(月)にスタートした「第24回トラッキングトレードガチンコバトル」が進行中です。
【※関連記事はこちら!】
200万円超の損失となった原因は、連勝からくる慢心!? 初心にかえって、それでも戦略は変えず再スタート。第24回トラッキングトレードガチンコバトル始まる

 「トラッキングトレード」は、

・取引する通貨ペア
・「売り」から入るか「買い」から入るか
・取引に使う金額(対象資産)
・注文を仕掛けるレンジ幅(想定変動幅)

 の4つの項目を設定すると、設定した値幅の中で、新規注文と決済注文を等間隔で出し続けてくれるというしくみ。

 裁量が入り込むのは、設定して運用を開始するときと、運用を停止するとき、そして運用停止後に残ったポジションを決済するときだけなので、トレードに慣れていない初心者や、相場に向き合える時間が少ない兼業トレーダーでも、比較的手軽にチャレンジすることができます。

 「トラッキングトレードガチンコバトル」では、各プレイヤーが設定内容からその根拠、運用停止や保有ポジション決済のタイミングまで、すべて公式サイトや公式X(旧Twitter)で公開してくれていますので、トラッキングトレードについてリアルな実態を知りたい方は、4人のバトルを楽しみながら、3カ月というスパンで運用方法や運用実績についてじっくり学ぶことができます。

 また、トラッキングトレードユーザーなら、ただバトルの行方を見守るだけでなく、ガチンコバトルプレイヤーと同じトレードをすることもできるんです!

 「トラッキングトレード」には「ワンタッチ設定」という機能があり、それを使うとマネしたいプレイヤーを選ぶだけで、最初の設定を行ってくれます。

トラッキングトレード「ワンタッチ設定」の使い方
トラッキングトレード「ワンタッチ設定」の使い方

(出所:FXブロードネット)

 「ワンタッチ設定」を使って設定を行ったあとは、公式Xをフォローしておけば、「運用停止」や「設定変更」などがリアルタイムで投稿されるため、それを見て「マネ運用」をすればOKです。

4者4様のプレイヤー、マネ運用で損失を取り戻したプレイヤーも

 ちなみに、この「マネ運用」で劇的な成績改善を見せたのが、プレイヤーの1人、トラトレめがね氏です。

トラトレめがね氏プロフィール

(出所:FXブロードネット) 

 ガチンコバトル参戦開始当初は、初心者ながら自分流でトレードを行い、損失を重ねていたトラトレめがね氏。「1つ前の回のバトルで優勝したプレイヤーのマネ運用をする」という手法を始めてから、それまでの損失を取り返し、利益を重ねています。
【※関連記事はこちら!】
FX初心者が資金減らしまくりの状況から、人が変わったように戦績が向上して、安定的に利益を上げられたのは、なりふり構わず、好調プレイヤーの「マネ運用」を続けたから!

 もっとも、前回第23回バトルでは、これまでにない200万円を超える損失となってしまいましたが、それを差し引いてもトータルではプラス益になっているという活躍ぶりです。

 そして、前回バトルでトラトレめがね氏の大損失の原因となったのが、テクニカル分析重視で両建てを多用する手法のチャーティスト先生

チャーティスト先生プロフィール
チャーティスト先生プロフィール

 

(出所:FXブロードネット) 

 前回こそ大敗しましたが、トータルでの利益はNo.1です。

 そして、前回優勝し、今回トラトレめがね氏にマネされているのが、怠け者の楽々投資氏です。「ほったらかし」で運用することを信条としていて、一度設定したら極力停止したりせずに運用を続けることが多いです。

怠け者の楽々投資氏プロフィール
怠け者の楽々投資氏プロフィール

 

(出所:FXブロードネット) 

 残るもう1人のバトルプレイヤーは、ファンダメンタルズをもとに戦略を練るファンダメンタリスト氏。政府・日銀の円買い介入直前に、米ドル/円「買い設定」のトラッキングトレードの運用を停止するなど、みごとな手腕を見せています。
【※関連記事はこちら!】
2度目の円買い介入前に米ドル/円の買い運用を停止し、6円暴落した直後に買い運用を再開した神業トレードは、ガチンコバトルを見ていれば、誰でもボタン1つで「マネ運用」できた

