FX(外国為替証拠金取引)と外国為替のサイト・ザイFX! 為替チャート、FX初心者向け記事、FX会社比較など情報満載
バックナンバー

市場コンセンサスが大きく変化してきた。
米ドルの反発とエジプト情勢は関係ない!

2011年02月14日(月)東京時間 14:48

ストラテジー数世界1位 人気の自動売買は…

■ドルインデックスが反発してきた2つの要因とは?

 先週の為替市場では、米ドルのリバウンドが鮮明になった。

 ドルインデックスは100日移動平均線の位置する78.72に一時は接近し、78.42で1週間の取引を終えた。米ドル安のスピード調整が進んでいることが、はっきりと確認された格好だ。

ドルインデックス 日足(クリックで拡大)

(出所:米国FXCM

 ドルインデックスが反発してきた背景には、主に2つの要因があると思っている。1つは相場の内部構造にあり、もう1つは市場センチメントの変化である。

 相場の内部構造をもっとも直接的に表すのは、マーケットにおけるポジション数とその傾きであろう。

 過去の経験では、「プロ」がメインプレーヤーとして参戦している通貨先物市場において、米ドルの売り越し(「買い」と「売り」のポジションを相殺したネット値)が250億ドルを超えると、米ドル売りがいったん止まってリバウンドしやすい地合いとなる

シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

(詳しくはこちら → 経済指標/金利:シカゴIMM通貨先物ポジションの推移

 最新のものである2月8日(火)時点のCFTC(米商品先物取引委員会)のデータを見ると、米ドルの売り越しは263億ドルを記録し、昨年10月5日時点の305億ドルの売り越しに続くレベルに達した。よって、この点から見れば、先週の米ドルのリバウンドは理屈にかなっている。

 最近の例で見てみると、2010年6月初め、市場関係者はユーロのソブリンリスク(国家に対する信用リスク)ばかりに注目し、米ドルの買い越しは236億ドルまで膨らんだ。

 だが、ドルインデックスは2010年6月7日から8月6日までの2カ月間で10%も下落し、FRB(米連邦準備制度理事会)が「追加的量的緩和政策(QE2)」を決定した11月3日までの3カ月間では17%もの下落率を記録していた。

 米ドルの売りポジションはその時から積み上がり始め、2月1日には「QE2」が決定した前の水準を超えた

 このように、市場参加者が特定の方向にポジションをあまりにも傾けすぎると、その反動で調整が行われやすいということである。

■市場センチメントがかなり変わり始めている

 それでは、なぜ、市場関係者は群集行動を好むように、同じ方向に賭けることが好きなのだろうか?

 それは、市場センチメントで説明できると思っている。

 昨年6月初めは「ユーロ崩壊」が最も声高に叫ばれた時期で、「ユーロ売り・米ドル買い」のほうが「筋が通る」し、トレンドに沿った行動であった。

 対照的に、先々週までは「米国より英国やユーロ圏のほうが早期に利上げする」といったコンセンサスがマーケットを支配し、「米ドル売り」のほうが理屈に合い、トレンドに沿っていた。

ユーロ/米ドル 週足

(リアルタイムチャートはこちら → FXチャート&レート:ユーロ/米ドル 週足

行き過ぎた群集心理と行動が往々にしてその後の反動を引き起こし、スピード調整や、切り返しもしくは反落といった修正的な値動きとなる

 ちなみに、「プロ」の行動パターンとは違って、個人投資家は総じて「逆バリ」の傾向が強いと一般的には言われているが、それはめったに合致しないものの、合致した場合、トレンドを大きく転換させる時期に差し掛かることが多いため、重要なシグナルとなる。

 なお、前回のコラムにおいて…

ザイFX!公式twitter フォローしてね

ザイFX!公式フェイスブック
現在 いいね数 2312人 ザイFX!のFacebokにいいね!する

ザイFX!公式ツイッター(@ZAiFX)
現在のフォロー者数 86371人 ザイFX!のtwitterをフォローする

注目ザイFX!編集部おすすめのFX会社

ザイFX!限定で3000円! インヴァスト証券[シストレ24]

インヴァスト証券[シストレ24]

好調なプログラムを選んで自動で取引してくれる!

