ザイFX! - 初心者必見のFX総合情報サイト

今井雅人_投資戦略メルマガ
----年--月--日(-)日本時間--時--分--秒
持田有紀子の「戦うオンナのマーケット日記」

99円台キープで底堅いドル円、
だが大台突破には迫力不足な感じ

2013年07月02日(火)17:02公開 (2013年07月02日(火)17:02更新)
持田有紀子

投資情報充実の外為どっとコム!当サイト口座開設者限定キャンペーン実施中!

 昨日の欧州序盤では、ドル円が99.50アッパー。アジア時間ですでに高値攻めをしていたが、それをさらに上値追い。99円台の後半にはかなりたっぷりのオファーがあるとは聞いているが、それでも日本株が高いなどでリスクテークになっており、クロス円の上昇がドル円をサポートしている。それゆえ完全なドル高相場になってはいず、ユーロドルは1.3000を下のサポートとして底堅い。

 為替相場の値幅もそれほどもないので、ここはドル円の上限がどこまでがしっかりと見極めてみようと思った。100円台に乗せてでもくれば私もトレンドフォローで買ってはみるつもりでいるのだが、99円台の後半はロングにするのも、ショートにするのもなんだか嫌である。

 日本の短観も中国の景況指数も、ほぼ予想の範囲内だった。それに加えてイギリスの景況感も予想を上回った。どことなく良いデータが並んだ後なので、アメリカのISM景況指数にも期待がかかった。

 そしてそのISM指数も良いものが出た。米国株は大きくジャンプ。それでもドル円の上昇は限定的で、99.85あたりまで。ユーロドルが下がっているので、むしろユーロ円などは下がっている。夜中の2時くらいまで画面を見て相場につきあったのだが、ドル円はいつ見ても99.70あたりであって、ほとんど動意を示さなかった。

 結局はニューヨーク時間では為替相場は値幅がとても小さかった。ユーロドルなどは一日を通じて50ポイントほどしか動いていない。こうなるとドル円に関しては99円台の後半はなかなか容易に手が出ない。どちらかやれと言われれば、100円ちょうどをこえたらやめるということでショートのほうがよいのかもしれないが、こんなに動かない、または下がらない相場展開を見せつけられては、売りたいものも売る気をなくす。

 6月は激しい相場をやっていたので、こんなにタイトなレンジだと勢いに乗って取引するのがちょっと難しい局面になってしまっている。ということは、マーケットのほうが徐々に鎮静化してきたということでもあるのだろう。

 今晩は大きなイベントがない。すでに明日のADPや週末の雇用統計まで何もしないという感じになってきつつある。木曜日はアメリカの独立記念日の祝日が入るので、様子見姿勢は一段と強まりそうだ。ドル円の大台が変わってくれればと思うけれども、欧州序盤でドル円は99.90近辺まで上伸したが失速。テクニカル的には103.72の高値の後の93円台の押しからの61.8%に付近で止まったことになる。雰囲気的には大台替わりはダメっぽい気がする…。

日本時間 16時30分

 

外貨ex byGMO[外貨ex]
人気のザイFX!限定タイアップキャンペーンをPickUp!
FX初心者のための基礎知識入門
jfx記事 トレーディングビュー記事
jfx記事 トレーディングビュー記事
『羊飼いのFXブログ』はこちら
↑ページの先頭へ戻る