ファンダメンタリスト氏プロフィール
ファンダメンタリスト氏プロフィール

 

(出所:FXブロードネット)

スタートから1カ月半が経過した第24回バトルは、またもやチャーティスト先生がトップ

 現在開催中の「第24回トラッキングトレードガチンコバトル」は、開始から約3週間の時点で、前回大敗を喫したチャーティスト先生が、前回と同じ戦略ながらトップを快走していましたが、その後の展開はどうなっているのでしょうか? 8月17日(木)終了時点のランキングを見てみましょう。

第24回トラッキングトレードガチンコバトル・8月17日(木)NYクローズ時点の累計実現損益ランキング
第24回トラッキングトレードガチンコバトル・8月17日(木)NYクローズ時点の累計実現損益ランキング

(出所:FXブロードネット)

 1位は変わらずチャーティスト先生で、86万5020円の累計実現損益です。ただ、ユーロ/円の「売り設定」「買い設定」両建てでバトルをスタートしたはずが、この時点では「買い設定」のみの運用になっています。

 チャーティスト先生が「売り設定」のトラッキングトレードを停止したのは、8月2日(水)のこと。理由は「チャートの形状から」ということですが、そのあたりのユーロ/円の1時間足チャートと、チャーティスト先生のトラッキングトレードの売買の様子が、FXブロードネットの公式サイトで公開されています。

7月28日(金)~8月4日(金)の米ドル/円1時間足チャートとチャーティスト先生の売買
7月28日(金)~8月4日(金)の米ドル/円1時間足チャートとチャーティスト先生の売買

(出所:FXブロードネット(編集部にて一部加筆))

 8月2日(水)前後のユーロ/円の値動きは、上昇後の横ばいとなっており、このタイミングで「売り設定」を停止したようですね。

 一方、停止前の急落・急騰を繰り返す荒い値動きの際には、両建て設定のトラッキングトレードがしっかりと威力を発揮し、1日で15万3095円の利益を上げています。

7月28日(月)の米ドル/円10分足チャートとチャーティスト先生の売買
7月28日(月)の米ドル/円10分足チャートとチャーティスト先生の売買

(出所:FXブロードネット)

 なおチャーティスト先生は、運用停止の際に残っていた19の売りポジションのうち、9ポジションに150.60円、10ポジションに152.10円で指値の決済注文を入れています。

 8月22日(火)現在、159.50円に迫るレベルまで上昇しているユーロ/円ですが、この先、この指値が決済することがあるのか、引き続き注目です。

2位&3位は「マネ運用」トラトレめがね氏と、「マネされ運用」怠け者の楽々投資氏。ここまでもちろん”ほったらかし“運用

 続いて、2位はトラトレめがね氏54万5424円の累計実現損益、3位はトラトレめがね氏にマネ運用されている怠け者の楽々投資氏で、54万5381円の累計実現損益です。

 マネ運用はマネする相手の動きを見てからアクションしますので、そのわずかな期間に相場が動くと、同じ設定をしていても若干の差がでます。

 そのため、場合によってはマネ運用をしているトレーダーの方が利益が多くなることもありますが、よほど相場が激しく動いている瞬間でなければ、その差はごくわずか。誤差の範囲と言って差し支えないでしょう。

 2人が運用しているのは豪ドル/円の「買い設定」ですが、怠け者の楽々投資氏の信条どおり、ここまでは“ほったらかし運用”を継続しています。

累計実現損益4位のファンダメンタリスト氏、実は評価損益は断然トップ!

