ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

ザイFX!キャンペーン比較
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

大いに期待膨らむ今晩のFOMC
でも前回の議会証言と同じパターンか

2012年06月20日(水)17:45公開 (2012年06月20日(水)17:45更新)
持田有紀子

【GMOクリック証券】圧倒的人気で100万口座達成!最短即日で取引可能!

 昨日は欧州序盤でスペイン国債の値下がりが止まった、すなわち利回りの上昇がストップしたことで、マーケットのムードは決定されたようなものだった。決して改善はしていないのに、悪化しなかったというのが好材料と受け止められた。欧州勢の参入時にはユーロは安値攻めをし、ユーロドルは1.25台に突入してきたのだが、プレーヤーの多くが気にしているのはやはりスペインの信用リスクだ。

 おかしなものだが、これが悪化しないということだけでもユーロ買いの要因とされてしまう。ユーロドルが1.26台の中盤よりも下サイドでやっている分にはレンジの上限と言っていられるが、やはりユーロショートのポジションもたまっていることもあって1.26台のミドルアッパーを見てしまうともう我慢できないようだ。昨日のドイツの景況感の指標が悪かったことはまったく問題視されず、ニューヨーク時間にかけて、ユーロドルはひたすらと上がっていった。

 マーケットではメキシコでのG20に対してもそうであるが、翌日のFOMCで何かするだろうという期待が大きく反映されることに。ニューヨーク時間ではそれをもとに大いにリスクテークの状態が続いた。ニューヨークオープンから米国株は大幅上昇に向かい、それにしたがってユーロの買い戻しが強烈に入ってくる。

 ユーロドルは1.27台まで見る羽目になったが、前日の高値近辺まで全戻しとなった。このところの経済指標を見てもわかるようにファンダメンタルズが悪いのだが、期待だけでリスクオン!まさしく金融相場の特徴である。こんな状況であれば手を出すのは実際のFOMCを見てからにしようと思い、昨晩の私は早々に相場から撤退することにした。なんだか台風の雨風も想像していたよりもひどかったし、、、

 海外市場ではドル円などはほとんど値幅なし。さすがにユーロドルは買い過ぎ感もあって少し垂れて終了した。ドイツの高官が救済プランにあまり過大な期待が集まらないように、セーブするような発言をしていたようだが、1.26台でとどまっていてもユーロの腰は強く見える。

 さて今晩はいよいよそのFOMCである。政策金利は変わりようもないが、声明文と金利見通しに注目したい。マーケットが期待しているほど、追加緩和の必要性をFRBは感じているのか。今月は月初の雇用統計が悪く、株価は安値をつけた。その上、その後も雇用関連であれ、景気関連であれ、悪い経済指標がたくさん並んできた。しかし株価は月初の底値からは大きく反転している。はたしてこれを正当化するだけの金融政策が出てくるものなのか。

 FRB(米連銀)の対策としては、保有債券のデュレーションの長期化を図るのが精いっぱいだろうとも思う。その想定でいけば前回のバーナンキ議長の議会証言のときと同じように、かなり大きな失望をともなうことになるだろう。仮に今月の株価上昇分の半分だけを失うことになっても、そのインパクトは大きい。ダウ平均でいったら300ドル以上の急落を招くことになるからだ。

 ちょっと期待が先行した分、私は結果が出て、しかも3時過ぎに金利見通しが発表されたあたりで株価上昇が見られなかったら、そこからユーロ円でも売り込んでいきたいと思っている。しかしもし反対に米国株がさらに上昇するような局面ともなれば、何もしないで一晩ゆっくり休む。休んだ後にどうすれば良いかを考え直して、再出動するしかない(笑)。


日本時間 17時30分
 


8つの項目で「おすすめのFX会社」を比較!
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
キャンペーン比較
スプレッド比較
スワップ比較
自動売買比較
MT4
TradingView
CFD
バイナリーOP
◆ザイFX!読者が選んだFX会社はココ!(総合ランキング)
【総合1位】 GMOクリック証券「FXネオ」
GMOクリック証券「FXネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定 0.3pips原則固定 1000通貨 20ペア
【GMOクリック証券「FXネオ」のおすすめポイント】
機能性の高い取引ツールが、多くのトレーダーから支持されています。特に、スマホアプリの操作性が非常に優れており、スプレッドやスワップポイントなどのスペック面も申し分ないため、あらゆるスタイルのトレーダーにおすすめの口座です。取引環境の良さをFX口座選びで優先するなら、選択肢から外せないFX口座と言えます。
【GMOクリック証券「FXネオ」の関連記事】
■GMOクリック証券「FXネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼GMOクリック証券「FXネオ」▼
GMOクリック証券「FXネオ」の公式サイトはこちら
【総合2位】 SBI FXトレード
SBI FXトレードの主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.18銭 0.3pips 1通貨 34ペア
【SBI FXトレードのおすすめポイント】
すべての通貨ペアを「1通貨」単位、一般的なFX口座の1/1000の規模から取引できるのが最大の特徴! これからFXを始める人、少額取引ができるFX口座を探している方は、絶対にチェックしておきたいFX会社です。スプレッドの狭さにも定評があり、1回の取引で1000万通貨まで注文が出せるので、取引量が増えて稼げるようになってからも長く使い続けられます。
【SBI FXトレードの関連記事】
■SBI FXトレードのメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼SBI FXトレード▼
SBI FXトレードの詳細はこちら
【総合3位】 外為どっとコム「外貨ネクストネオ」
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の主なスペック
米ドル/円 スプレッド ユーロ/米ドル スプレッド 最低取引単位 通貨ペア数
0.2銭原則固定
(9-27時・例外あり)
0.3pips原則固定
(9-27時・例外あり)
1000通貨 30ペア
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のおすすめポイント】
業界最狭水準のスプレッドと豊富な情報で、多くのトレーダーに人気のFX口座です。FX取引が初めての初心者から、スキル向上を目指す中・上級者向けまで、各自のレベルにあわせて受講できる学習コンテンツも魅力です。比較チャートや相場の先行きを予測してくれる機能など、取引をサポートしてくれるツールも充実しています。
【外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の関連記事】
■外為どっとコム「外貨ネクストネオ」のメリット・デメリットを解説! スプレッド、スワップポイントなどの他社との比較、キャンペーン情報や口座開設までの時間、必要書類も紹介!
▼外為どっとコム「外貨ネクストネオ」▼
外為どっとコム「外貨ネクストネオ」の公式サイトはこちら
※スプレッドはすべて例外あり。この表は2024年7月1日時点のデータをもとに作成しているため、最新の情報とは異なっている場合があります。最新の情報は各社の公式サイトなどで確認してください

総合ランキング4位~10位、「取引コスト(スプレッド)」「スワップポイント」「初心者におすすめ」などの主要な項目ごとのランキングは、以下の記事をご覧ください。
【※関連記事はこちら!】
FXトレーダーのリアルな声を反映! ザイFX!読者が選んだ「おすすめFX会社」人気ランキング!

おすすめFX会社
link

ザイFX!限定5000円&オリジナルレポート

JFX[MATRIX TRADER]

新規口座開設+1万通貨以上取引でもれなく限定5000円&オリジナルレポート!

link

高スワップが魅力!

トレイダーズ証券[LIGHT FX]

ザイFX!限定で3000円がもらえるおトクな口座開設キャンペーン実施中!

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
トレーディングビュー記事 メキシコペソ比較 田向宏行
トレーディングビュー記事 メキシコペソ比較 田向宏行
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る