ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

西原スーパーバナー
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
西原宏一の「ヘッジファンドの思惑」

野田首相の決断と安倍総裁の大胆発言で
円安に! 英国は新手の金融緩和を実施!

2012年11月15日(木)18:10公開 (2012年11月15日(木)18:10更新)
西原宏一

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

■衆議院解散と「大胆な金融緩和」発言で円安が加速

 さて、米国株が大幅に下落し、リスクオフ展開の中、通常であれば「株安、米ドル高、円高」の展開となり、値を崩す傾向にあるのが米ドル/円です。

 ただし今回は、日本政局の急展開から米ドル/円は反発

 本稿執筆時点では、前回のレジスタンスである80.70円を上抜け、一時80.81円まで急騰しています。

米ドル/円 4時間足

(リアルタイムチャートはこちら →FXチャート&レート:米ドル/円 4時間足

 円安に弾みがついたのは、野田佳彦首相が11月16日(金)に衆議院を解散し、12月に総選挙を実施する意向を示したことが原因。

 この報道で米ドル/円は80円台を回復しました。

 そして本日11月15日(木)は、自民党・安倍総裁の下記の報道で相場に加速がつき、レジスタンスであった80.70円を突破。

安倍総裁は「物価目標達成のため、無制限な金融緩和を行ってもらう」などと述べたほか、政策金利については「ゼロかマイナス金利にするぐらいにして、貸し出しを高めてもらいたい」と話した。

また、同総裁は講演で、
「デフレ脱却と円高対応、かつての自民党政権とは次元の違う政策をやるべきと考える」
「日銀と政策協調し、大胆な金融緩和を行う」
「物価目標達成のため、無制限な金融緩和を行ってもらう」などと述べた。

(出所:ロイター)

 この安倍総裁の大胆な発言により、おもに米系ファンドからの米ドル/円の買いが断続的に持ち込まれ、米ドル/円は急騰。

 米ドル/円に関しては10月25日、11月1日のコラムでご紹介したとおり、円安基調です。

【参考記事】
日本の貿易収支悪化をきっかけに円安へ。米ドル/円は反落を繰り返しながら上昇か(10月25日、西原宏一)
パナソニックの巨額赤字が円安を後押し!米大統領選挙の結果で米ドル/円上昇も!(11月1日、西原宏一)

■米ドル/円は50銭ごとのバリアに阻まれながら上昇

 以前のコラムで、米ドル/円は80.50円、81.00円、81.50円と50銭ごとに置かれているバリアに阻まれ、反落、反騰を繰り返しながら上昇すると述べたように、これまで実際に反落、反騰を繰り返す展開となっています。

 ただ、今回の政局の急展開と安倍総裁の上記コメントにより、米ドル/円の上昇が加速する可能性が高まってきました。

 レジスタンスはこれまで同様、81.00円、81.50円と、50銭ごとに置かれているバリアオプション。

米ドル/円 4時間足

(出所:MetaQuotes Software社のメタトレーダー)

 当面、英ポンド/米ドル米ドル/円の動向に注目です。


【ザイFX!編集部からのお知らせ】

 ザイFX!で人気の西原宏一さんと、ザイFX!編集部がお届けする有料メルマガ、それが「トレード戦略指令!(月額:6600円・税込)です。

西原宏一投資戦略メルマガ「トレード戦略指令!」

「トレード戦略指令!」10日間の無料体験期間がありますので、初心者にもわかりやすいタイムリーな為替予想をはじめ、実践的な売買アドバイスチャートによる相場分析などを、ぜひ体験してください。

人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事 jfx記事
バイナリーオプション比較 トレーディングビュー記事 jfx記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る