米ドル/円0.3銭原則固定! GMOクリック証券[FXネオ]

GMOクリック証券[FXネオ]

FX取引高7年連続世界1位! 今ならザイFX!限定で3000円キャッシュバック!

陳満咲杜の「マーケットをズバリ裏読み」
陳満咲杜 (ちん・まさと)

中国・上海生まれ。1992年に所持金5000円で来日し、日本語学校を経て日本大学経済学部に入学。生活費と学費をアルバイトでまかないながら在学中より株式投資を開始。大学卒業後、中国情報専門紙の株式担当記者を経て黎明期のFX業界へ。香港や米国の金融機関で研修を重ね、トレーダーとしての経験を積む。GCAエフエックスバンク マネージングディレクター、イーストヒルジャパン チーフアナリストを経て独立。現在は陳アソシエイツ代表/アナリストとして活躍している。日本テクニカルアナリスト協会検定会員。最新刊は『勤勉で勉強家の日本人がFXで勝てない理由』(ダイヤモンド社)、その他、『相場の宿命 2012年まで株を買ってはいけない!』、『CFDトレーディングの真実』『FXトレーディングの真実』(以上、扶桑社)、『着物トレーダーを卒業せよ 陳満咲杜の為替の真実』(青月社)などの著書がある。

執筆者のサイト

最新のバックナンバー

>>>バックナンバー一覧

ザイFX!関連情報

FX会社高額キャンペーンランキング

※「FX会社高額キャンペーンランキング」は原則としてザイFX!編集部が読者のみなさまに利益があると判断したキャンペーンに絞って掲載しています。その大まかな基準は「10万通貨取引が必要なケースであればキャッシュバック金額1500円以上」です。取引手数料が高かったり、大量の取引が必要だったりして、大きな取引コストがかかるキャンペーンは掲載していません。

GMOクリック証券
FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップ金利 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性

Pick Up

最短5分で決着、最低50円から取引可能!人気のバイナリーオプションを徹底比較! FX会社のiPhone対応を徹底比較! システムトレード(シストレ)口座を徹底比較! NYダウや金にも直接投資できる CFD取引会社を徹底比較!

ザイFX!期間限定キャンペーン

FX初心者のための基礎知識入門

世界の為替チャート

米ドル/円+0.29110.86

USDJPY

豪ドル/円+0.1779.39

AUDJPY

トルコリラ/円+0.0220.92

TRYJPY
ザイFX!Twitter
ザイFX!facebook

ようやく110円の節目を突破した米ドル/円は、一気に111円に到達。いったん110円台前半まで戻してきていますが、2月18日(月)~2月22日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

4日連続で110円突破にトライしたものの、いったん戻して週末を迎えた米ドル/円。2日11日(月)~2月15日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する

ハト派なFOMCで108円台半ばまで下落してきたものの、好調な経済指標などを受けて109円台半ばまで戻してきたの急落後、109円まで戻してきた米ドル/円。2月4日(月)~2月8日(金)の相場はどうなる?

上昇? 横ばい? 下落? 予想する矢印をクリックして「いいね!」してください。予想レート&理由などは各矢印のコメント欄へ!

上昇する 横ばい 下落する
『羊飼いのFXブログ』はこちら
FXと為替のポータルサイト「ザイFX!」カンタンナビ
「ザイFX!」をまるっとすべて見たい人は→「ザイFX!」トップページへ
メタトレーダー(MT4)の情報を知りたい人は→「ザイFX!×メタトレーダー(MT4)」トップページへ
株の情報を知りたい人は→「ザイ・オンライン」トップページへ
ザイ オンライン
TOPICS
FX初心者のための基礎知識入門

相場を見通す 超強力FXコラム





 
02月18日更新







元ミス慶応 葉那子と[FXトレード戦略指令!]でFXトレードを始めよう!



ザイFX!のMT4専門サイト


ザイFX!メルマガ

今月の経済指標 予想&結果








サクッとわかるFX入門