ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

バカラ村
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

ADP好結果で楽観ムード高まり、
本番の雇用統計にとても注目が!

2011年07月08日(金)18:29公開 (2011年07月08日(金)18:29更新)
持田有紀子

GMOクリック証券はFX取引高世界1位! ザイFX!限定で4000円もらえる

 昨日の海外市場での注目はアメリカのADP雇用指数だった。次の日には本物の雇用統計が出るからだが、事前の予想は7万人の増加ということだった。6月末から続いているリスクテーク相場による株高の過程では、為替相場は指標の発表などにより、まずはドル相場で反終してドルが上がる。

 そしてかなり遅れてからクロス円の買いとなって現れるのだ。つまり最初はドル買いでユーロドルが下落して、しかるのちにユーロドルが切り返してくるというもの。そこで私はADPの出る前からユーロドルをショートにしておいて、下がり止まったところでロング転しようと思った。

 昼間からユーロドルが重い展開をしていたので、いかにも売りこみづらい。自分が売ってしまうと、そこが底になるのではという恐怖も沸いてくる。欧州時間になってユーロドルが1.43ちょうどを割り込んできたので、やっと背中を押された感じで売ることが出来た。とりあえず25ポイントのリスクで50ポイントの利食いとなるようにOCO注文を置いておいた。動き出すのはADPの出る21時過ぎだろう思って、のんびり食事することに。

 ADPを待たずに利食いの買い戻し注文の方がダンになった。あとは倍返してロングにするかどうかである。まあ、せっかくPCの前にいるのだから、あせらなくてもいいかな。ユーロドルは1.42台の前半まで攻め込んだが、プライスアクションを見ていると、やはり上サイドに戻りたがっているようだ。

 私は1.4277でロングにしてみたが、根っこがユーロベアなので、とても長く持ち切れない。15ポイントも上がれば、速攻で利食い。これを繰り返しているうちに、いつしか発射地点よりも上回ってきた。米国株も大きく上昇に向かっているので、為替相場もリスクテークとなってユーロ円やポンド円が上昇してきたせいもあろう。

 いよいよ今晩は雇用統計だ。ここ10日間の米国株のラリーの状況を考えても、当然のごとく良いものが期待されている。事前の予想では就業者数が10万人の増加となっているが、13万人くらいの増加では驚かないだろう。驚きとなるのは15万人を越えて来ないといけない。

 逆にリスクテークの方向にポジションが積み上がって分、悪い結果に対しては敏感に反応せざるをえないだろう。10万人を下回ると、これらのポジションのアンワインドが巨大に飛び出すことになるので、極端なリスク回避となりそうだ。よってこれからポジションを作って面白いのは、ユーロ円やドル円のショートではないかと思う。

 ロスカットは昨日の高値を越えたところしておけばよいのだから、きわめて明確である。後はどこでショートを作るかである。あまり急いで作ってしまうと、指標が発表される前にアウトかもしれないので、十分に注意したいところだ。


日本時間 18時30分
 

FX会社徹底比較 キャンペーンで比べる 初心者にやさしい 1000通貨取引可能 10種類の項目で比較 取引コスト スワップポイント 通貨ペア レバレッジ 為替ニュース 入出金サービス 注文機能・システム モバイル対応 ロスカット・メール機能 会社の信頼性
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る