 そして、現在4位となっているのがファンダメンタリスト氏44万6870円の累計実現損益です。もっとも、ファンダメンタリスト氏は含み損がわずか1万3320円なので、実は評価損益としては断然トップ

 前回当コーナーでお伝えした際は、累計実現損益の4倍以上の含み損を抱え、米ドル/円の「買い設定」を運用停止していたファンダメンタリスト氏ですが、7月末の日米欧の金融イベントでは動きを見せずにやり過ごし、米ドル/円相場が落ち着いてきた8月1日(火)に保有していた22のポジションを決済し、新たに米ドル/円の「買い設定」をスタートしました。

 その後は、細かい上下を繰り返しながら上昇していく米ドル/円相場に乗って、順調に利益を積み上げていきます。

8月11日(金)~18日(金)の米ドル/円1時間足チャートとファンダメンタリスト氏のトレード
8月11日(金)~18日(金)の米ドル/円1時間足チャートとファンダメンタリスト氏のトレード

(出所:FXブロードネット)

 しかし、「順調な運用をしていてもリスク管理は重要」と説くのは、FXブロードネットの公式サイトで毎週更新される「今週のピックアップ」のコーナー。具体的にどんなリスク管理を行えば良いか詳しく解説してくれていますので、ぜひチェックしてみてくださいね!

トラッキングトレードガチンコバトル「今週のピックアップ」(8月18日更新分、一部抜粋)
トラッキングトレードガチンコバトル「今週のピックアップ」(8月18日更新分、一部抜粋)

(出所:FXブロードネット)

 折り返しに入った「第24回トラッキングトレードガチンコバトル」、なかなかの接戦となっているので、バトル終了に向けての運用停止のタイミング保有ポジションの決済のタイミングがかなり重要になると思います。果たして、どんな結末がまっているのでしょうか? 楽しみに見守りたいと思います!

(ザイFX!編集部・上岡由布子)


FXブロードネットの公式サイトはこちら!

FXブロードネットでは、現在、新規口座開設後、1万通貨以上の取引をすると3000円がキャッシュバックされる当サイト限定タイアップキャンペーンが開催されています!

 さらに、条件を達成すると最大6万円がキャッシュバックされる通常のキャンペーンも開催されていますので、新規口座開設する際はぜひ活用してください。詳しい情報は、FXブロードネットの公式サイトで紹介されています!

(※各種キャンペーンの詳しい条件、期間などについては、FXブロードネットの公式サイトなどで必ずご確認ください。キャンペーン条件が変更されたり、キャンペーン期間が延長されたり、キャンペーンが終了したりすることなどがあります)

FXの自動売買(シストレ)ができる「トラッキングレコード」で人気!
FXブロードネット ⇛詳細データはこちら
FXブロードネットの主なスペック
最低取引単位 通貨ペア数 スプレッド
米ドル/円 ユーロ/米ドル ユーロ/円
1000通貨 24ペア 0.2銭原則固定
(8-28時)
0.3pips原則固定
(8-28時)
0.5銭原則固定
(8-28時)
FXブロードネットのおすすめポイント
FXブロードネットでは、最低取引単位が1000通貨の「ブロードライトコース」と、1万通貨の「ブロードコース」の2つの口座が使えます。さらに、強制決済の判定タイミングやロスカットの水準をいくつかの選択肢から設定できるのも特徴です。相場の細かい上げ下げを利用してコツコツ利益を積み上げていく、リピート型の注文方法、「トラッキングトレード」を使ったFXの自動売買ができる口座としても人気。「トラッキングトレード」の設定などに役立つコンテンツも充実しています。
FXブロードネットの関連記事
■FXトレーダー必見のガチンコバトル、第27回が開幕! 中東情勢などでFX相場が荒れる中、自動売買が好調。細かく利益をあげる「トラッキングトレード」に注目!
■FXの自動売買(システムトレード)ができる「おすすめFX口座」を比較して、FXシストレ口座を種類別に詳しく解説!
■FXブロードネットのおすすめポイントや、「スプレッド」「スワップポイント」「取り扱い通貨ペア数」などをまとめて紹介!
▼FXブロードネット▼
FXブロードネットの公式サイトはこちら
※この表は2024年6月3日時点のデータに自動で更新されているため、本記事の公開時の情報とは異なっている場合があります
FXブロードネット

ザイFX!最新&おすすめ記事

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
田向宏行 トルコリラスワップポイントランキング ザイ投資戦略メルマガ
田向宏行 トルコリラスワップポイントランキング ザイ投資戦略メルマガ
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る